小澤道雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小澤 道雄(おざわ どうゆう、1920年4月25日 - 1978年3月16日)は、日本の小説家僧侶曹洞宗法永寺住職

来歴[編集]

大正9年山梨県東八代郡生まれ。駒澤大学中退。20歳の時、徴兵され、満州に。戦後、シベリア抑留からの送還中に凍傷を負い、両足膝下10cmから切断(のちに足無禅師と呼ばれる[1])。帰国後、甲陽物産株式会社の経営などが倒産。1956年5月より托鉢行脚を開始。1959年、関ヶ原妙応寺にて嗣法を許され、永平寺にて瑞世、曹洞宗の僧侶となる。1968年に大垣市法永寺住職。その傍ら、岐阜県不破郡大垣市保護司を務めた。1976年刊行の自伝的小説「本日ただいま誕生」は1980年前後に相次ぎテレビドラマ、映画[2]、演劇となった[3] [4][5]

著書に「本日ただいま誕生 苦しむのは比べるからだ」「本日ただいま誕生」「続・本日ただいま誕生」。


  • 小沢にとって「本日ただいま誕生」がお題目に。義足をつけてリハビリをする際、切断面がすごく痛む。痛みを感じた時「痛い」ではなく「本日ただいま誕生」と自分に言い聞かせた。「自分は仏さまから許されて生きている。だから、当然感謝の念を強く生じさせなければいけない。感謝の念をもとに、日々の生活の中で何かこの社会のために奉仕をしなければ仏さまに対して申し訳がない。普通の人はすぐにそれが行動につながっていくが、自分の場合は両足が無い。だから何もそのお返しができない。だから四つのことだけを絶対に守ろう」と誓った。「微笑を絶やさない」「人の話を素直に聞こう」「親切にしよう」「絶対に怒らない」4度の切断手術を乗り越え、不自由な足で生涯托鉢行脚した。

出典[編集]

  1. ^ 法音寺. “「感謝と親切」が 本当の幸せへの道”. 2020年3月17日閲覧。
  2. ^ 渡辺プロダクション. “植木等主演、映画「本日ただいま誕生」”. 2020年3月17日閲覧。
  3. ^ 小澤道雄先生”. 2020年3月17日閲覧。
  4. ^ 和敬塾. “小澤道雄先生ご講演 1976.7”. 2020年3月17日閲覧。
  5. ^ 戦後史の激動. “『本日ただいま誕生』植木等の主演作、悲運の男が僧侶になるまで”. 2020年3月17日閲覧。

 

外部リンク[編集]