ひとごろし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ひとごろし』は、山本周五郎時代小説、またそれを原作とした日本映画テレビドラマ演劇

1964年10月、『別册文藝春秋』に掲載。

映画[編集]

1972年[編集]

初笑いびっくり武士道
監督 野村芳太郎
脚本 加藤泰
三村晴彦
野村芳太郎
原作 山本周五郎
製作 杉崎重美
浅井良二
出演者 萩本欽一
坂上二郎
音楽 冨田勲
撮影 川又昂
編集 浜村義康
製作会社 松竹
配給 松竹
公開 1972年1月21日
上映時間 87分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

1972年1月21日、『初笑いびっくり武士道』という題名で公開。製作は松竹コント55号主演。

DVDのタイトルは『びっくり武士道』。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

1976年[編集]

ひとごろし
監督 大洲斉
脚本 中村努
原作 山本周五郎
製作 永田雅一
出演者 松田優作
丹波哲郎
音楽 渡辺宙明
撮影 牧浦地志
編集 山田弘
製作会社 永田プロ
大映
映像京都
配給 松竹
公開 1976年10月16日
上映時間 82分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

1976年10月16日に公開。永田プロ大映映像京都提携作品。大洲斉監督、松田優作主演。

松田優作が出演する時代劇としては、竜馬暗殺(1974年)に続く2作目の作品であり、初主演作品でもある。

あらすじ[編集]

武芸はまるでだめで、饅頭が好物で犬嫌いで、ひどく臆病な福井藩の侍、双子六兵衛(松田優作)はある日、妹のかね(五十嵐淳子)から、兄上が臆病者だから嫁にいけない、兄上にも縁談の話がないではありませんか、と言われる。一方、武芸の指南役として、江戸で藩主にスカウトされたお抱え武芸者の仁藤昂軒(丹波哲郎)は、藩主に見出されただけあって剣と槍の腕は一流。しかし藩内での評判はよくない。よそ者をこれ以上のさばらせるわけにはいかない。このままだと、お前はのけ者にされるぞ、と加納(岸田森)に言う者も出てくる。昂軒への闇討ちを企んだ加納の仲間は、霧の濃い晩に、酒に酔った昂軒を襲おうとするが返り討ちにあう。止めに入った加納も、昂軒に斬られる。藩主が大事にしていた加納を斬ったうえに福井藩を勝手に出て行く。怒った藩主は上意討ちを命じる。そこで六兵衛は可愛い妹の為に、そして自分が役に立つ人間であることを証明する為に「私に討手をお命じ下さい」と願い出る。道中、六兵衛の思いついた巧みな心理作戦で昂軒を追い詰めていき、宿場町旅籠の若女将、およう(高橋洋子)に出会う。

最後、追い詰められ、精神的にも肉体的にもへろへろになった昂軒は切腹を決意する。だが昂軒を六兵衛は止める。六兵衛は昂軒に、首の代わりに髻(もとどり)を要求する。

キャスト及び登場人物[編集]

双子六兵衛 - 松田優作
福井藩の侍で主人公。饅頭が好物で犬嫌い。藩から討手に指名される。
仁藤昂軒 - 丹波哲郎
福井藩の武芸の指南役。お抱え武芸者で、剣と槍の腕は一流。
加納平兵衛 - 岸田森
福井藩の侍。昂軒と決着をつける機会を狙っていたが、昂軒に斬られる。
宗方善兵衛 - 桑山正一
富山藩与力。六兵衛の上意討ちのため、お膳立てするが・・。
かね - 五十嵐淳子(松竹)
六兵衛の妹。討手に指名され、旅に出る六兵衛を止めようとする。
およう - 高橋洋子
旅籠の若女将。六兵衛の心理作戦で旅籠を追い出された昂軒を迎え、もてなす。翌日から六兵衛と共に旅をする。本名は、とら。

スタッフ[編集]

テレビドラマ[編集]

1968年[編集]

1968年10月2日から1969年3月26日までTBSが放送したオムニバスドラマ「仇討ち」の第2話「ひとごろし!」として放送。主演は三木のり平

1970年[編集]

1970年3月8日、TBSの「東芝日曜劇場」の枠で放送。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

ほか

1987年[編集]

1987年7月2日、テレビ朝日傑作時代劇シリーズにおいて「上意討ち」のタイトルで放送。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

ほか

演劇[編集]

これまでに4度演劇化されている。

外部リンク[編集]