続・拝啓天皇陛下様

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
続・拝啓天皇陛下様
監督 野村芳太郎
脚本 野村芳太郎
多賀祥介
山田洋次
製作 白井昌夫
出演者 渥美清
音楽 芥川也寸志
撮影 川又昂
編集 浜村義康
配給 松竹
公開 日本の旗 1964年1月1日
上映時間 94分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作拝啓天皇陛下様
テンプレートを表示

続・拝啓天皇陛下様』(ぞく はいけいてんのうへいかさま)は、1964年1月1日に公開された喜劇映画松竹製作。

前年に公開された拝啓天皇陛下様の続編であり、「拝啓天皇陛下様シリーズ」を構成している。

概要[編集]

前年の「拝啓天皇陛下様」と同じく、棟田博の兵隊小説・拝啓天皇陛下様を原作としているが、前作にて主人公は死んでしまっており、「軍隊は天国だと思っている純朴な男」というコンセプト以外は、設定その他全て変わっている別物である。また前作と比べると、戦後のエピソードが多い。また、脚本として山田洋次が名を連ねている。

主人公である山口善助は軍犬兵であるが、オープニングのスタッフクレジットには、登場する犬(起用された犬は全て警察犬)の名前全てが表記されている。

あらすじ[編集]

子供の頃から器量が悪い山口善助。家族は食べた魚の中毒で既に亡くなっている。汲み取り屋をやっていたことから「ウンコの善さん」とからかわれるが、そんな彼にも召集令状が届く。善助を朋友と慕う華僑の王夫妻に髪を切ってもらい、入隊する善助。

入隊以降6年もの間一等兵から出世出来ず「モサクレ」と揶揄される善助は、配属された中国本土の軍犬部隊にて、善助に大変懐き、賢い軍犬・トモハルと出会う。やがて終戦を迎え、善助は日本に帰国するが、かつてトモハルの飼い主であった元華族の未亡人・久留宮夫人に人生を捧げようと決意する。しかし,久留宮夫人の亭主はシベリアから復員し,善助はケイ子と結婚する.

出演[編集]

スタッフ[編集]

  • 製作:白井昌夫
  • 原作:棟田博「拝啓天皇陛下様」
  • 企画:市川喜一、高島幸夫
  • 脚本:野村芳太郎、多賀祥介、山田洋次
  • 音楽:芥川也寸志
  • 撮影:川又昂
  • 美術:宇野耕司
  • 編集:浜村義康
  • 録音:栗田周十郎
  • スチル:小尾健彦
  • 照明:三浦礼
  • 監督:野村芳太郎

外部リンク[編集]