警察犬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

警察犬(けいさつけん)とは人間の4千倍~6千倍といわれるの鋭い嗅覚等の能力を高度に訓練し、足跡追及能力や臭気選別能力を警察など法執行機関の捜査活動に利用するものである。1896年ドイツヒルデスハイム市警察で始めて採用された[1]

警察犬の活動[編集]

  • 足跡追及活動
    人の残した臭いをもとに犯人や犯人の遺留品、行方不明者を捜索するもの[1]
  • 臭気選別活動
    犯罪現場に残れさた犯人の遺留物を保管しておき、容疑者が判明したときなどに、その物と容疑者の臭いを嗅ぎわけ調べるもの[1]
  • 捜索活動
    一定の地域内で迷子や行方不明者、遺留品などを捜索するもの[1]

各国の警察犬[編集]

ドイツの警察犬[編集]

警察犬は1896年(明治29年)にドイツヒルデスハイム市警察で警察官と一緒にパトロールする犬として採用されたことが最初とされている[1]

ベルギーの警察犬[編集]

1899年(明治32年)、ベルギーのジェント市で警察官を補助するために警察犬が採用された[1]

イギリスの警察犬[編集]

1908年(明治41年)、イギリスケント州で警察官を補助するためにエアデールテリアが警察犬として採用された[1]

日本の警察犬[編集]

日本の警察犬には、警察が所有し使用する直轄犬と警察が実施した試験に合格し警察から非常勤の警察犬として認められた嘱託犬の2種類がある[2]。また広義には日本警察犬協会が警察犬としての能力を認定している7犬種を警察犬ということもある。

日本では1912年警視庁イギリスからコリーとラブラドールレトリバーの2頭を採用したのが始まりである(ただし防犯広報目的で採用)[1][3][4]1940年(昭和15年)に警視庁は警察犬舎を設けて警察犬6頭を飼育したが戦争に伴い一時廃止[1]1952年(昭和27年)には警察犬制度の採用が再度検討され、民間訓練士に12頭の犬を警察犬として嘱託する嘱託警察犬制度が創設された[1]。さらに1956年(昭和31年)には警視庁において本格的な直轄警察犬制度が発足した[1]

警察犬の訓練においては、服従訓練・嗅覚訓練・警戒訓練が行われる[5]

2004年時点では、警視庁鑑識課だけでも32頭が使用され[4]、その他各道府県警鑑識課でも使われている。

亡くなった警察犬については、1968年に東京家畜博愛院に警察犬慰霊碑が建立され、年に2回慰霊祭が行われている[6]

なお、警視庁警備部警備二課には警察の捜索活動を行う警察犬だけではなく爆発物探知や犯人制圧や災害救助犬のように被災者捜索救難など複数の任務を行う事が可能な警備犬がいる

警察犬の犬種[編集]

家庭で飼育される犬種は約60種にのぼるが、このうち警察犬に適するのは数種に限られる[1]。特にシェパードは、鋭い感覚を持っていること、運動ができること、頭の良さ、我慢強さ、落ち着きなどの理由から警察犬として最も適しているといわれている[1]

警察犬の主な犬種
犬種 特徴
ジャーマン・シェパード・ドッグ 1880年頃、ドイツ中部および南部の山岳地方に存在した羊の番犬から高度な能力を有する軍用を目指して開発された犬種。第一次世界大戦でドイツ軍が軍用犬として採用し、優秀さが認められた。世界中の公安機関で警察犬として利用されており、日本でも戦前、軍用犬として採用されている。日本国内の警察犬で一番登録数の多い犬種である。
ドーベルマン 19世紀末にドイツテューリンゲンのルイス・ドーベルマンが開発した犬種。軍用犬としても用いられた。断尾、断耳されることが多い。
エアデール・テリア 英国のテリア種で猟犬として使われていたが、英国、カナダなどで警察犬としての実績をもつ。
コリー 英国北部スコットランド高地地方の原産で、テレビドラマ『名犬ラッシー』で有名になった。日本では1958年から警察犬に指定されている。
ボクサー ドイツで闘犬として作出された犬種で、断尾、断耳されている。
ラブラドール・レトリバー 北欧や英国の原産で、カナダのラブラドル半島で海に落ちた魚等を回収する仕事に使われていた。盲導犬麻薬探知犬として採用されている。日本では1984年警察犬に追加された。
ゴールデン・レトリバー スコットランド原産で、警戒能力は弱いが足跡追跡や臭気選別能力が高い。日本では1992年に警察犬指定された。

日本で警察犬種として日本警察犬協会が指定するものは、シェパード、ドーベルマン、コリー、エアデールテリア、ラブラドールレトリバー、ボクサー、ゴールデンレトリバーの 以上7種[1][7]。さらに民間の嘱託警察犬には指定犬種以外のもので、警察の嘱託を受ける犬がいる。

飼い主に対する忠誠心は非常に高い反面、見ず知らずの他人に対しては警戒心が強い傾向がある。
2010年1月1日和歌山県警の嘱託警察犬として登録された(登録名は「クリーク号」、元の名前は「くぅ」)[8]。クリーク号は日本初の小型犬種の警察犬である[8]
2010年11月19日奈良県警の嘱託警察犬審査に合格し、2011年1月に登録された。体重3kgと小さいため災害などの捜索救助活動に携わる[9]
日本古来の犬種で、日本犬の中では唯一の小型犬種である。忠誠心が厚く勇敢で、他人に対する警戒心が強い。日本犬の特徴的な性質として、やや頑固なところがある。
2011年6月に行われた岡山県警の嘱託警察犬審査で「二葉」が初めて合格[10]。二葉は日本初の日本犬の警察犬となる。2013年6月に任期満了。
2011年11月18日に行われた鳥取県警の嘱託警察犬審査会で2頭が合格した[11]。「捜索」の部門において日本初の採用が2012年4月の京都府警においてあった[12]
熊本県警で採用された。

2013年10月現在、日本での小型犬種の警察犬は和歌山県警・奈良県警・鳥取県警(2頭)および熊本県警の6頭。

参考文献[編集]

  • 三田村信行・田代三善 『行け!名警察犬アルフ号』 偕成社、1991年。ISBN 978-4036344604

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]