大学は出たけれど

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大学は出たけれどは、

本項では両映画とも記述する。


小津安二郎版[編集]

大学は出たけれど
I Graduated, But...
監督 小津安二郎
脚本 荒牧芳郎
原作 清水宏
出演者 高田稔
田中絹代
撮影 茂原英雄
製作会社 松竹蒲田撮影所
配給 松竹キネマ
公開 日本の旗 1929年9月6日
上映時間 70分(現存11分)
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

大学は出たけれど』(だいがくはでたけれど)は、1929年(昭和4年)9月6日公開の日本映画である。松竹キネマ製作・配給。監督は小津安二郎モノクロスタンダードサイレント、70分。

大学卒業者の就職率が約30%という不況の底にあった昭和初期を舞台に、職に就けない求職者が奔走するさまを描いたコメディ映画で、小津の初期作品であるが、作中には庶民生活の詳細な日常を描写する作風の原型がすでにあらわれている。元々本作は原作者で小津の盟友の清水宏が監督する予定で企画が進められていた。初回興行は帝国館。公開当時は70分の長編作品だったが、現存するのは11分ほどの断片フィルムのみである。

あらすじ[編集]

大学を卒業したものの定職につけない徹夫は、故郷の母親に「就職した」と嘘の電報を送ったことから、母は婚約者(町子)を連れて上京。ふたりの嬉しそうな顔を見ると、徹夫はなかなか本当のことを言い出せずにいるが、徹夫の嘘を見抜いた町子は、徹夫に内緒でカフェーで働き始めた…。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

野村芳太郎版[編集]

大学は出たけれど
監督 野村芳太郎
脚本 椎名利夫
製作 小倉武志
出演者 高橋貞二
川喜多雄二
三橋達也
草笛光子
音楽 木下忠司
撮影 厚田雄春
配給 松竹
公開 日本の旗 1955年1月15日
上映時間 98分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

大学は出たけれど』(だいがくはでたけれど)は1955年に公開された野村芳太郎監督の日本映画

キャスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 短縮版のクレジットより。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]