足に触った幸運

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
足に触つた幸運
The Luck Which Touched the Leg
The Luck Which Touched the Leg 1930.gif
監督 小津安二郎
脚本 野田高梧
原作 野田高梧
出演者 斎藤達雄
吉川満子
撮影 茂原英雄
製作会社 松竹蒲田撮影所
配給 松竹キネマ
公開 日本の旗 1930年10月3日
上映時間 74分[1]
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

足に触つた幸運』(あしにさわったこううん)は、1930年(昭和5年)10月3日公開の日本映画である。松竹キネマ製作・配給。監督は小津安二郎モノクロスタンダードサイレント、74分。

サラリーマンの悲喜劇を描いた作品で、野田高梧がシナリオを書き下ろした[2]。タイトルは阿部豊監督の『足にさはった女』からきている。初回興行は帝国館。シナリオは現存しており、1993年(平成5年)刊行の『小津安二郎作品集 1』(井上和男編、立風書房)および、2003年(平成15年)刊行の『小津安二郎全集 上』(井上和男編、新書館)に収録されている[3][4]が、ネガ原版・上映用フィルムは現存されていない。

あらすじ[編集]

サラリーマンの古川貢太郎は通勤途中に新聞紙に包まれた4,000円の大金を拾い、交番に届ける。その後、落とし主である久保井がお礼として500円を古川に支払った。そのことが会社中に知られ、古川は同僚にたかられるはめに陥る。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 千葉伸夫『小津安二郎と20世紀』、国書刊行会、2003年、p.355
  2. ^ 『小津安二郎を読む 古きものの美しい復権』、フィルムアート社〈本の映画館 ブック・シネマテ−ク〉、1982年、p.82
  3. ^ 小津安二郎作品集 1国立国会図書館、2013年2月9日閲覧
  4. ^ 小津安二郎全集 上、国立国会図書館、2013年2月9日閲覧

参考文献[編集]

外部リンク[編集]