会社員生活

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
会社員生活
The Life of an Office Worker
監督 小津安二郎
脚本 野田高梧
原案 小津安二郎
出演者 斎藤達雄
吉川満子
坂本武
撮影 茂原英雄
製作会社 松竹蒲田撮影所
配給 松竹キネマ
公開 日本の旗 1929年10月25日
上映時間 57分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

会社員生活』(かいしゃいんせいかつ)は、1929年(昭和4年)10月25日公開の日本映画である。松竹キネマ製作・配給。監督は小津安二郎モノクロスタンダードサイレント、57分。

前作『大学は出たけれど』と同様に、失業問題を背景にサラリーマンの哀歓を描いた作品で[1]、まだ2年のキャリアだった小津はベテランの村田実と比較された。オープニングには後年の小津作品では見られないオーバーラップが使用されている[1]。突貫小僧の名で活躍する子役の青木富夫の映画デビュー作でもある。初回興行は帝国館。現在、脚本・ネガ原版・上映用プリントのいずれも散逸している。

あらすじ[編集]

塚本は、妻が彼のボーナスに期待しているため、自分がクビになったことを話せない。塚本の友人は、彼の家を訪ねて自分の会社を勧めに来るが、事情を知らない妻は断る。その後、塚本の会社の同僚が訪ねて来て、塚本を復職させようとしていることを告げる。真実を聞かされた妻は激怒するが、友人のとりなしで解決する。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『小津安二郎を読む 古きものの美しい復権』、フィルムアート社〈本の映画館 ブック・シネマテ−ク〉、1982年、p.33

外部リンク[編集]