落第はしたけれど

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
落第はしたけれど
I Flunked, But...
監督 小津安二郎
脚本 伏見晃
原案 小津安二郎
出演者 斎藤達雄
田中絹代
月田一郎
撮影 茂原英雄
編集 茂原英雄
製作会社 松竹蒲田撮影所
配給 松竹キネマ
公開 日本の旗 1930年4月11日
上映時間 77分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

落第はしたけれど』(らくだいはしたけれど)は、1930年(昭和5年)4月11日公開の日本映画である。松竹キネマ製作・配給。監督は小津安二郎モノクロスタンダードサイレント、77分。

大学を卒業しても就職口がないという深刻な社会状況を背景に、学生生活をエンジョイしている落第生を描いたコメディ作品で[1][2]、1週間で撮影された。ハロルド・ロイドの『ロイドの人気者英語版』の影響を始め、小津のアメリカ映画への傾倒ぶりも随所に見られる[1]。小津作品で初めて笠智衆が目立つ役で出演している。初回興行は帝国館。現在、東京国立近代美術館フィルムセンターがフィルムを所蔵している。

あらすじ[編集]

学生の高橋らは、試験地獄と闘っている。試験の1日目に、彼らはカンニングしようとするが失敗する。その夜、高橋は今度こそはと解答を自分のシャツに書いたが、下宿のおばさんがそれを洗濯屋に渡してしまう。結局、彼らは落第してしまうが、卒業した連中も職が見つからず学校にまた戻りたいと思う。そして、高橋たちは新学期を迎えて再び大学の門をくぐるのだった。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]