大学よいとこ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大学よいとこ
College is a Nice Place
監督 小津安二郎
脚本 荒田正男
原案 小津安二郎
出演者 近衛敏明
笠智衆
高杉早苗
撮影 茂原英雄
配給 日本の旗 松竹キネマ
公開 日本の旗 1936年3月19日
上映時間 86分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語(サウンド版)
テンプレートを表示

大学よいとこ』(だいがくよいとこ)は1936年(昭和11年)公開の小津安二郎監督の日本映画。脚本のみ現存でプリントはない。

概要[編集]

以前の学生喜劇には部分的にしかなかったシリアスタッチが今や全編にみなぎっている青春ドラマである。題名からしてアイロニーに満ちているが、二人の主人公も「若き日」のように冗談をとばすこともなく陰気な雰囲気に包まれている。

あらすじ[編集]

下宿屋で、様々な学生が寝転がって一生懸命勉強している時に、卒業生は職を探している。藤木と天野は軍事教練でひどい目にあい、体を壊した野球部の青木は一日中部屋で横になり、先輩の西田はぶらぶらして他人に金をたかっている。そして天野は退学して故郷に戻ることになり、藤木は妻のへそくりを失敬して送別会を開く。翌日、学生たちはいつもの生活に戻り、藤木は軍事教練で行進する。

スタッフ[編集]

  • 監督:小津安二郎
  • 脚本:荒田正男
  • 原案:ゼームス槇(小津)
  • 撮影:茂原英雄

キャスト[編集]

作品データ[編集]

  • 製作:松竹蒲田撮影所
  • フォーマット:白黒 スタンダードサイズ(1.37:1) サウンド版
  • 初回興行: 帝国館
  • 同時上映 :

参考文献[編集]

  • ムック『小津安二郎を読む』 フィルムアート社〈ブック・シネマテーク〉、1982年

外部リンク[編集]