また逢ふ日まで

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
また逢ふ日まで
Until the Day We Meet Again
Until the Day We Meet Again 1932.jpeg
監督 小津安二郎
脚本 野田高梧
出演者 岡田嘉子
岡譲二
川崎弘子
撮影 茂原英雄
製作会社 松竹蒲田撮影所
配給 松竹キネマ
公開 日本の旗 1932年11月24日
上映時間 78分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

また逢ふ日まで』(またあうひまで)は、1932年(昭和7年)11月24日公開の日本映画である。松竹キネマ製作・配給。監督は小津安二郎モノクロスタンダードサウンド版、78分。

小津にとって初のサウンド版作品[1]。初期の段階では『娼婦と兵隊』というタイトルがつけられていたが、当時の満州事変後の世相を考慮して改名された[2]ソビエトから日本に帰国した岡田嘉子が見たがっていた作品でもある[2]。初回興行は帝国館。現存するのは脚本のみであり、ネガフィルムおよび上映用プリントは失われている。

あらすじ[編集]

裕福な若い男が、娼婦の女を愛しているために家から勘当されている。彼は召集されることになって、父親に何も言わずに戦地へ向かおうとするが、女は彼の家族に知らせる。そして、汽車が出ようとする時に家族たちが駅に駆けつける。その夜、女は再び娼婦として街角に立つのだった。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『小津安二郎全集 上』、井上和男(編)、新書館、2003年、p.714
  2. ^ a b 『小津安二郎を読む 古きものの美しい復権』、フィルムアート社〈ブック・シネマテーク5〉、1982年、p.121

外部リンク[編集]