東京の宿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
東京の宿
An Inn in Tokyo
監督 小津安二郎
脚本 池田忠雄
荒田正男
原案 小津安二郎
出演者 坂本武
岡田嘉子
突貫小僧
音楽 伊藤宣二
撮影 茂原英朗
編集 茂原英朗
配給 日本の旗 松竹キネマ
公開 日本の旗 1935年11月21日
上映時間 80分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

東京の宿』(とうきょうのやど)は、1935年(昭和10年)11月21日公開の日本映画である。松竹キネマ製作・配給。監督は小津安二郎モノクロスタンダードサウンド版、80分。

坂本武主演の「喜八もの」の最終作。原作のウィンザアト・モネはWithout Moneyのもじりで、小津・池田・荒田の合作ペンネームである[1]。第12回キネマ旬報ベスト・テン第9位。

あらすじ[編集]

喜八と二人の息子・善公と正公は、職を求めて工業地帯をさまよい、おたかとその幼い娘の君子に出会う。ある夜、喜八は飯屋をやっている昔なじみのおつねと偶然に出会い、彼女は仕事を見つけてきてくれた。おたか親子と親密な時間を過ごした後で、君子が病気にかかってしまうと親子ともども消えてしまう。喜八が酒屋でヤケ酒をあおっていると、何とおたかが酌婦として酒を持ってきた。喜八は彼女を叱るが、おたかは涙ながらに娘の入院費用で仕方なかったと弁解する。親子を何とかしようと、喜八は一大決心をする。深夜、喜八は子供に、お金をおたかのいる病院に送り届けさせると、おつねに子供のことを頼み、警察へと向かうのだった。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 東京の宿allcinema、2015年4月12日閲覧

外部リンク[編集]