エロ神の怨霊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
エロ神の怨霊
The Revengeful Spirit of Eros
監督 小津安二郎
脚本 野田高梧
原案 石原清三郎
出演者 斎藤達雄
星ひかる
伊達里子
撮影 茂原英雄
製作会社 松竹蒲田撮影所
配給 松竹キネマ
公開 日本の旗 1930年7月27日
上映時間 27分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

エロ神の怨霊』(エロがみのおんりょう)は、1930年(昭和5年)7月27日公開の日本映画である。松竹キネマ製作・配給。監督は小津安二郎モノクロスタンダードサイレント、27分。

小津作品としては珍しく、エログロ・ナンセンスを取り扱ったコメディ映画であるが、エロの部分は検閲で取り除かれたという[1][2]。前作『その夜の妻』を松竹蒲田撮影所所長の城戸四郎に褒められた小津は、お盆用の映画を撮る条件で温泉旅行の褒美を貰い、それで撮ったのが本作である[1]。初回興行は帝国館。現在、脚本・ネガ・プリントは散逸している。

あらすじ[編集]

山路健太郎は、情婦のダンサー・夢子と海へ身を投げて心中を図るが、山路は海岸に打ち上げられて生き延びる。帰郷した山路は、夢子の怨霊に怯える日々を送っていた。そんなある日、友人の石川から夢子が実は生きていてダンサーになっていると聞き、山路は夢子に対して復讐を企む。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『小津安二郎を読む 古きものの美しい復権』、フィルムアート社〈ブック・シネマテーク5〉、1982年、p.49
  2. ^ 『日本映画作品全集』、キネマ旬報社、1973年、p.239

外部リンク[編集]