お嬢さん (1930年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
お嬢さん
Young Miss
Ojosan poster.jpg
公開当時のポスター
監督 小津安二郎
脚本 北村小松
出演者 栗島すみ子
岡田時彦
斎藤達雄
田中絹代
撮影 茂原英雄
編集 茂原英雄
製作会社 松竹蒲田撮影所
配給 松竹キネマ
公開 日本の旗 1930年12月12日
上映時間 135分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

お嬢さん』(おじょうさん)は、1930年(昭和5年)に12月12日公開の日本映画である。松竹キネマ製作・配給。監督は小津安二郎モノクロスタンダードサイレント、135分。

栗島すみ子岡田時彦田中絹代ら豪華スターが出演した大作ナンセンスコメディで[1]北村小松がシナリオを書き、小津はヂェームス・槇のペンネームで池田忠雄伏見晁とともにギャグマンも務めている。初回興行は浅草帝国館、および京都四條南座で、併映作品は『薩南総動員』(冬島泰三監督)[2]。第7回キネマ旬報ベスト・テンの日本映画・現代映画部門で第2位(小津作品初のランクイン)。ネガフィルム・上映用プリント等はすでに散逸し、脚本以外は現存しない作品とされている[3]

あらすじ[編集]

新聞の社会部記者の岡本と斎田には悩みがあった。つねに他紙の記者、それも女性記者にスクープを出し抜かれていたのだ。その記者につけたニックネームは「お嬢さん」。あるきっかけで「お嬢さん」と顔見知りになり、3人で潜入取材をすることになり、岡本と斎田は、すっかり「お嬢さん」に魅了されてしまう。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『日本映画作品全集』、キネマ旬報社、1973年、p.233
  2. ^ お嬢さん日本映画データベース、2012年7月6日閲覧
  3. ^ 所蔵映画フィルム検索システム東京国立近代美術館フィルムセンター、2012年7月6日閲覧

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]