加藤精一 (俳優)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
かとう せいいち
加藤 精一
本名
生年月日 (1889-04-11) 1889年4月11日
没年月日 (1963-08-28) 1963年8月28日(74歳没)
出生地 日本の旗 日本 岡山県上房郡高梁町(現在の同県高梁市
死没地 日本の旗 日本
職業 俳優
ジャンル 新劇劇映画現代劇時代劇サイレント映画トーキー
活動期間 1909年 - 1963年
配偶者 三井光子
著名な家族 加藤道子 (長女)
成松和一 (義弟)
主な作品
演劇
ハムレット
ヂユーリアス・シーザー
悪魔の弟子英語版
映画
大尉の娘
愛の花束
テンプレートを表示

加藤 精一(かとう せいいち、1889年4月11日 - 1963年8月28日)は、日本の俳優である[1][2][3][4][5][6][7]。本名同じ[1][2][5]坪内逍遙文芸協会に参加、新劇の初期から舞台俳優として活動した人物として知られる[1][2]

人物・来歴[編集]

1889年明治22年)4月11日岡山県上房郡高梁町(現在の同県高梁市)に生まれる[1][2][5]。父は熊本藩漢学者出身の人物であったが、精一の出生後、まもなく死去したため、精一は、加藤家の養子となった[1]。のちの俳優の成松和一(1905年 - 1944年)は義弟にあたる[8]

東京に移り、早稲田大学英文科に入学、小川未明三木露風北原白秋西條八十らと詩作を通じて親交を結んだ[1]。同学在学中に坪内逍遙に師事し、1909年(明治42年)、坪内が設立した文芸協会演劇研究所第1期生になる[1][2]。研究所の同期には、上山草人山川浦路森英治郎、横川唯治(山田隆弥、のちの山田隆也)、佐々木積武田正憲、小林正子(松井須磨子)らがいる[1]。1911年(明治44年)3月、同学を卒業する[1][2]。同年5月には、帝国劇場での同協会第1回公演として、ウィリアム・シェイクスピアの悲劇『ハムレット』(訳坪内逍遙)の全幕上演が行なわれ、ポローニアス役を演じて初舞台を踏んだ[1]。1913年(大正2年)6月、帝国劇場での同協会第6回公演として、シェイクスピア悲劇『ヂユーリアス・シーザー』が日本初演され、主役のジュリアス・シーザーを演じる[1]。同年7月、同協会が解散し、同年10月、山田隆弥(のちの山田隆也)、佐々木積、森英治郎、吉田幸三郎岡田嘉子らとともに、舞台協会を設立、同年11月28日、帝国劇場での同協会第1回公演として、ジョージ・バーナード・ショーの戯曲『悪魔の弟子英語版』(訳舞台協会)、ヴィルヘルム・フォン・ショルツドイツ語版の戯曲『負けたる人』(訳森鷗外Der Besiegte, 1899年)を上演した[1][9][10]。その後、新文芸協会同志座に参加し、田中智学國性劇を主宰した[1]。女優の三井光子と結婚、1919年(大正8年)10月31日には、長女の加藤道子が生まれている[11]

同志座在籍時の1925年(大正14年)、兵庫県西宮市甲陽園にあった東亜キネマ甲陽撮影所が同志座と提携して、『』(監督賀古残夢)を製作、同年9月29日に公開したが、これに坂巻東吾役で主演したのが、映画への初出演である[1][3][4]。1929年(昭和4年)には、東京の発声映画社大森撮影所(のちのミナトーキー)が製作した、中内蝶二の戯曲を原作とした初期トーキー作品『大尉の娘』(監督落合浪雄)に、退役陸軍大尉・森田慎蔵の役で主演、新派の女優・初代水谷八重子と共演、同作は同年11月1日に公開された[1][3][4]

1936年(昭和11年)、新興キネマに入社、同年2月に東京府東京市板橋区東大泉町(現在の東京都練馬区東大泉2-34-5)に同社が新設した新興キネマ東京撮影所(現在の東映東京撮影所)に所属、助演俳優として活動した[1][3][4]。1941年(昭和16年)7月14日公開された、レオン・フラピエの短編『女房』を原作に原千秋が脚色・監督した『愛の花束』では、主演した[1][3][4]。同年、溝口健二が監督した映画『元禄忠臣蔵 前篇・後篇』にフリーランス契約で出演し、小野寺十内を演じた[3][7]。1942年(昭和17年)1月17日、第二次世界大戦による戦時統制で、同社は日活の製作部門、大都映画等と合併し、大映を形成するが、このとき以前に、加藤は同社から離れていた[1][3][4]

戦後は、1947年(昭和22年)8月16日に公開された、松竹京都撮影所が製作し溝口健二が監督した映画『女優須磨子の恋』に、当時を知る者として参加し、「時代考証」としてクレジットされた[3]胃潰瘍脳溢血で倒れることを経験し、活動は抑えられたが、テレビ映画等に出演していた[1][6]

1963年(昭和38年)8月28日、死去した[1][2]。満74歳没。

フィルモグラフィ[編集]

すべてクレジットは「出演」である[3][4]。公開日の右側には役名[3][4]、および東京国立近代美術館フィルムセンター(NFC)、マツダ映画社所蔵等の上映用プリントの現存状況についても記す[7][12]。同センター等に所蔵されていないものは、とくに1940年代以前の作品についてはほぼ現存しないフィルムである。

新劇時代[編集]

新興キネマ東京撮影所[編集]

特筆以外すべて製作は「新興キネマ東京撮影所」、特筆以外すべて配給は「新興キネマ」、すべてトーキーである[3][4]

  • 白夜の天使』 : 監督田中重雄、1941年1月14日公開 - 志村
  • 南国絵巻』 : 監督久松静児、1941年2月8日公開 - 銀行家村山
  • 花嫁峠』 : 監督原千秋、1941年2月13日公開 - 福島左作
  • 猛獣使ひの姉妹』 : 監督深田修造、1941年3月29日公開 - くみ子と弓子の父でサーカス団団長の島蔵
  • くろがねの妻』 : 監督曾根千晴、1941年5月22日公開 - 清水誠吾
  • 愛の花束』 : 監督原千秋、1941年7月24日公開 - 村山商事の会社員太田
  • 北極光』 : 監督田中重雄、応援監督住吉健嗣、1941年8月20日公開 - 深井市五郎(久子の父 東洋汽車鉄道会社社長)、108分尺で現存(NFC所蔵[7]

フリーランス[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v キネマ旬報社[1979], p.156-157.
  2. ^ a b c d e f g 加藤精一jlogos.com, エア、2013年2月3日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k 加藤精一 (加藤清一と混同)、日本映画データベース、2013年2月3日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i 加藤精一 (加藤清一と混同)、日本映画情報システム、文化庁、2013年2月3日閲覧。
  5. ^ a b c 加藤精一KINENOTE, 2013年2月3日閲覧。
  6. ^ a b 加藤精一テレビドラマデータベース、2013年2月3日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g 加藤精一東京国立近代美術館フィルムセンター、2013年2月3日閲覧。
  8. ^ キネマ旬報社[1979], p.432.
  9. ^ 世界大百科事典 第2版『舞台協会』 - コトバンク、2013年2月3日閲覧。
  10. ^ 大笹[1985], p.179.
  11. ^ 加藤道子 - allcinema、2013年2月3日閲覧。
  12. ^ 主な所蔵リスト 劇映画 邦画篇マツダ映画社、2013年2月3日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]