サード (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
サード
監督 東陽一
脚本 寺山修司
製作 前田勝弘
製作総指揮 葛井欣士郎(企画)
出演者 永島敏行
吉田次昭
森下愛子
志方亜紀子
島倉千代子
音楽 田中未知
撮影 川上皓市
編集 市原啓子
配給 日本の旗 ATG
公開 日本の旗 1978年3月25日
上映時間 103分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

サード』は1978年日本映画

あらすじ[編集]

主人公の新次と女友達の「新聞部」たちは、都会に出るための金をかせごうと、売春をすることにした。

しかしヤクザとトラブルになり、相手を死なせてしまう。

少年院にはいった新次は、かつて野球部で3塁をまもっていたことから、「サード」というあだ名をつけられる。

夜ともなれば、慰問に訪れた「赤いセーター」「黄色いスカート」の女たちを思いうかべて妄想にふける生活だ。

新次は悪夢にうなされる。自分の守る3塁を敵チームがどんどん駆け抜けホームを目指す。いざ自分が長打を打つと、ホームを目指して走るのだが、ホームが消えている。仕方なしに再度走るのだがホームはみつからない。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

外部リンク[編集]