美加理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

美加理(みかり、1962年3月27日 - )は、日本舞台女優

経歴[編集]

東京都生まれ。1979年、高校在学中の17歳の時、「福井美加里」名義で寺山修司台本・演出によるパルコ・プロデュース「青ひげ公の城」でデビュー。その後、演劇舎蟷螂、流山児祥らの舞台に出演ののち、1990年宮城聰の「ク・ナウカ」創設に参加、主演女優として、人形振りを演じ、「歌わないカナリア」と呼ばれた。代表作は「サロメ」「エレクトラ」「王女メディア」「天守物語」「桜姫東文章」など。客演として流山児演出「ハムレット」、また松尾スズキ作・演出「ふくすけ」。2007年、ク・ナウカ活動休止に伴い、単独活動に入る。映画出演も何本かある。美貌で知られ、ファンも多い。

出演映画[編集]

テレビドラマ出演[編集]

関連人物[編集]

外部リンク[編集]