天井桟敷 (劇団)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

天井桟敷 (てんじょうさじき)は、かつて日本に存在したアングラ劇団寺山修司主宰で演劇実験室を標榜した演劇グループ。状況劇場唐十郎早稲田小劇場鈴木忠志黒テント佐藤信と並び、アングラ四天王と呼ばれ、1960年代後半から1970年半ばにかけて、小劇場ブームを巻き起こした。

概要[編集]

天井桟敷という劇団名はマルセル・カルネの映画『Les Enfants du Paradis(邦題:天井桟敷の人々)』に由来するが、寺山曰く、「(好きな演劇を好きなようにやりたいという)おなじ理想を持つなら、地下(アンダーグラウンド)ではなくて、もっと高いところへ自分をおこう、と思って『天井桟敷』と名付けた」[1]

創立時のメンバーは寺山の他に、九條映子(当時寺山夫人)、高木史子東由多加横尾忠則青目海大沼八重子濃紫式部小島嶺一斉藤秀子支那虎高橋敏昭竹永敬一桃中軒花月萩原朔美林権三郎の全16人[2]。『書を捨てよ街へ出よう』などの一連の著作により、若者の間で「退学・家出の扇動家」として認識され人気を得ていた寺山が主宰していること、また劇団創立時のメンバー募集の広告が「怪優奇優侏儒巨人美少女等募集」だったことなどから、設立から長い間「一癖も二癖もある退学者や家出者が大半を占める」という異色の劇団になった。後に松田英子やカルメン・マキが加入していることからも、60年代・70年代という時代の先頭を走っていた劇団の勢いがうかがわれる。

旗揚げ公演『青森県のせむし男』の時から「見世物の復権」を謳い、創立3年目の1969年には、日本初のアングラ専用劇場「天井桟敷館」を設立。しかし、設立後まもなく市街劇書簡演劇、観客参加型の演劇が増え始め、またこの頃から、西ドイツを皮切りにアメリカフランスオランダユーゴスラビアなどでも評価を受けるようになり、海外公演(あるいはそれぞれの国の俳優による上演)が増えるようになった。

寺山の他プロジェクトにも密接に関わり、天井桟敷の公演がのちに映画化されることもあった。「百年の孤独」(ガルシア・マルケスの同名作品を下敷きにした舞台作品)はのちにリメイク・改題され、映画『さらば箱舟』(寺山の遺作。死後に公開された)となっている。

沿革[編集]

1967年1月1日寺山修司を中心に結成。旗揚げ公演は同年4月18日から20日にかけての『青森県のせむし男』(草月会館ホール)。第3回公演の『毛皮のマリー』(新宿文化劇場)の際に、東由多加横尾忠則が喧嘩し、横尾が降りる[3]

1969年3月15日渋谷並木橋 に日本初のアングラ専用の劇場「天井桟敷館」(デザイン:粟津潔)を開館させる。同年、初海外公演。6月4日、5日、西ドイツ、フランクフルト「テアトル・アム・トゥルム」での『仮面劇 犬神』『毛皮のマリー』の2本立てを上演。また、この時に『時代はサーカスの象にのって』がドイツ人俳優により上演されている。騒がしく過ぎていった一年の締めくくりはライバル「状況劇場」との乱闘事件だった。同年12月5日、寺山は唐十郎が主宰する状況劇場のテント興業の初日に開幕祝いとして葬儀用の花輪を送る。これは天井桟敷の旗揚げ公演の際に中古の花輪を送られた事への意趣返しだったが、12月12日深夜に天井桟敷館に殴り込みをかけられ、乱闘事件を起こしたかどで寺山、唐十郎を含む双方の劇団員9人が暴力行為の現行犯で逮捕されるという事件に発展した。寺山曰く「ユーモアのつもりだったが分かってもらえなかった」、唐十郎曰く「ユーモアのつもりなら自分で持って来い、そもそも話を聞こうと思って行っただけ。これは殴り込みではない」[4]

1970年3月24日、寺山が葬儀委員長を務めた力石徹の葬式(式場:講談社講堂)に劇団内ユニット『シンジケート・ジャックと豆の木』『キッド・ブラザーズ・カンパニー』[5]が参加し、ミュージカルを行なっている。劇団員だった昭和精吾が弔辞をよんだ。

1975年4月19日午後3時から4月20日午後9時にかけて、30時間市街劇『ノック』を敢行。杉並区一帯を劇場に見立て、パブリック・プライベートな場所関係なし(銭湯や空き地、普通の住宅、果ては区役所)に指定された場所[6]で同時多発的に演劇を始めるというもので、上演中に市民からの苦情が殺到し、警察が介入する事態に陥った。

1976年7月、天井桟敷館を渋谷から麻布十番に移転。その後も精力的に公演活動を行なうが、1979年前後から寺山が体調を崩すようになり、1982年10月19日から10月24日にかけての『奴婢訓』(パリシャイヨー宮国立劇場)を最後に海外公演を取りやめる。

1983年5月4日に寺山が死去すると、劇団としての求心力を失い、同年夏の『レミング - 壁抜け男』を最後に、同年7月31日をもって解散した。その後、1970年代初頭から寺山の片腕として演出・劇伴を務めたJ・A・シーザーが演劇実験室◎万有引力を設立し、劇団員の多くはそこに移った。

評価[編集]

主な共同作業者[編集]

作品[編集]

日付は初演年。

1967年
1968年
  • 新宿版千一夜物語
  • 青ひげ
  • 伯爵令嬢小鷹狩掬子の七つの大罪
  • さらば映画よ
  • 「瞼の母」における愛の研究
  • 昭和白虎隊外伝 安保心中新宿お七
  • 書を捨てよ町へ出よう
  • 星の王子さま(男装劇)
1969年
1970年
1971年
1972年
  • 走れメロス(野外劇)
  • 阿片戦争
  • 人力飛行機ソロモンの組立て方(市街劇・ワークショップ)
1973年
  • 地球空洞説(街頭劇)
  • ある家族の血の起源
  • 盲人書簡 - のちに棺桶編、上海編
1975年
  • ノック(30時間市街劇)
  • 疫病流行記
1976年
  • 阿呆船
  • 引力の法則(公開ワークショップ)
1977年
  • 中国の不思議な役人
1978年
1979年
  • レミング - 『レミング - 世界の涯てまで連れてって』、のちに『レミング - 壁抜け男』
  • こども狩り
  • 青ひげ公の城
1981年

関連映像[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 太陽 寺山特集号 1991年9月号 (平凡社
  • 天井桟敷新聞全縮刷版―第1号1967年5月3日~第26号1983年3月15日 出版社: アップリンク (1997/06)ISBN-10: 4900728098

注釈[編集]

  1. ^ 週刊平凡パンチ、1967年5月29日号、P.38から引用
  2. ^ 資料によっては、創立時のメンバーを寺山修司九條映子高木史子東由多加横尾忠則の5人とするものもあるが、『「天井桟敷」創立の人々』と銘打たれた全16人の記念写真が現存しているため、ここではその立場を取る。
  3. ^ 喧嘩のきっかけは横尾忠則が舞台に乗せることの出来ない巨大な大道具を作ったことによる。ちなみに当時の横尾は舞台美術に関しては素人だった。
  4. ^ 1969年12月13日朝日新聞夕刊から、趣旨のみ
  5. ^ 劇団内の力石ファンの面々。『シンジケート・ジャックと豆の木』の「ジャックと豆の木」は物語の方ではなく、当時新宿にあったスナック。奇人変人(劇団員・小説家・漫画家・ジャズミュージシャン等)が集まることで有名だった。
  6. ^ 『ノック』ではチケットではなく、演劇が発生する時間帯を付記した「地図」が販売された。