時計 Adieu l'Hiver

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
時計 Adieu l'Hiver
監督 倉本聰
脚本 倉本聰
製作 羽佐間重彰
出演者 いしだあゆみ
中嶋朋子
永島敏行
石田えり
音楽 金子由香利
主題歌 金子由香利「時は過ぎてゆく」
撮影 前田米造
編集 鈴木晄
製作会社 フジテレビジョン
配給 日本ヘラルド
公開 日本の旗 1986年10月10日
上映時間 116分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

時計 Adieu l'Hiver』(とけい アデュー・リベール)は、1986年10月10日に公開された倉本聰の初監督映画である。グルノーブルオリンピックで、アイスホッケーフィギュアスケートの日本代表選手だった両親を持つ少女の、9歳から14歳までの5年間を描いた人間ドラマ。フジテレビジョン製作。

副題の「Adieu l'Hiver」とは、フランス語で「さようなら、冬」の意味である。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

撮影に関するエピソード[編集]

本作はスケーターである早見夕子の5年間の成長を描いたものだが、この映画そのものも早見夕子を演じた中嶋朋子の実際の成長に合わせて5年間の長い時間を掛けて製作されている。

倉本にとって初の映画監督作品であったが、撮影になると屋外ロケの際に通行人を待たせたりすることで迷惑をかけていないかと心配するなど、落ち着いて考えることができず、ついには血尿を出すまでになった(『獨白 2011年3月』フラノ・クリエイティブ・シンジケート、2011年、p186)。倉本は監督業は二度とやるまいと固く決めたと述べている。

外部リンク[編集]