あわれ彼女は娼婦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Tis Pitty Shee's a Whore, 1633

あわれ彼女は娼婦』(あわれかのじょはしょうふ、 'Tis Pity She's a Whore)は、英国ルネサンス期のイギリスの劇作家ジョン・フォード作による舞台作品。1620年代に執筆され、1633年に出版された。イタリアパルマを舞台に、愛ゆえに近親相姦という禁忌を犯してしまうジョヴァンニとアナベラ兄妹を中心に描かれる愛憎劇。


あらすじ[ソースを編集]

パルマ市民フローリオの子で、血のつながった兄妹であるジョヴァンニとアナベラは激しい恋に落ち、近親相姦の罪を知りながら結ばれてしまう。美しい娘であるアナベラにはパルマの貴族ソランゾ、ローマの良家の息子グリマルディ、間抜けなバーゲットなどの求婚者が多数おり、フローリオはソランゾを贔屓にしているが、アナベラはジョヴァンニ以外の誰にも心を動かさない。ソランゾは求婚者の中では最も有力な候補であったが、実はアナベラに求婚する以前に人妻ヒポリタと不倫関係に陥り、ヒポリタの夫が行方不明になった後に心替わりして捨てたという過去があった。求婚者のうち、バーゲットはアナベラを諦め、医師リチャーデットの姪フィロティスと婚約するが、実はリチャーデットはヒポリタの死んだはずの夫が変装した姿であった。アナベラはジョヴァンニの子を妊娠し、多数の求婚者の中から体面のためソランゾを選んで結婚することにする。グリマルディはフィロティスのおじである医師リチャーデットにそそのかされて恋敵ソランゾを殺そうとするが、暗闇で間違ってバーゲットを殺害してしまう。バーゲットのおじドナートは公正な裁きを求めるが、グリマルディは枢機卿に匿われ、裁きを受けずに故郷に帰ることになる。

一方ヒポリタは心替わりしたソランゾを恨み、ソランゾの召使いヴァスケスと通じて復讐をしようとする。ところがヴァスケスはソランゾに忠実であった。ソランゾとアナベラの婚礼の席で、ヒポリタはソランゾを毒殺しようとするが、ヴァスケスの策略でヒポリタが毒入りの酒を飲んで死ぬことになる。ヒポリタはソランゾをアナベラの結婚を呪って死ぬ。アナベラとソランゾはすぐ不仲になり、ソランゾは不倫に気付いてアナベラのお腹の子の父親を明かすよう迫るが、アナベラは答えない。ヴァスケスが策略を弄し、アナベラの乳母プターナをおだてて子どもの父親がジョヴァンニであることをかぎつける。ソランゾは復讐を誓い、一族を招いた大きな祝宴を計画する。ジョヴァンニとアナベラは祝宴に不吉なものを嗅ぎつける。窮地に陥ったジョヴァンニは心中のような形でアナベラを殺し、その心臓を持って宴席に出てソランゾを殺す。ヴァスケスがジョヴァンニを殺し、ヴァスケスは追放処分となる。枢機卿がアナベラのことを‘Who could not say, ’Tis pity she‘s a whore?’「あわれ彼女は娼婦であった、と言えぬ者があろうか」(このwhore=娼婦とは、この当時の英語では売春を職業とする女性ではなく、婚外性交渉を持った女性を指す)と言って芝居が終わる。


背景[ソースを編集]

フランスで兄妹で近親相姦を行ったとして1603年に処刑された、ラヴァレ家のジュリアンとマルグリットの実話をモデルにして制作された作品と言われている[1]

日本公演[ソースを編集]

主な上演としては、

など。

出典[ソースを編集]

  1. ^ 原田武 『インセスト幻想—人類最後のタブー』(人文書院、2001年) 11・12ページ ISBN 4-409-24065-X
  2. ^ “浦井健治と蒼井優が出演「あわれ彼女は娼婦」のスポット映像公開”. ステージナタリー. (2016年3月23日). http://natalie.mu/stage/news/180642 2016年3月23日閲覧。