それでも家を買いました

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
それでも家を買いました
著者 矢崎葉子
発行日 1990年5月
発行元 太田出版
筑摩書房文庫版
ジャンル ノンフィクション
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 新書
ページ数 255
公式サイト ちくま文庫による紹介
コード ISBN 4-900416-88-6
ISBN 4-480-02842-0文庫本
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

それでも家を買いました』(それでもいえをかいました)は、1991年4月19日から同年6月28日まで、TBS系列で放送された矢崎葉子原作のテレビドラマである。放送時間は毎週金曜22:00 - 22:54 (JST) 。全11話。

概要[編集]

結婚したばかりのある夫婦がマイホームを購入するまでの約3年間のさまざまな出来事について、のちに「バブル景気」と呼ばれた時期の世相を絡めて描くテレビドラマとして放送された。

あらすじ[編集]

職場結婚した山村雄介・浩子の夫婦は結婚後すぐに転勤となり神戸から神奈川県内の社宅に移り住んだ。社宅には浩子の新人時代の同僚だった角田久が妻と暮らしていた。また社宅の自治会長の桜田の妻・喜代子の人当たりはいささか厳しいが、いくつかの隣人家族との付き合いもでき、それほど大きな軋轢もなく社宅の雰囲気になじむことができた。

しかし、自分の不注意が原因で噂が大げさに社宅中に拡がることや場合によっては住人のプライバシーを蔑ろにした社宅の規則などに嫌気が差し、マイホームさがしを始めるが、折からの地価高騰により物件の立地は当初希望していた東京や神奈川県東部を離れ始める。

キャスト[編集]

主題歌[編集]

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

話数 放送日 サブタイトル 演出
第一回 1991年4月19日 社宅に入りますか? 飯島敏宏
第二回 1991年4月26日 いま買わなくちゃ
第三回 1991年5月03日 噂は走る! 根本実樹
第四回 1991年5月10日 中古マンションいかがです? 鈴木利正
第五回 1991年5月17日 売約済 根本実樹
第六回 1991年5月24日 あの頃のように 飯島敏宏
第七回 1991年5月31日 チャンスは二度ない 鈴木利正
第八回 1991年6月07日 嘘ならいいのに… 根本実樹
第九回 1991年6月14日 1センチ手前
第十回 1991年6月21日 ラストチャンス 鈴木利正
最終回 1991年6月28日 ホームスイートホーム 飯島敏宏

その他[編集]

  • 主人公夫婦が住む社宅でのシーンの一部は横浜市鶴見区内の企業の社宅でロケが行われた。
  • 第6話では、主人公夫婦が友人家族とともに熱海へ旅行するエピソードが描かれ、熱海市内のホテルニューアカオ周辺でロケが行われた。
  • 最終話で主人公夫婦が購入した住宅は、神奈川県津久井郡城山町(現・相模原市緑区)内の分譲住宅である。


TBS 金曜ドラマ
前番組 番組名 次番組
ふぞろいの林檎たちIII
(1991.1.11 - 1991.3.22)
それでも家を買いました
(1991.4.19 - 1991.6.28)
結婚したい男たち
(1991.7.5 - 1991.9.20)

脚注[編集]