小松錬平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
小松 錬平
(こまつ れんぺい)
生誕 (1929-03-31) 1929年3月31日(89歳)
北海道釧路市
国籍 日本の旗 日本
職業 東京大学農学部水産学科
活動期間 1952 – 現在
肩書き ジャーナリスト

小松 錬平(こまつ れんぺい、1929年3月31日 - )は、ジャーナリスト、元朝日新聞東京本社記者、元ニュースキャスター

来歴[編集]

北海道釧路市出身。1952年東京大学農学部水産学科を卒業後、朝日新聞社へ入社。社会部・東京部・科学部各次長などを経て、1972年から編集委員1976年4月からクロスオーナーシップである系列局にて、『ANNニュースレーダー』(NET)のキャスターを担当し、以後約10年間にわたって(中断時期あり)テレビ朝日の夕方の顔として活躍した。また、一時期は『ANNニュースファイナル』を担当。

1989年の退社後は、神奈川新聞の客員論説委員を歴任。並行して、早くから関心を持っていた捕鯨問題に本格的に取り組み、日本鯨類研究所評議員を務めながら、活発な執筆・講演などの活動を続けている。また、随筆の通信講座の講師業も引き受けている。

出演番組[編集]

著作[編集]

  • ギャング 鯨サムライ
  • ルポ鯨の海
  • ロビンソン・クルーソーの妻