松永邦久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

松永 邦久(まつなが くにひさ、1944年9月25日 - )は、日本の男性アナウンサー

埼玉県さいたま市大宮市[1])出身。キャスト・プラス所属。血液型AB型

にこやかな笑顔と堅実な態度で「報道のTBS」といわれる一時代を築いた人物の一人でもある。

実弟は元HBCアナウンサーで株式会社マツプロ松永 代表取締役の松永俊之

略歴[編集]

人物[編集]

TBSに入社、アナウンサー13期生(同期には小島一慶池田園子石井和子見城美枝子郷司淑子菅原牧子[2]として放送界にデビュー、アナウンサーとしては主にニュース、報道番組を担当[6][7]、番組キャスターや浅間山荘事件(1972年)、フィリピン・ルバング島の小野田寛郎元少尉捜索(1973年)、成田空港開港(1978年)、昭和天皇崩御(1989年)と、現場中継取材を多数担当し、この間、報道局政治部記者も経験、野党クラブ・キャップ、選挙報道番組ディレクター、総理・各党党首外遊の同行取材も担当した。1996年6月19日、総務局審査部専任部長となりアナウンス職を離れてからは[8]、人事労政局診療所事務長(1999年2月1日)[9]などを歴任。2002年2月1日、クリエイティブ・メディア・エージェンシーに出向[4]。2004年TBSを定年退職後は、クリエイティブ・メディア・エージェンシー(現・キャスト・プラス)常務取締役(2008年まで)の他にTBSアナウンススクール事務局長(2009年まで)、跡見学園女子大学短期大学部講師も務めていた[5]

出演番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「TBS東京放送アナウンサーの横顔」『国内放送局ハンドブック東日本篇'81年版』 三才ブックス、1981年、95頁。「出身地 大宮市」と記述。
  2. ^ a b 「III 放送関係 7.アナウンサーの活動記録」『TBS50年史 資料編』 東京放送、東京放送、2002年1月、238頁。「1968.4<13期生> 7人入社(男2・女5) 小島一慶 松永邦久 池田園子 石井和子 見城美枝子 郷司淑子 菅原牧子」
  3. ^ 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF) 東京放送、東京放送、2002年1月、23頁。「68.4 <13期生>7人入社(男2・女5)小島 一慶 松永 邦久 池田 園子 石井 和子 見城美枝子 郷司 淑子 菅原 牧子」
  4. ^ a b “TBS(会社人事)”. 日経産業新聞: p. 23. (2002年2月6日) 
  5. ^ a b ARIGATOSAKABA みどり: 第12回 質実剛健講座” (2012年8月31日). 2014年4月29日閲覧。
  6. ^ a b c d e f 「III 放送関係 7.アナウンサーの活動記録」『TBS50年史 資料編』 東京放送、東京放送、2002年1月、238頁。「松永邦久『ニュース、報道番組』 R「パック」「テイチクアワー」「サンデー・スポーツパラダイス(1992)」 TV「おはようニュース&スポーツ(1989)」「ニュースコール(1992)」」
  7. ^ a b c d e f g h 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF) 東京放送、東京放送、2002年1月、23頁。「松永 邦久…ニュース・報道系 R「パック・イン・ミュージック(70)」「日曜ニュースクラブ(88)〜サンデー・ニュース&スポーツ」「サンデー・スポーツパラダイス(92)」 TV「週間ニュース特集(78)」「おはようニュース&スポーツ(89)」「ニュースコール(92)」「JNNニュース1130(96)」」
  8. ^ “TBS(会社人事)”. 日経産業新聞: p. 31. (1996年6月25日) 
  9. ^ “TBS(会社人事)”. 日経産業新聞: p. 23. (1999年2月8日) 
  10. ^ 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF) 東京放送、東京放送、2002年1月、32頁。「1990年12月2日 *ラジオ、テレビスペシャル「日本人初! 宇宙へ」放送」

参考文献[編集]

  • 「TBS東京放送アナウンサーの横顔」『国内放送局ハンドブック東日本篇'81年版』 三才ブックス、1981年
  • TBS50年史(2002年1月、東京放送編・発行)…国立国会図書館の所蔵情報
    • 資料編

外部リンク[編集]