アッコの泣かしたろか!?

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アッコの泣かしたろか!?(アッコのなかしたろか)は、1996年10月5日から1998年3月28日[1]までテレビ朝日系で放送されたトーク番組和田アキ子冠番組

放送時間[編集]

どちらもテレビ朝日の時間帯とする(出典:[2])。

放送期間 放送時間(日本時間
1996.10.05 1997.09.27 土曜 23:00 - 23:28(28分)
1997.10.04 1998.03.28 土曜 23:00 - 23:27(27分)
  • 全編ローカルセールス枠の番組のため、一部地域では非ネット。

概要[編集]

長期に渡って報道系番組が続いた、テレビ朝日土曜23時枠では、1980年3月終了の海外ドラマ『Dr.刑事クインシー』(第1シリーズ)以来16年ぶりの非報道系番組で、毎回和田アキ子とそのまんま東がゲストを招いて、トークを行っていた。

出演[編集]

スタッフ[編集]

  • 構成:川崎良わぐりたかし
  • 技術:タワーテレビ(高木敏文)
  • カメラ:木下秀夫
  • VE:土田全厚
  • VTR:山本豪雄
  • LD:水野二夫
  • MIX:高橋裕
  • 美術:テレフィット(松崎純一)
  • デザイン:村上恵
  • 音効:有馬克己
  • TK:伊藤篤美
  • 編集:門馬英行(ザ・チューブ
  • MA:黒羽靖志(ザ・チューブ)
  • 音楽協力:テレビ朝日ミュージック
  • スタジオ:TMC砧スタジオ
  • 協力:ホリプロ
  • 広報:上田めぐみ(テレビ朝日)
  • AP:神尾育代(NCV)
  • 演出:中嶋勉(NCV)、世良田佳男(NCV)
  • プロデューサー:斎藤由雄(テレビ朝日)、寺本俊司(NCV)、原田浩司(NCV)
  • 制作協力:NCV
  • 制作著作:テレビ朝日

放送局[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 開始当初から1997年3月までは本来の時間帯に『探偵!ナイトスクープ』(23:00 - 23:58)を遅れネット。1997年4月12日からは同時ネットに移行。

出典[編集]

  1. ^ 読売新聞』(縮刷・関東版) 1998年(平成10年)3月28日付朝刊、テレビ欄。
  2. ^ 『読売新聞』(縮刷・関東版) 1996年(平成8年)10月 - 1998年(平成10年)3月、テレビ欄。
  3. ^ 北海道新聞』(縮刷版) 1996年(平成8年)10月 - 1998年(平成10年)3月、テレビ欄。
  4. ^ 『富山新聞』1996年10月5日付朝刊、テレビ欄。
テレビ朝日 土曜 23:00 - 23:27
前番組 番組名 次番組
サタデージャングル
(1995年10月7日 - 1996年9月28日)
※23:00 - 23:55
【58分繰下げ、ここまで
報道番組&全国ネット】
アッコの泣かしたろか!?
(1996年10月5日 - 1998年3月28日)
今夜は帰して!!
(1998年4月4日 - 10月3日)
テレビ朝日 土曜 23:27 - 23:28
サタデージャングル
(1995年10月7日 - 1996年9月28日)
※23:00 - 23:55
【58分繰下げ、ここまで
報道番組&全国ネット】
アッコの泣かしたろか!?
(1996年10月5日 - 1997年9月27日)
【1分縮小して継続】
世界の国立公園
(1997年10月4日 - 1998年9月26日)
※23:27 - 23:30
【土曜 18:55 - 19:00より移動、
かつ2分縮小して継続】
【同番組より関東ローカル枠】