牧山弘恵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
牧山 ひろえ
生年月日 (1964-09-29) 1964年9月29日(53歳)
出生地 日本の旗 東京都新宿区
出身校 国際基督教大学教養学部語学科
トーマス・クーリー法科大学院
前職 TBSテレビディレクター
アメリカ合衆国弁護士
所属政党 民主党→)
民進党→)
立憲民主党
称号 教養学士
J.D.
弁護士アメリカ合衆国
配偶者
公式サイト 牧山ひろえ 立憲民主党 参議院議員(神奈川県選挙区) 年金 子育て 教育 国際貢献

選挙区 神奈川県選挙区
当選回数 2回
在任期間 2007年7月29日 - 現職
テンプレートを表示

牧山 弘恵(まきやま ひろえ、1964年9月29日 - )は、日本政治家弁護士アメリカ合衆国)。立憲民主党所属の参議院議員(2期)。元参議院政治倫理の確立及び選挙制度に関する特別委員長

来歴[編集]

2007年

東京都新宿区生まれ[1]。母子家庭で育ち、小学校時代はいじめを苦にしての転校も経験した[2]1987年国際基督教大学教養学部語学科を卒業し、TBSテレビに入社した(ディレクター[2]1991年アメリカ合衆国トーマス・クーリー法科大学院を修了し、同年からニューヨークのマークス村瀬法律事務所に勤務する[2]1993年、アメリカ合衆国司法試験ニューヨーク州コネチカット州)に合格し、ハリウッドワーナー・ブラザース松竹ポリグラムにおいて法務室室長を務めた[2]1996年、ニューヨークのハッシー法律事務所に転じ、2004年よりソニー・ピクチャーズ法務部シニアマネージャー[2]

2005年民主党が実施した候補者公募に合格し、同年10月23日投開票の参議院神奈川県選挙区補欠選挙に同党公認で出馬したが、前年まで民間人閣僚外務大臣だった川口順子自由民主党公認)に敗れ、落選した[3]2007年第21回参議院議員通常選挙に再び神奈川県選挙区(定数3)から民主党公認で出馬し、100万票超を獲得して初当選した(同じく民主党新人の水戸将史も得票数3位で初当選)[2][4]

2012年9月の民主党代表選挙では、現職の野田佳彦首相の再選を支持して野田の推薦人に名を連ね[5]、野田が赤松広隆鹿野道彦原口一博を大差で破り再選された[6]

2013年第23回参議院議員通常選挙に定数が4に増員された神奈川県選挙区から民主党公認で出馬。島村大自由民主党)、松沢成文みんなの党)、佐々木さやか公明党)の当選が確定した後、残る1議席が牧山、畑野君枝日本共産党元職)で争われ、牧山が2万票弱の僅差で畑野を振り切り、再選(なお、2007年に同期当選し、民主党を離党して日本維新の会に鞍替えした水戸将史は落選)[2][7][8]2014年参議院参議院政治倫理の確立及び選挙制度に関する特別委員長に就任。

2015年1月の民主党代表選挙では、細野豪志幹事長の推薦人に名を連ねたが[9]、細野は決選投票で岡田克也に敗れ、岡田が代表に選出された[10]

2016年3月27日、民主党・維新の党の合流により結党した民進党に参加[11]

2017年10月、本村賢太郎の離党により後任の民進党神奈川県連代表代行に就任したが、2018年4月23日に辞任[12][13]5月7日、民進党・希望の党が合流した国民民主党に参加せず、立憲民主党に入党する意向を表明し[14]、民進党を離党して立憲民主党に入党届を提出[15]。立憲民主党は5月8日の常任幹事会で牧山ら11人の国会議員の入党を了承した[16]

政策・主張[編集]

発言[編集]

著書[編集]

  • 国民総政治家―税金の使い道はあなたが決める(牧山ひろえ名義) 講談社ビジネスパートナーズ、2013年ISBN 9784864240055
  • 30日間で立派な淑女になる方法 (牧山 Ruby 弘恵名義)KKベストセラーズ、1997年ISBN 9784584158777

人物[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “時事ドットコム:国会議員情報 牧山 弘恵(まきやま ひろえ)”. 時事通信. http://www.jiji.com/jc/giin?d=c51270b71ac70325f3225f55b0dda217&c=san&rel=ja 2018年1月12日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m 民進党 参議院議員 牧山ひろえのプロフィール
  3. ^ “〈熱風から2年:上〉「小泉」と「安倍」”. 朝日新聞. (2007年7月13日). http://www.asahi.com/senkyo2007/localnews/kanagawa/TKY200707130149.html 2018年1月12日閲覧。 
  4. ^ “選挙区 神奈川県:開票結果:参院選2007”. 読売新聞. http://www.yomiuri.co.jp/election/sangiin2007/kaihyou/ye14.htm 2018年1月12日閲覧。 
  5. ^ “民主代表選、野田候補の推薦人一覧”. 日本経済新聞. (2012年9月10日). https://www.nikkei.com/article/DGXNASFL100EV_Q2A910C1000000/ 2018年1月12日閲覧。 
  6. ^ “野田首相、民主党代表に再選 1回目の投票で大差つける”. 朝日新聞. (2012年9月21日). http://www.asahi.com/special/minshu/TKY201209210213.html 2018年1月12日閲覧。 
  7. ^ “牧山弘恵氏(民主)が当選 神奈川”. 朝日新聞. (2013年7月17日). http://www.asahi.com/senkyo/senkyo2013/chumoku/TKY201307170515.html 2018年1月12日閲覧。 
  8. ^ “2013 参院選 選挙区 神奈川”. 毎日新聞. http://senkyo.mainichi.jp/2013san/kaihyo_area_ichigyo.html?aid=B14000 2018年1月12日閲覧。 
  9. ^ “細野豪志候補 略歴・政見・推薦人名簿” (PDF) (プレスリリース), 民進党, http://www.dpj.or.jp/download/18736.pdf 
  10. ^ “【民主代表選】新代表に岡田氏 決選投票で細野氏を逆転”. 産経新聞. (2015年1月18日). http://www.sankei.com/politics/news/150118/plt1501180011-n1.html 2018年1月12日閲覧。 
  11. ^ “【民進党結党】参加議員は衆参156人 議員の一覧”. 産経新聞. (2016年3月27日). http://www.sankei.com/politics/news/160327/plt1603270049-n1.html 2018年1月12日閲覧。 
  12. ^ “民進党県連:牧山参院議員が代表代行を辞任”. 毎日新聞. (2018年4月24日). http://mainichi.jp/articles/20180424/ddl/k14/010/297000c 2018年5月12日閲覧。 
  13. ^ “牧山氏が代表代行辞任 民進党神奈川県連”. 神奈川新聞. (2018年4月24日). http://www.kanaloco.jp/article/326532 2018年5月12日閲覧。 
  14. ^ “民進・牧山氏が立民入党へ”. 産経新聞. (2018年5月8日). https://www.sankei.com/region/news/180508/rgn1805080011-n1.html 2018年5月12日閲覧。 
  15. ^ “新党:国民民主党62人参加 「野党第1党」に届かず”. 毎日新聞. (2018年5月8日). https://mainichi.jp/articles/20180508/k00/00m/010/059000c 2018年5月12日閲覧。 
  16. ^ 【常任幹事会】国会議員11名の入党、佐々木隆博組織委員長の選任などを決定 - 立憲民主党
  17. ^ 【参院外防委】解散し新しい議員で国際貢献の議論を 牧山議員 民主党 2008年10月28日
  18. ^ “超党派議員がODA削減反対で一致 政府に申し入れへ”. 産経新聞. (2011年4月14日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110414/stt11041410410005-n1.htm 2011年4月14日閲覧。 
  19. ^ 平成23年4月14日第一次補正予算におけるODA削減に関する勉強会
  20. ^ a b c d e f g h i j “2013 参院選 選挙区 神奈川 牧山弘恵”. 毎日新聞. http://senkyo.mainichi.jp/2013san/kaihyo_area_meikan.html?mid=B14000009001 2018年1月12日閲覧。 
  21. ^ アジア・太平洋地域の戦争犠牲者に思いを馳せ、心に刻む集会
  22. ^ “麻生首相、カップめんは「400円?」”. サンケイスポーツ. (2008年10月28日). http://www.sanspo.com/shakai/news/081028/sha0810281635011-n1.htm 2008年10月28日閲覧。 
  23. ^ 牧山ひろえ(元TBS)の愚にもつかない「麻生カップラーメン質問」”. YouTube (2015年4月16日). 2018年1月13日閲覧。
  24. ^ “平成24年8月24日 第24号(国会会議録システム)” (PDF) (プレスリリース), http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/180/0014/18008240014024.pdf 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

議会
先代:
前田武志
日本の旗 参議院政治倫理の確立及び選挙制度に関する特別委員長
2014年 - 2016年
次代:
有田芳生