海事振興連盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

海事振興連盟(かいじしんこうれんめい)は、海事振興を目的とした超党派議員連盟1949年4月設立。

概要[編集]

「海運・造船・港運・倉庫など海事産業に関する諸対策の検討ならびにこれが振興を期するとともに、わが国海事産業の発展に貢献すること」を目的としている。

毎年開催される総会・懇談会や各地で開催されるタウンミーティングには、国土交通省等の関係者と意見交換を実施している。

主な活動[編集]

  • 毎年10月頃に通常総会を開催し、事業計画・決議を決定。
  • 通常総会に引き続き懇談会を開催し、海事産業界や国土交通省等の関係者と意見交換を実施。
  • 通常総会、臨時会合、タウンミーティングで決定された決議に基づき、政府への要望活動を実施。
  • 地方における海事産業界との意見交換を実施。

会員 [編集]

  • 1号会員:国会議員(340人)
  • 2号会員:海事業界(128者)
  • 3号会員:学識経験者(30人)

主な国会議員[編集]

引退議員[編集]

主な海事業界[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]