海事

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

海事(maritime affairs)とは、に関する事柄又は海上で発生する事柄。

主に人間の活動に伴い発生する事象を対象とする概念ため、海洋の自然物や自然現象、海洋生物そのものを包含する概念ではない。但し、それらの自然物を開発したり観察したり捕獲したりする行為は海事の概念に含む。

狭義では海運船舶等に関する事柄である。なお、行政上は内陸水運、すなわち川や湖における運輸や船舶を含めて扱う場合もある[1]

「海事」に関する組織や規定等[編集]

  • 国際海事機関は、海上航行の安全性や海洋汚染の防止、海運における諸国間の差別措置の撤廃等の活動をする国際機関
  • 神戸大学海事科学部は、海に関する学問を広く統合している。社会科学の国際法学・海運経済学・交通経済学・言語学、理学の物理学・化学・生物学・生態学・地球科学、工学の船舶工学・交通工学・土木工学・経営工学・機械工学・電気工学・エネルギー工学・原子力工学、商船学の航海学・運用学・法学・舶用機関学を一つの学部としており、本項に言う広義の「海事」に近い概念である。

海事都市[編集]

愛媛県今治市では「海事都市」を目指している[2]。市内に今治造船新来島どっくをはじめとして大小の造船所や多数の海運業者が集積しているためである。

脚注[編集]

  1. ^ 例えば、海事局の編集した「旅客船活性化事例集」[1]には川や運河を行く旅客船の事例も含まれている。
  2. ^ 海事都市今治 今治市役所産業部によるサイト

関連項目[編集]