杉浦滋男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

杉浦 滋男(すぎうら しげお、1935年12月15日 - 1997年12月6日)は、日本の男性アナウンサー

来歴・人物[編集]

東京都出身・日本大学法学部卒業[1]だが、北海道に憧れていたことから、北海道放送にアナウンサーとして入社。その後1962年名古屋テレビ放送開局と同時に移籍後、1964年、やはり開局後の日本科学技術振興財団テレビ事業本部(現・テレビ東京)に入団。

主として格闘技の実況中継に携わり、プロレス中継では、米国のプロレスを紹介するプロレスアワー小畑千代VSファビュラス・ムーラをはじめとする日本女子プロレス中継、NETによる『ワールドプロレスリング』開始前の新日本プロレスの単発中継アントニオ猪木VSカール・ゴッチ二連戦を経て、国際プロレスのレギュラー中継番組『国際プロレスアワー』のメイン実況を担当。ボクシングの実況中継も担当し、毎日放送から移籍してきた金子勝彦と並び、テレビ東京におけるスポーツ実況の名物アナウンサーとして名を馳せた。

『国際プロレスアワー』ではキラー・トーア・カマタに胸ぐらを掴まれ実況席からゴボウ抜きにされた上、背広を破かれるなどの被害に遭い、1980年代に放送された『世界のプロレス』でもロード・ウォリアーズネック・ハンギングを受けるなど、体重50kgにも満たない痩身ながら体を張った仕事を続けた[2]悪役レスラーの襲撃を避けるため、放送席の周りを金網で囲み、その中に入って実況していたこともあった。

ボクシング中継ではマイク・タイソンシュガー・レイ・レナードマービン・ハグラーといったスーパースターたちのビッグマッチを、ジョー小泉とのコンビでアメリカ合衆国から衛星生中継。 1980年5月18日 戒厳令下の敵地ソウルにて、WBCフライ級王者朴賛希大熊正二が挑戦した試合を、解説者無しの単独実況。大熊のタイトル奪取を実況したことで知られている。

その後、1982年にテレビ東京初の地方系列局(TXN)となるテレビ大阪1989年にはテレビ北海道の開局に出向スタッフとして立会い、ニューススポーツ中継アナウンスを担当した。

墓所は東京都文京区本郷喜福寺[3]

関連人物[編集]

ボクシング中継でコンビを組んだ解説者
プロレス中継でコンビを組んだ解説者

脚注・出典[編集]

  1. ^ 1989年10月1日付北海道新聞「テレビ北海道開局記念広告特集」のうち、アナウンサー紹介「局の顔 三者三様の輝き」から抜粋。
  2. ^ 『日本プロレス事件史 Vol.2』P75(2014年、ベースボール・マガジン社ISBN 9784583621876
  3. ^ 舟木昭太郎 (2009年7月26日). “杉浦滋男さんの墓参り・故郷の夏/「大沢食堂」に著名人が集まるわけ/夏祭りを愉しむ”. 舟木昭太郎の日々つれづれ. サイバーエージェント. 2017年6月3日閲覧。