象印ニュースクイズ パンドラタイムス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
象印ニュースクイズ パンドラタイムス
ZOJIRUSHI NEWS QUIZ
ジャンル クイズ番組情報番組
出演者 梶原しげる
兵藤ゆき
ほか
オープニング 東京スカパラダイスオーケストラ「パンドラタイムス」
製作
制作 テレビ朝日
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1994年10月23日 - 1995年3月19日
放送時間 日曜 19:30 - 20:00
放送分 30分
テンプレートを表示

象印ニュースクイズ パンドラタイムス』(ぞうじるしニュースクイズ パンドラタイムス、実際のタイトルロゴは「ZOJIRUSHI NEWS QUIZ パンドラタイムス」)は、テレビ朝日系列局ほかで放送されたテレビ朝日製作の情報番組を兼ねたクイズ番組である。象印マホービンの一社提供。テレビ朝日系列局では1994年10月23日から1995年3月19日まで、毎週日曜 19:30 - 20:00 (日本標準時)に放送。

概要[編集]

象印クイズ ヒントでピント』に替わってスタートした番組で、新聞に掲載されたニュースをクイズの題材にしており、中でも特に阪神・淡路大震災発生の5日後となる1995年1月22日の放送では、早くも震災をテーマにするというニュースに関するクイズ番組らしさを見せた。ちなみに、この次の20時からの番組『TVダイジェスト』も情報番組だった。

解答者は5人。各問題ともに正解者が60点を頭割りして点数を獲得する方式で、正解者がいなかった場合にはその60点は次の問題へキャリーオーバーとなる。最終問題は近似値問題となっており、正解の数値に最も近い解答者が60点を独り占めできる。また正答と一致した数値を記述した場合には2倍の点数の獲得となる。前の問題で全員不正解し、キャリーオーバーによって120点になっていた場合には240点を獲得できる。トップ賞獲得者とゲスト解答者には象印製品がプレゼントされた。

問題は前期においては全て筆記問題だったが、後期には『ヒントでピント』で行われていた早押し問題も加わった。60点からスタートし、司会者が次々とヒントを出しながら時間を追うごとに2点ずつ減点し正解すればその時点で表示された得点を獲得できる。正解が出るか0点になるまで出題した。

本番組の最終回をもって、1960年7月3日放送開始の『象印歌のタイトルマッチ』以来日曜19時台後半枠で34年9か月続いた象印の一社提供番組シリーズは幕を下ろした。

出演者[編集]

司会[編集]

解答者[編集]

テーマ曲[編集]

ネット局[編集]

放送対象地域 放送局 系列 ネット形態
関東広域圏 テレビ朝日 テレビ朝日系列 製作局
北海道 北海道テレビ 同時ネット
青森県 青森朝日放送
宮城県 東日本放送
秋田県 秋田朝日放送
山形県 山形テレビ
福島県 福島放送
山梨県 山梨放送 日本テレビ系列 遅れネット
新潟県 新潟テレビ21 テレビ朝日系列 同時ネット
長野県 長野朝日放送
静岡県 静岡朝日テレビ
富山県 北日本放送 日本テレビ系列 遅れネット
石川県 北陸朝日放送 テレビ朝日系列 同時ネット
福井県 福井放送 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
遅れネット
中京広域圏 名古屋テレビ テレビ朝日系列 同時ネット
近畿広域圏 朝日放送(現:朝日放送テレビ)
島根県
鳥取県
日本海テレビ 日本テレビ系列 遅れネット
広島県 広島ホームテレビ テレビ朝日系列 同時ネット
山口県 山口朝日放送
徳島県 四国放送 日本テレビ系列 遅れネット
香川県
岡山県
瀬戸内海放送 テレビ朝日系列 同時ネット
愛媛県 南海放送 日本テレビ系列 遅れネット
高知県 高知放送
福岡県 九州朝日放送 テレビ朝日系列 同時ネット
長崎県 長崎文化放送
熊本県 熊本朝日放送
大分県 大分朝日放送
宮崎県 宮崎放送 TBS系列 遅れネット
鹿児島県 鹿児島放送 テレビ朝日系列 同時ネット

前番組『ヒントでピント』と同様に、象印の一社提供ではなくローカルスポンサーの提供で放送する遅れネット局もあった。なお、本番組は前番組を途中までネットしていた岩手県沖縄県では放送されなかった。

テレビ朝日系列 日曜19:30枠
【本番組まで象印マホービン一社提供枠】
前番組 番組名 次番組
象印クイズ ヒントでピント
(1979年3月4日 - 1994年9月25日)
象印ニュースクイズ パンドラタイムス
(1994年10月23日 - 1995年3月19日)
ザ・スーパーサンデー
(1995年4月23日 - 1997年9月28日)
※19:00 - 20:54