ネルケ無方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ネルケ・むほう
ネルケ・無方
生誕 イェンス・オラフ・クリスチャン・ネルケ
Jens Olaf Christian Nölke

1968年3月1日
西ドイツの旗 西ドイツベルリン
出身校 ベルリン自由大学
職業 禅僧
活動期間 1993年 -
宗教 仏教
宗派 曹洞宗

ネルケ 無方(ネルケ むほう、1968年3月1日 - )は、ドイツ生まれの曹洞宗僧侶である。2002年から曹洞宗・安泰寺住職を務める。俗名はイェンス・オラフ・クリスティアン・ネルケ[1](Jens Olaf Christian Nölke)。

略歴[編集]

ドイツの牧師を祖父に持つ家庭に生まれる。7歳で母を亡くす。キリスト教主義学校の高校在学時に坐禅と出合い、将来は日本で禅僧になろうと夢を抱く。

ベルリン自由大学日本学科・哲学科在学中、1990年から大学を休学して半年間京都大学に留学。京都府園部町の昌林寺や兵庫県安泰寺で修行を行った。1991年に帰国しベルリン自由大学に道元についての修士論文を提出。ベルリン自由大学日本語学科修士課程修了後、博士後期課程に入学。1992年10月、奨学金を得て京都大学大学院に留学したが、1993年に中退し、兵庫県美方郡新温泉町久斗山にある安泰寺で出家。

1995年の秋、安泰寺から離れ、京都府臨済宗東福僧堂福井県の曹洞宗発心寺で修行を重ねる。

1997年に安泰寺に戻るが、2001年に師匠のもとで継法をし、大阪城公園でホームレス坐禅を行う。そうした中、2002年に師の除雪作業中事故の訃報を聞いて安泰寺に戻り、9代目住職になった。同年結婚。

現在は日本の内外で講演活動や坐禅指導の傍ら、執筆活動を行っている。2011年発行のデビュー作『迷える者の禅修行』は同年の新潮ドキュメント賞の候補作に選ばれた[2]2015年グランフロント大阪でWorld Omosiroi Award 1stを受賞[3]

著書[編集]

共著[編集]

記事[編集]

連載[編集]

  • 神戸新聞 『随想』(2007年~2008年)
  • 朝日新聞 doraku『ネルケさんの禅生活]』(2011年~2012年)
  • 「歩く仏教」『ドイツ人住職が伝える「禅の道」』(2012年~2013年)

寄稿[編集]

  • 「命を噛み締める修行」(2011年、考える人05月号)
  • 「迷える〝私〟の日本仏教」(2011年、読書人
  • 「ドイツ人が出会った仏教」(サンガジャパン Vol.5(2011Spring))
  • 「少欲知足する寺・安泰寺」(サンガジャパン Vol.7(2011Autumn))
  • 「南方仏教が好きじゃないです」(サンガジャパン Vol.9(2012Spring))
  • 「瞑想と坐禅、そして私」(サンガジャパン Vol.11(2012Autumn))
  • 「坐禅と時間」(學鐙、2012年)
  • 「『現成公案』を逆輸入する試み」(サンガジャパン Vol.13(2013Spring)
  • 「仏教に失望した末に到達した座禅の理想郷」(Newsweek、2013年 8/20号)
  • 「安泰寺を、お前がつくる」(PHP、2013年)
  • 「日本人は無宗教なのか?」(學鐙、2014年)
  • 「我々は働くために生きるのか」 (2014年、考える人11月号)

など多数

関連書籍[編集]

  • 「私が感動したニッポンの文化」(ロバート・キャンベル、2014年)
  • 「ニッポンを発信する外国人たち」(内藤孝宏著、2015年)
  • 「村上さんのところ」(村上春樹、2015年)

出演番組[編集]

CM出演[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

先代:
宮浦信雄
曹洞宗安泰寺住職
第9世:2002-
次代:
現職