ネルケ無方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ネルケ・むほう
ネルケ・無方
生誕 イェンス・オラフ・クリスチャン・ネルケ
Jens Olaf Christian Nölke

1968年3月1日
西ドイツの旗 西ドイツベルリン
出身校 ベルリン自由大学
職業 禅僧
活動期間 1993年 -
宗教 仏教
宗派 曹洞宗
テンプレートを表示

ネルケ 無方(ネルケ むほう、1968年3月1日 - )は、ドイツ生まれの曹洞宗僧侶である。2002年から曹洞宗・安泰寺住職を務める。俗名はイェンス・オラフ・クリスティアン・ネルケ(Jens Olaf Christian Nölke)。

略歴[編集]

ドイツの牧師を祖父に持つ家庭に生まれる。7歳で母を亡くす。キリスト教主義学校の高校在学時に坐禅と出合い、将来は日本で禅僧になろうと夢を抱く。

ベルリン自由大学日本学科・哲学科在学中、1990年から大学を休学して半年間京都大学に留学。京都府園部町の昌林寺や兵庫県安泰寺で修行を行った。1991年に帰国しベルリン自由大学に道元についての修士論文を提出。ベルリン自由大学日本語学科修士課程修了。1992年10月、奨学金を得て京都大学大学院の博士後期課程に入学したが、1993年に中退し、兵庫県美方郡新温泉町久斗山にある安泰寺で出家。

阪神・淡路大震災後、安泰寺から離れ、京都府臨済宗東福僧堂福井県の曹洞宗発心寺で修行を重ねる。

1997年に安泰寺に戻るが、再び退去し、大阪城公園でホームレス坐禅を行う。同年結婚。そうした中、2002年に師の除雪作業中事故の訃報を聞いて安泰寺に戻り、9代目住職になった。

著書[編集]


記事[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

先代:
宮浦信雄
曹洞宗安泰寺住職
第9世:2002-
次代:
現職