プラユキ・ナラテボー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

プラユキ・ナラテボー(Phra Yuki Naradevo)は、タイ上座部仏教の日本人僧侶、開発僧[1]出家前の俗名[2]は坂本秀幸[3][4]

経歴[編集]

1962年埼玉県本庄市生まれ[5]

上智大学文学部哲学科に在学中、「解放の神学」を実践するカトリック司祭ルベン・アビト教授に師事し、障害者支援やNGOであるRASA(アジアの農村と連帯する会)の活動に携わる[6]

上智大学卒業後、タイのチュラロンコン大学大学院に留学し、「農村開発におけるタイ僧侶の役割」を研究[7]。その傍ら、NGOで他者のためを思って活動していたが、自分の心の開発を疎かにしていたために、やればやるほど疲弊する状況にあった[7]。そんな折りに出会ったタイの開発僧たちの姿に魅かれ、出家を決意する[7]

1988年7月ルアンポー・カムキアン師の下で出家[6]スカトー寺住職を務める[6]。6年間、頭陀行を行いながら開発僧として活動する一方、チャルーン・サティ(気づきの瞑想)など各種の瞑想を学ぶ[6]

1994年、ルアンポー・カムキアン師の渡米に通訳兼アシスタントとして同行、中国系寺院に半年間滞在して瞑想指導を行う[8]

1995年、出家後初めて日本に帰国し、在日タイ人の支援活動や、日本人に向けた瞑想指導を開始[8]。1999年頃にかけて毎年日本を訪れ、各地のタイ人コミュニティを徒歩で巡る[8]

近年、ブッダの教えをベースにした心理療法的なアプローチにも取り組み、自身が副住職をつとめるスカトー寺で定期的に開催されている医師看護師理学療法士など医療従事者のためのリトリート(瞑想合宿)でも指導を担当する[8]。たびたび日本にも招かれて帰国し、各地の大学や寺院、カルチャーセンターでの講演や、有志による瞑想会などで活動している[8]

著作[編集]

単著[編集]

  • 『「気づきの瞑想」を生きる』 佼成出版社、2009年
  • 『苦しまなくて、いいんだよ。』 PHP研究所、2011年 のちEvolvingより電子書籍化、2015年
  • 『自由に生きる』 サンガ、2015年12月、ISBN 978-4865640410
  • 『仕事に効く!仏教マネジメント』 Evolving、2016年6月

共著[編集]

  • 『脳と瞑想』 篠浦伸禎との共著、サンガ、2014年 のち同社より新書化、2016年
  • 『自由になるトレーニング』 イケダハヤトらとの共著、Evolving、2016年3月
  • 『悟らなくたって、いいじゃないか』 魚川祐司との共著、幻冬舎、2016年10月
  • 『僧侶が語る死の正体』 ネルケ無方らとの共著、サンガ、2017年1月
  • 『実践! ! 瞑想の学校』 ネルケ無方らとの共著、サンガ、2017年6月
  • 『仏教サイコロジー (魂を癒すセラピューティックなアプローチ)』 藤田一照との共著、サンガ、2018年10月 ISBN 978-4865641332

監訳[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ プラユキ・ナラテボー 『自由に生きる』 サンガ、2016年1月、著者紹介。
  2. ^ 俗名とは 大辞林日本国語大辞典コトバンク
  3. ^ サンガ 2014, p. 330.
  4. ^ 【新連載】ほほえみの国タイから 第1回 悩む人、悩まない人”. PHPオンライン衆知. PHP研究所 (2013年9月6日). 2018年10月29日閲覧。
  5. ^ プラユキ・ナラテボー|人名事典|お楽しみ|PHP研究所”. PHP研究所. 2016年10月4日閲覧。
  6. ^ a b c d サンガ 2014, p. 349.
  7. ^ a b c サンガ 2014, pp. 351-352.
  8. ^ a b c d e サンガ 2014, p. 350.

参考文献[編集]

  • 『別冊サンガジャパン1 実践! 仏教瞑想ガイドブック』蓑輪顕量監修、サンガ、2014年8月。ISBN 978-4-905425-82-3

関連項目[編集]

外部リンク[編集]