南直哉 (禅僧)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

南 直哉(みなみ じきさい、1958年 - )は、日本の曹洞宗禅僧[1]福井県霊泉寺住職[2]青森県恐山菩提寺院代(山主代理)[1]

長野県出身[1]早稲田大学第一文学部卒業後、大手百貨店勤務を経て、1984年に曹洞宗で出家得度[1]。同年に曹洞宗大本山永平寺に入山し、同寺で約20年の修行生活を送る[1]。2003年に同寺を下山[3][2]

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

  • 『やさしい「禅」入門』 立松和平との共著、新潮社、2004年11月
  • 『〈問い〉の問答』 玄侑宗久との共著、佼成出版社、2008年1月
  • 『人は死ぬから生きられる』 茂木健一郎との共著、新潮新書、2009年4月
  • 『出家の覚悟』 アルボムッレ・スマナサーラとの共著、サンガ、2009年5月。のちサンガ選書、2011年1月
  • 『サンガジャパン Vol.5』 アルムボッレ・スマナサーラほかとの共著、サンガ、2011年4月
  • 『覚悟の決め方 僧侶が伝える15の智慧』 河野太通釈徹宗田口弘願との共著、扶桑社、2011年6月
  • 『復興の精神』 養老孟司、茂木健一郎、山内昌之大井玄橋本治瀬戸内寂聴曽野綾子阿川弘之との共著、新潮社、新潮新書、2011年6月
  • 『禅とハードル』 為末大との共著、サンガ、2013年2月
  • 『サンガジャパン Vol.14』 鎌田東二ほかとの共著、サンガ、2013年6月
  • 『サンガジャパン Vol.20』 アルムボッレ・スマナサーラほかとの共著、サンガ、2015年4月
  • 『サンガジャパン Vol.21』 宮崎哲弥ほかとの共著、サンガ、2015年8月
  • 『禅と福音』 来住英俊との共著、春秋社、2016年8月
  • 『僧侶が語る死の正体』 ネルケ無方プラユキ・ナラテボー、釈徹宗、アルボムッレ・スマナサーラとの共著、サンガ、2016年10月
  • 『死と生』 鎌田東二との共著、東京堂出版 2017年9月

解説[編集]

  • 養老孟司『解剖学教室へようこそ』 筑摩書房、ちくま文庫、2005年

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 解説・宮崎哲弥。文庫化に際し第3章「アメリカ安居体験記」を増補。
  2. ^ 解説・茂木健一郎みうらじゅん土屋アンナ

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 南直哉・為末大『禅とハードル』 サンガ、2013年3月、著者紹介(カバー)
  2. ^ a b 著作一覧:南直哉|春秋社”. 春秋社. 2017年2月2日閲覧。
  3. ^ 『サンガジャパン Vol20 これからの仏教』 サンガ、2015年5月 p.69

関連項目[編集]

外部リンク[編集]