東京ペールワン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東京ペールワン
メンバー ユンボ安藤
エール橋本
事務所 西口エンタテインメント
現在の活動状況 ライブ中心
芸種 漫才
コント
テンプレートを表示

東京ペールワン(とうきょうペールワン)は日本お笑いコンビ西口エンタテインメント所属。

メンバー[編集]

ボケ担当。神奈川県出身。本名・安藤哲也。血液型B型。身長177センチ。体重80キロ。趣味・特技:逆さ言葉、知ったかぶり、野球指導。
ツッコミ担当。京都府出身。本名・橋本貴広。血液型O型。身長172センチ。体重61キロ。趣味・特技:音楽鑑賞、旅行、ラーメンスィーツ探し。

経歴・逸話[編集]

コンビ[編集]

  • 以前は、クリア・アップに所属していた。
  • コンビ結成までは、安藤は「アンポンタン」、橋本は「トレメンダンス」というそれぞれ別のコンビを組んでいた。
  • 2001年には、ギャクプロレス団体「西口プロレス」旗揚げにも参加。かつて共にレスラーとして活躍していたが、現在は主に実況・解説を担当している。
  • 他の芸人と共に漫才限定ライブ「漫才バカ一代」を3ヶ月に一度のペースで合同主催している。
  • 現在では、お互いピンでの活動も多い。
  • 披露するネタは、主に漫才が多い。コントを披露することもある。

安藤[編集]

  • 松尾アトム前派出所は弟子である。
  • ラブホテルでバイトをしていた。
  • 西口でのキャッチフレーズは「火曜日よりの使者」。
  • ぐるぐるナインティナインのおもしろ荘には、デスペラード外苑警備隊原田らを引き連れ「ユンボ団」として出演。
  • 世界のうめざわとは家が近所で、仲が良い。
  • ピン芸の際には、派手なシャツにパンチパーマのカツラを付けることが多い。主な持ちネタに、この格好でダフ屋に扮し「チケットあるよ〜、チケット」のセリフから「チケット」に語感の似た言葉に徐々に変わっていくというものなどがある。これと同じようなパターンのネタで、竿竹屋に扮して、徐々に「竿竹」に似たような言葉に変えていくというものもある。
  • 男性からの支持は若干あるが、女性、子供からの支持はまったくといっていいほどないという。
  • 2015年から金髪にしている。

橋本[編集]

  • 西口プロレスにレスラーとして参加する際は、「Dr.ダーレ」もしくは「実況マン」名義の時もある。
  • 西口でのキャッチコピーは「戦慄の医療ミス」。
  • 西口プロレスの旗揚げから現在にいたるまでをまとめた小説「西口プロレス」を本名で執筆。
  • 島田夫妻とは親交が深く、夫妻の自宅で一緒にパーティーをしたりしている。
  • 移動は自転車。

出演[編集]

テレビ番組[編集]

CM[編集]

  • 互助会(冠結婚葬祭、橋本のみ)

ラジオ[編集]

DVD[編集]

  • 嗚呼、涙のハードコアお笑い劇場(松沢呉一監修)

出版書籍[編集]

  • 小説「西口プロレス」マガジン・マガジン刊 橋本貴広著

外部リンク[編集]