チャック・ウィルソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
チャック・ウィルソン
Chuck Wilson
生年月日 (1946-10-26) 1946年10月26日(71歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
身長 178cm
血液型 O型
職業 スポーツインストラクター

チャールズ・ケント・ウィルソンCharles Kent Wilson1946年10月26日 - )は、アメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストン出身のスポーツインストラクター外国人タレント俳優著作家。日本にエアロビクスを紹介した人物でもある。柔道六段。血液型はO型。身長178cm、体重100kg。アバンセ所属。

略歴[編集]

少年時代は心臓弁膜症で病弱でいじめを受け「痩せでドジの気弱なチャック」と呼ばれていた[1]。不良グループに入り、自動車泥棒や傷害、強盗などの罪で数回少年刑務所に入ったこともあるが[2]、そこから更生して筋力トレーニングに熱中するようになり18歳で180キログラムのベンチプレスを上げ、レスリングではマサチューセッツ州選手権にまで出場する。しかしそれらが通り魔的な集団暴行の被害を受けた際、実戦で全く通用しなかった経験から柔道空手に取り組むようになる。ボストン大学合格後に徴兵を受けて空軍内の柔道競技で10連勝、全米選手権でも準優勝の成績を残す。除隊後建築作業員や酒場の用心棒を経て1970年に来日し同志社大学に柔道留学、1971年1973年1975年に全日本パワーリフティングでオープン参加にてチャンピオンとなる。この時のベンチプレス200kgの日本記録を8年間保持。

1973年から「クラーク・ハッチ健康管理センター」の共同経営者として活躍。日本にエアロビクスを紹介している。1976年、アメリカの柔道ライト・ヘビー級チャンピオンとなり、1976年・1980年オリンピック候補選手となる。1982年 - 1989年のうち5回、ホノルルマラソンに参加し完走。相撲も研究した。1990年6月全日本パワーリフティング110kg級優勝。

また、毎日放送(MBS)のクイズ番組世界まるごとHOWマッチ」にレギュラー解答者として出演(同番組には「クラーク・ハッチ健康管理センター所属」という肩書きで出演していた)。風貌や体格に似合わず、毎回安い金額で回答するため、司会者の大橋巨泉からはケント・ギルバートの「ネギルバート」と同様に「ケチャック」(ケチなチャックの略)と呼ばれるようになる[3]。高い金額で回答した際には巨泉から「もうケチャックとは言わせない、チャック・ウィルソンさんの回答です」と茶化されていた[4]

現在は、「チャックウィルソンエンタープライズ (C.W.E.) 」を経営し、全国のフィットネスセンターの指導にあたるとともに、楽しい生活を過ごすための手段として健康があるとの観点から、生活習慣病予防施設の普及に努め、自らも健康カウンセリングセンターを開設する。

出演[編集]

映画[編集]

テレビ番組[編集]

テレビドラマ[編集]

CM[編集]

PV[編集]

著書[編集]

  • 『トレーニング・バイブル―自信がつく、筋肉がつく』ネスコ〈Nesco Books〉、発売:文藝春秋、1985年。ISBN 978-4-890360055
  • 『シェイプアップ・バイブル―しなやかに より軽やかに』ネスコ〈Nesco Books〉、発売:文藝春秋、1986年。ISBN 978-4-890360239
  • 『キミも自分の人生やれよ!』(自叙伝)サンケイ出版、1987年。ISBN 978-4-383025850
  • 『健康と体力アップへのマル秘カルテ―価値ある人生をつくる』リクルート、1990年。ISBN 978-4-889912043
  • 『健康づくり トラの巻―だれでもできる―フィットネス入門』近代文芸社、1997年。ISBN 978-4-773362435
  • 「自信がぐんぐんわいてくる身心改造法」『超転身法―仕事をしながら人生を変える!』ロングセラーズ〈ムックセレクト〉、2002年。ISBN 978-4-845407132 ※共著

脚注[編集]

  1. ^ 吉田豪『人間コク宝』p.34(コアマガジン2004年
  2. ^ 吉田豪『人間コク宝』p.35(コアマガジン2004年
  3. ^ Time Machine Cafe 2005年11月9日”. ZIP-FM (2005年11月9日). 2016年2月22日閲覧。
  4. ^ 『ゲバゲバ70年!大橋巨泉自伝』p.357

関連項目[編集]

外部リンク[編集]