エクラアニマル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社エクラアニマル
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
188-0033
東京都西東京市北原町三丁目6番10号
北緯35度44分12.2秒 東経139度32分31.0秒 / 北緯35.736722度 東経139.541944度 / 35.736722; 139.541944座標: 北緯35度44分12.2秒 東経139度32分31.0秒 / 北緯35.736722度 東経139.541944度 / 35.736722; 139.541944
設立 2007年11月
業種 情報・通信業
事業内容 アニメーションの企画・制作
代表者 豊永ひとみ(代表取締役)
外部リンク http://www.anime.or.jp/
テンプレートを表示

株式会社エクラアニマルは、アニメーションの企画・制作を主な事業内容とする日本企業

本項では事実上の前身である「あにまる屋」についても述べ、作品履歴も同一のものとして扱う。

概要[編集]

1982年12月13日、「有限会社アニマル屋」[1](あにまるや)として、当時シンエイ動画が制作していたテレビアニメ『怪物くん』に参加していたプロデューサー・真田芳房、演出の福冨博作画監督本多敏行らシンエイ動画所属の7名のメンバーで設立。代表には真田が就任した[2]。本社所在地は東京都西東京市北原町三丁目6番10号で、社屋は同年12月に業務拡大のため田無市(現:西東京市)南町へ移転したシンエイ動画の旧社屋を譲り受けたものである。

人脈的にはAプロダクション(以下、Aプロ)の流れであり、その関係から引き続きAプロの後身であるシンエイ動画や、Aプロに制作委託していた東京ムービーの仕事を行った。さらに土田プロダクションとその実質的後継であるスタジオコメット[3]などの他社制作作品の演出、作画協力、グロス請けを中心に活動して来た。『だるまちゃん』や『フイチンさん』など、自主制作作品も手掛けている。

過去には所属するアニメーター[誰?]プロレスファンであったことから「肉体派アニメーター」を自称し、シンエイ動画時代からスタジオにトレーニング場を設け、ダンベルバーベルなどボディビルの器具が設置されているという異色のスタジオであった[4][5][6]。入社の基準もある程度の重さのバーベルを持ち上げられることになっていたという[7]

1987年12月、真田の死去に伴い本多が二代目代表取締役となった。2007年、「株式会社エクラアニマル」を設立し業務を継承。制作プロデューサーの豊永ひとみが代表取締役に就任した。

主な作品履歴[編集]

テレビシリーズ[編集]

OVA[編集]

劇場映画[編集]

関連人物[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 有限会社アニマル屋 法人番号 7012702005178
  2. ^ リスト制作委員会『アニメージュ アニメポケットデータ2000』徳間書店、2000年、p.78
  3. ^ データ原口「STUDIO スタジオコメット」『アニメージュ』1981年8月号、徳間書店、p119。
  4. ^ 岡田斗司夫山本弘大地丙太郎「アニメ業界徹底大研究」『空前絶後のオタク座談会1 ヨイコ』音楽専科社、2001年、pp.281-282
  5. ^ 岡田斗司夫、山本弘、原恵一「オトナ帝国徹底大研究」『空前絶後のオタク座談会2 ナカヨシ』音楽専科社、2002年、p.216.
  6. ^ アニメージュ』1981年6月号、徳間書店、p.103
  7. ^ 片渕須直β運動の岸辺で 第42回 道はあちこちにある」 WEBアニメスタイル 2010年8月2日
  8. ^ 惑星アトン外伝|NETWORK租税史料|税務大学校|国税庁

参考資料[編集]