エクラアニマル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社エクラアニマル
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
188-0033
東京都西東京市北原町3-6-10
北緯35度44分12.2秒 東経139度32分31.0秒 / 北緯35.736722度 東経139.541944度 / 35.736722; 139.541944座標: 北緯35度44分12.2秒 東経139度32分31.0秒 / 北緯35.736722度 東経139.541944度 / 35.736722; 139.541944
設立 2007年11月
業種 情報・通信業
法人番号 4012701009075
事業内容 アニメーションの企画・制作
代表者 豊永ひとみ(代表取締役)
従業員数 約10名
外部リンク http://www.anime.or.jp/
テンプレートを表示

株式会社エクラアニマルは、アニメーションの企画・制作を主な事業内容とする日本企業

本項では事実上の前身である「あにまる屋」についても述べ、作品履歴も同一のものとして扱う。

概要[編集]

1982年12月13日、「有限会社アニマル屋」(あにまるや)[1]として、当時シンエイ動画が制作していたテレビアニメ『怪物くん』のプロデューサー・真田芳房を中心に福冨博、本多敏行、木上益治、奈須川充、鈴木信一、徳田悦朗ら7人のシンエイ動画所属の演出家・アニメーターが独立する形で設立。代表には真田が就任した[2]。本社所在地は東京都西東京市北原町三丁目6番10号で、社屋は同年12月に業務拡大のため田無市(現:西東京市)南町へ移転したシンエイ動画の旧社屋を譲り受けたものである。

人脈的にはAプロダクション(真田・福冨・本多)・シンエイ(鈴木・奈須川・木上・徳田)であり、その関係から引き続きAプロの後身であるシンエイ動画や、Aプロに制作委託していた東京ムービーの仕事を行った。さらに土田プロダクションとその実質的後継であるスタジオコメット][3]などの他社制作作品の演出、作画協力、グロス請けを中心に活動して来た。

『フイチンさん』、『風のように』『キャラ丸くんとドク丸くんシリーズ』『かっぱのすりばち』『さくらとサクリン』『くるくるクルミちゃん』『KABUTO武士シリーズ』など、自主制作作品も手掛けている。

フイチンさん』のアニメを制作したエクラアニマルの本多敏行と同じように、上田トシコに惹かれたマンガ家・村上もとかが『フイチン再見!』を描いた。

過去には所属していた木上益治等がプロレスファンであったことから[4]「肉体派アニメーター」を自称し、旧あにまる屋時代からスタジオにトレーニング場を設け、ダンベルやバーベルなどボディビルの器具が設置されているという異色のスタジオであった[5][6][7]。入社の基準も40キロのバーベルを持ち上げられることになっていた[8]。本多のAプロ時代の同僚である近藤喜文がテレコム・アニメーションフィルムを退社した際、細身であった氏を招こうと、バーベルの基準を大幅に下げることを考えていたという逸話がある[9]

1987年12月、真田芳房が肝硬変のため死去し、本多敏行が二代目代表取締役となった。会社で入っていた生命保険は遺族の意向で絵本の自費出版資金となり、木上益治が中心となって『小さなジャムとゴブリンのオップ』を製作し[10]、関係者に配布された。同書の登場人物であるジャムはそのままあにまる屋のマスコットキャラクターとなったほか、社内でアニメを自主制作する機運が高まったきっかけになった。

また、本多が代表に就任してからは、ワーナーのTVシリーズ『フリーカゾイド!』のオープニング映像・ハンナバーバラの『パワーパフガールズ』のパイロット版、ディズニー作品の制作に参加するなど、日米合作制作に力を入れている。

2007年、「株式会社エクラアニマル」を設立し業務を継承。制作プロデューサーの豊永ひとみが代表取締役に就任した。この頃からアニメ制作のかたわら、エコキャップの回収・献血の推進運動・地域の清掃活動・環境保護活動・地域のイベント企画などの市民活動にも力を入れている。また、TVアニメ制作以外に企業CM制作・ブライダルアニメ制作・絵本制作・マンガ制作活動にも積極的に取り組んでいる。

主な作品履歴[編集]

一般制作[編集]

  • 緑山高校 甲子園編 (1989年-1990年) バルクとの共同制作。
  • 惑星アトン (1990年) 手塚プロダクション、スタジオシグナルとの共同制作。 国税庁監修の税教育用アニメ[11]。同年にゲーム版も制作された。
  • 新・同棲時代 (1992年)
  • グスコーブドリの伝記 (1994年)
  • 賢治のトランク 猫の事務所 (1996年)
  • フイチンさん (2003年)
  • おかあさんのやさしい手
  • キャラ丸くんとドク丸くん(2007年~)
  • かっぱのすりばち(2012年)
  • さくらとサクリン(2015年)
  • したのや遺跡縄文物語(2015年)
  • くるくるクルミちゃん(2015年)
  • 風のように (2016年)
  • KABUTO武士(2017年~)
  • また来るね!マドリード(マンガ・2020年)

自主制作[編集]

  • おかあさんのやさしい手(1992年)
  • 鉄腕アトムの交通安全(1994年)
  • フイチンさん(2003年)
  • キャラ丸くんとドク丸くん(2007年~)
  • 老夫子(2011年/中国・台湾・香港公開)
  • かっぱのすりばち(2012年)
  • さくらとサクリン(2015年)
  • したのや遺跡縄文物語(2015年)
  • くるくるクルミちゃん(2015年)
  • 風のように (2016年)
  • KABUTO武士(2017年~)
  • 平家物語絵巻(2021年・制作中)

制作協力[編集]

関係者 [編集]


関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 有限会社アニマル屋 法人番号 7012702005178 2017年1月30日法人格消滅
  2. ^ リスト制作委員会『アニメージュ アニメポケットデータ2000』徳間書店、2000年、p.78
  3. ^ データ原口「STUDIO スタジオコメット」『アニメージュ』1981年8月号、徳間書店、p119。
  4. ^ 「師匠」京アニ取締役木上益治さん功績の声相次ぐ日刊スポーツ2019年8月3日
  5. ^ 岡田斗司夫山本弘大地丙太郎「アニメ業界徹底大研究」『空前絶後のオタク座談会1 ヨイコ』音楽専科社、2001年、pp.281-282
  6. ^ 岡田斗司夫、山本弘、原恵一「オトナ帝国徹底大研究」『空前絶後のオタク座談会2 ナカヨシ』音楽専科社、2002年、p.216.
  7. ^ アニメージュ』1981年6月号、徳間書店、p.103
  8. ^ 片渕須直β運動の岸辺で 第42回 道はあちこちにある」 WEBアニメスタイル 2010年8月2日
  9. ^ 片渕須直β運動の岸辺で 第42回 道はあちこちにある」 WEBアニメスタイル 2010年8月2日
  10. ^ 《京アニ放火》犠牲になった天才アニメーターの人生と、残された絵本に宿る思い 週刊女性PRIME(2019年10月13日閲覧)
  11. ^ 惑星アトン外伝|NETWORK租税史料|税務大学校|国税庁

参考資料[編集]