スタジオエル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
有限会社スタジオエル
Studio elle Co.,Ltd.
種類 特例有限会社
本社所在地 日本の旗 日本
165-0031
東京都中野区上鷺宮5丁目7番4号
エルビル
設立 1961年(昭和36年)
(レオ・プロダクション)
1988年(昭和63年)
(法人組織として)
業種 情報・通信業
法人番号 8011202012320 ウィキデータを編集
事業内容 アニメーションの企画・制作
代表者 西村龍徳(代表取締役社長)
従業員数 120名程
(業務委託含む、2022年現在)
関係する人物 レオ西村(創業者)
西村龍衛(専務取締役)
釋迦郡卓(取締役・プロデューサー)
西村徹也(取締役・撮影部長)
外部リンク www.studioelle.jp ウィキデータを編集
テンプレートを表示

有限会社スタジオエル: Studio elle Co.,Ltd.)は、日本アニメ制作会社。多くの作品の場合、「スタジオエル」「スタジオ エル」「Studio L」などとクレジットされる。

概要・沿革[編集]

1961年に前身であるレオ・プロダクションを設立、1975年に社名をスタジオエルに変更、1988年に有限会社として法人組織化[1]。2005年8月までは仕上・撮影を行うのみであったが、同年9月に作画専門スタジオ「ジェック・イー」(Jec.E)を吸収したのに伴い[1]、作画部を設立し[1]、自前で演出・作画・仕上・撮影を行う体制を整え、テレビアニメのグロス請けを行うようになった。初の自社制作作品は、携帯コンテンツ『千夜鬼譚』である。更なる制作能力拡大の為、2012年7月に3DCG部を設立[1]。同年9月にはアニメ・スポットを吸収し[1]、所属スタッフ全員がエルに移籍した[2]

2017年3月、3DCG部を解散[1]。2018年2月、海外部を設立[1]

東京都中野区上鷺宮5丁目7番4号に自社ビル(エルビル)があり、背景を除く全ての部署が集約されている。

制作がデジタル化し始めた一時期は「スタジオエルデジタル」、「スタジオエルデジタル部」とクレジットされていた作品もある。

作品履歴[編集]

テレビアニメ[編集]

開始年 放送期間 タイトル 監督 共同制作
2020年 7月 - 9月 ジビエート 小美野雅彦 ランチ・BOX
2023年 4月 - 6月 異世界召喚は二度目です 中西基樹
2024年 未公表 パーティーから追放されたその治癒師、実は最強につき 大西景介

劇場アニメ[編集]

公開年 タイトル 監督 備考
1969年 ㊙劇画 浮世絵千一夜 レオ・ニシムラ レオ・プロダクション時代
2022年 ロックンおヨネ 鴫野彰 2021年度若手アニメーター育成プロジェクト「あにめのたね2022」参加作品
2023年 もしメタ -もし女子高生がメタバースで巫女になったら- 江上雅之 2022年度若手アニメーター育成プロジェクト「あにめのたね2023」参加作品

仕上担当作品[編集]

テレビアニメ
劇場アニメ
OVA

制作協力[編集]

その他[編集]

タイトル 備考
1968年 性のハレンチ 提供:大蔵映画、実写作品
2007年 千夜鬼譚 携帯コンテンツ

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 会社案内(沿革)”. スタジオエル. 2022年4月6日閲覧。
  2. ^ スタジオエル公式サイトのスタッフリストに、アニメ・スポット所属者も列挙されている。

関連人物[編集]

アニメーター・演出家[編集]

役員[編集]

  • 西村龍徳(代表取締役社長)
  • 西村龍衛(専務取締役)
  • 釋迦郡卓(取締役・プロデューサー)
  • 西村徹也(取締役・撮影部長)
  • レオ西村(創業者)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]