超ロボット生命体トランスフォーマー マイクロン伝説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
超ロボット生命体トランスフォーマー
マイクロン伝説
ジャンル ロボットアニメ
アニメ
監督 うえだひでひと
シリーズ構成 もとひら了
キャラクターデザイン おもてじまじろう
メカニックデザイン 福島秀樹、小倉信也、小川浩
村田護郎、やまだたかひろ
音楽 松尾早人
アニメーション制作 アクタス
製作 テレビ東京NAS
放送局 日本の旗 テレビ東京系
大韓民国の旗 SBS
放送期間 アメリカ合衆国の旗 2002年8月23日 - 2003年10月3日
日本の旗 2003年1月10日 - 2003年12月26日
大韓民国の旗 2004年12月20日 - 2005年5月16日
話数 全52話
テンプレート - ノート
ウィキプロジェクト アニメ
ポータル アニメ

超ロボット生命体トランスフォーマー マイクロン伝説』(ちょうロボットせいめいたいトランスフォーマー マイクロンでんせつ)は、トランスフォーマーシリーズに属するテレビアニメ。全52話。略称は「マイ伝」

特徴[編集]

2002年の途中で米国にて放送が決まり、前番組の『爆闘宣言ダイガンダー』の終了を速めて2003年1月10日から日本で放送開始された。日本では同年12月26日までにテレビ東京系列6局(テレビ北海道テレビ東京テレビ愛知テレビ大阪テレビせとうちTVQ九州放送)をはじめとした日本の放送局にて放送された。TXNでの放送時間は金曜日18:00 - 18:30アメリカ合衆国では『TRANSFORMERS ARMADA』というタイトルで2002年8月23日から2003年12月12日までカートゥーン ネットワークで放送された。また、BSジャパンでは2003年4月8日から2004年3月30日まで毎週火曜日午後6時55分台に時差ネットで放送された。 それ以前のトランスフォーマーシリーズと全く世界観の繋がりを持たない、全くの0から作られた、新世代シリーズの幕開けとなった作品。

過去のトランスフォーマー作品に登場したキャラクターの名前と姿をリメイクしたようなキャラクターの比率が大きい。終盤のユニクロン編は『トランスフォーマー ザ・ムービー』のオマージュとも言える演出が見られる。また、トランスフォーマーシリーズで初となる、ユニクロン玩具化を果たした作品でもある。

シリーズの特徴としてマイクロンをエボリューション(合体)することによって武器が展開したりなどのギミックが発動させることができ、玩具だけでなくアニメ本編にもそれが反映されているが、中盤以降はあまり活かされなくなってしまっている。また本作の政策においては9.11の影響を受けて、「戦争を想起させるのでミサイルを飛ばさない」「光線で処理することにより、痛みを感じさせないようにする」など内容の転換が迫られたという[1]。またBGMや台詞の解釈の変更が行われている。

シリーズ初の日本の地上デジタルテレビ放送で本放送が行われた作品でもある(ただし地デジで視聴できたのはテレビ東京テレビ大阪テレビ愛知の3局のみであり、また視聴できたエピソードも最終版の4話のみであった)。本格的な地デジでの放送は続編の『トランスフォーマー スーパーリンク』から開始されている。

あらすじ[編集]

エボリューション(合体)することによりトランスフォーマーに新たな力を与える新種のトランスフォーマー「マイクロン」。戦いを好まない彼らは400万年前セイバートロン星を脱出。マイクロンを乗せた船は地球へと墜落する。

400万年後、地球の少年ラッド達が彼らの不時着した宇宙船で発見したひとつのパネルからマイクロンが出現。その復活の信号に応じ、サイバトロンとデストロンの両軍が地球に到着。マイクロンの力を使い、宇宙を我が物にせんとするメガトロン率いるデストロン。ラッド達と協力しマイクロンと宇宙の平和を守るために戦うコンボイ率いるサイバトロン。

地球を舞台に両軍のマイクロン争奪戦が開始される。

主な登場人物[編集]

サイバトロン / Autobots[編集]

MC-01 総司令官コンボイ / Optimus Prime(トレーラートラック
- 大川透 / 英 - ゲイリー・チョーク
マイクロンの目覚めを察知し、彼らを守るために地球へやってきたサイバトロン総司令官。トレーラートラックのキャブ部分に変形する。マイクロン達をあくまで友、仲間として迎え入れようとし、戦いから開放するために戦う勇敢な司令官。39話にて一時地球を守り犠牲になるが、42話でマトリクスとマイクロン達の手により復活。パートナーマイクロンはプライム。武器は「コンボイガン」、両腕の「ダブルカットアウト」。必殺技は、両手を組み合わせて放つ光球「ビッグパンチ」。
さらにトレーラー後部と変形合体しコンボイ スーパーモードとなる。この時のエボリューションにより、必殺技「マックスファイヤー」を発射。また、トレーラーの後部は戦闘基地にもなる。最終2話では全身が紺色のファイナルバトルカラーに変化した。
冷静で真面目かつ平和を愛する性格で、仲間たちからの信頼も厚いが、彼の映像を初めてみた地球の少女アレクサには「こいつも(メガトロン同様)悪そうな面構えね」と言われてしまった。また、実は普段の性格は「サイバトロンの総司令官」に相応しい振る舞いをしているにすぎず、本質的には戦い好き。ユニクロンを倒した後、決着を望むメガトロンに答える形で総司令官の証であるマトリクスを放棄、一介のトランスフォーマーとしてメガトロンとの決戦に挑んだ。
玩具は、大型商品「コンボイ スーパーモード」と、キャブのみを再現した「STDコンボイ」の2種類が発売された。
STDコンボイにはもう1人のパートナーマイクロンサージが付属するが、本編には登場せず、前半のオープニングにてコンボイの背中にエボリューションしパンチを放つシーンが描かれたのみ。
他のシリーズに登場したコンボイと区別するため、海外でのタイトルを引用して「アルマダコンボイ」と呼ばれることもある。
続編の『トランスフォーマー スーパーリンク』にはグランドコンボイとして登場。
ジェットコンボイ / Jet Optimus
第26話から登場。コンボイとジェットファイヤーがリンクアップ(合体)した姿。ジェットファイヤーが下半身に変形し、合体する。これによりコンボイは飛行可能となる。
究極総司令官マグナコンボイ
第43話から登場。コンボイ スーパーモードとウルトラマグナスがリンクアップ(合体)した姿。ウルトラマグナスが両肩のマトリクスキャノンとして合体する。
玩具はトイザらス限定商品として「限定版マグナコンボイ DXセット」が販売。ファイナルバトルカラー版コンボイはこの商品に含まれる。
超究極総司令官マグナジェットコンボイ
第48話から登場。コンボイとジェットファイヤーとウルトラマグナスがリンクアップ(合体)した姿。ジェットファイヤーが下半身に変形し、ウルトラマグナスが両肩のマトリクスキャノンとして合体する。2回登場したが一度も戦闘は行わず、移動手段として使われたのみ。
プライム / Sparkplug(ランボルギーニ・ディアブロ
第4話から登場。コンボイのパートナーマイクロン。ランボルギーニ・ディアブロに変形。ビッグキャニオンにて発見された。コンボイを守るためなら小さいながらも体を張り、コンボイの復活にも活躍した。
日本名は当初スパークとなる予定だった[2]
サージ / Over-Run(ジェット機
アニメでは前半のOPのみ、玩具では「STDコンボイ」のパートナーマイクロンとして登場。ジェット機に変形。
MC-02 副官ラチェット / Red Alert(救急車
声 - 沢木郁也 / 英 - ブライアン・ドブソン
第2話から登場。コンボイと共に地球へやってきたサイバトロン戦士。コンボイとは古くからの仲で、彼の副官を勤める。ホットロッドからは「ラチェットのとっつぁん」と呼ばれる。SUV型の救急車に変形。冷静だが熱心な性格である。メカニックや医療も担当しており、機械の修理や子供たちの安全のためにサイバーホークを製作したり、グラップを瀕死の重傷から復活させたこともある。また、ダブルフェイス侵入事件により、基地の警備の重要性を痛感し、以後、基地の守りのために留守番役を引き受ける。43話でスカージの攻撃により瀕死の重傷を負うがマイクロンの力によりラチェット スーパーモードとして復活。
パートナーマイクロンはフック。エボリューションにより胸部から「エナジーブラスト」、背部から「ポイントブラスター」が出現。
フック / Longarm(クレーン車
第3話から登場。ラチェットのパートナーマイクロン。クレーン車に変形。地球にあるマイクロンシップの残骸付近から発見された。玩具上ではラチェットを復活させた際にスパークフックへ変化。
MC-03 戦士ホットロッド / Hot Shot(スポーツカー
声 - 岡野浩介 / 英 - ブレント・ミラー
第2話から登場。コンボイと共に地球へやってきたサイバトロンの若き戦士。スポーツカーに変形する。年齢は地球人でいう16歳ぐらいで、ラッド達と一番仲が良くなった。血気盛んで感情的になりやすい。そのために思わぬ失敗をしてしまうことも多いが、戦いの中で成長していき司令官代理を任されるほどになる。スタースクリームがそうだったように、彼もコンボイにより次期リーダー候補として見られていた節がある。
43話でスカージの攻撃により瀕死の重傷を負うがマイクロンの力によりホットロッド スーパーモードとして復活。
終盤、ユニクロンの脅威に立ち向かおうと、単身でメガトロンに共同戦線の交渉へ向かう。
若くしてコンボイの部隊に配属されたり、司令官代理を務めたりと意外にも出世頭のようである。
パートナーマイクロンはジョルト。エボリューションにより背部より「ジャイアントバズーカ」を使う。ビークルモード時に合体することで空を飛ぶこともできる。
日本版の玩具では右手に発光ギミックが追加されている。
続編の『スーパーリンク』にはホットショットとして登場。
ジョルト / Jolt(ヘリコプター
第3話から登場。ホットロッドのパートナーマイクロン。ヘリコプターに変形。地球にあるマイクロンシップの残骸付近から発見された。彼の持つエンジンパーツはホットロッドの武器となる。玩具上ではホットロッドを復活させた際にスパークジョルトへ変化。
MC-04 戦術家グラップ / Smokescreen(クレーン車ショベルカー
声 - 宝亀克寿 / 英 - デイル・ウィルソン
第10話から登場。コンボイとともに地球に来た戦士だが、ワープするタイミングが遅れたため一人はぐれてしまい、遅れて合流した。クレーン車に変形。普段は温厚だが、荒っぽく気の短いところがあり、最初はラッド達をデストロンと勝手に思い込んで発砲した事があった。老け顔で、なぜか江戸弁で話すこともある。長距離射程の武器を持つが本人は前線での戦いを好む。特にパートナーマイクロンリフトとのエボリューションによる「ロングランチャー」は長距離射程を持つのでコスモテクターの射出に役立っている。33話でメガトロンの手に渡ったアストロブラスターにより瀕死の重傷を負うが、ラチェットの手により34話にてグラップ・スーパーモード / Hoistショベルカー)に生まれ変わり、コスモテクター射出も腕を大回転させて投げるというものになった。
玩具はグラップとは別のキャラクターとして開発されていたが、ストーリー上の都合でグラップの強化版という設定となった。海外発売版の玩具SmokescreenとHoistが別人という設定なのはこの名残[3]
リフト / Liftor(フォークリフト
第14話から登場。グラップのパートナーマイクロン。フォークリフトに変形。山岳地帯で発見された。玩具の設定上スパークリフトというパワーアップ版が用意されていたが(てれびくんのイラストではグラップと共に破壊されるシーンが描かれた)、アニメ版ではグラップが強化されてからもリフトのままで登場。設定がはあるため、登場予定そのものはあった[2]
MC-07 軍曹デバスター / Scavenger(ブルドーザー
声 - 藤原啓治 / 英 - ワード・ペリー
第14話から登場。老練な性格の傭兵。ブルドーザーに変形。性格はおおらかだが多くの戦いを生き抜いただけはあり、冷静で判断力がある。最初はデストロンとして参戦するが、メガトロンの卑劣なやり方や、敵として戦ったホットロッドに「未来」を見いだしたため、傭兵としての勤めを果たした後はデストロンを脱退し、サイバトロンに組する。
元々は、歴としたサイバトロン戦士で教官だったが、戦いで教え子や部下を死なせたくないあまりに厳しくしごき、それがサイバトロン上層部から咎められ、理解されない失意のために傭兵となったという。傭兵としてコンボイとは敵としても味方としても過去何度も関わっており、お互い信頼は厚い。軍曹としてコンボイの教官を勤めていたこともある。サイバトロンに入った当初はラチェットなどから疑いの目で見られていたが、コンボイとのコンビプレーで納得させた。武器は持たず1対1の格闘戦を好む(ただし、手からビームを放つことはできる)。ホットロッドを弟子としてしごき、若く無茶をする彼をたしなめる場面も多かった。日本版ではスパイ行為から最も遠い男と設定されているが、海外版ではコンボイの命令でデストロンのスパイをしていたと設定が違っている。
パートナーマイクロンはダート。エボリューションにより腰部から「ドーザーキャノン」を発射。
デバスターの名はG1シリーズに登場した6体合体兵士だが、今回は合体兵士の名称ではなく個人名である。
ダート / Rollbar(バギー
第17話から登場。デバスターのパートナーマイクロン。バギーに変形。デストロンが手に入れられたマイクロン達の中に彼の脚が写っており、デバスターと共に脱退したと思われる。
MC-08 射撃手シルバーボルト / Blurr(プロトタイプカー
声 - 千葉一伸 / 英 - ブライアン・ドラモンド
第20話から登場。デバスターの弟子。プロトタイプカーに変形。クールで少し愛想が悪く、「やれやれだな」が口癖。当初はマイクロンを戦いの道具と考えていたが、ホットロッドのマイクロンに対する行動やパートナーマイクロン・ターボを見て仲間と考えるようになり、ホットロッドとのチームワークも身に着ける。サイバトロン屈指のスナイパーであり、また、宇宙船の操縦も受け持つ。エボリューションによりフライトモードに変形できる。だが、特技が射撃である反面、接近戦は苦手らしく、コスモテクターを持っていたにも関わらず、スタースクリームのウィングブレードの前に敗れ去ったこともあった。
ターボ / Incinerator(ドラッグカー
第20話から登場。シルバーボルトのパートナーマイクロン。ドラッグカーに変形。シルバーボルトがアイアンハイドの持っていたマイクロンパネルを狙撃し入手、そのまま共にサイバトロンに加入。シルバーボルトを仲間と判断して着いて行き、彼の考えを変えさせた。
MC-09 副司令官ジェットファイヤー / Jetfire(スペースシャトル
声 - 千葉進歩 / 英 - スコット・マクニール
第25話から登場。セイバートロン星での留守を任されていたサイバトロンの副司令官であり、途中で地球へとやって来る。地球に来る途中でスキャンしたスペースシャトルに変形。サイバトロンで数少ない飛行可能な戦士で、「天空の騎士」を自称するが、本人以外誰もそう呼ばない。若くして副司令を務めているだけあって戦闘面では優秀だが、ノリが軽く物事を深く考えないタイプであり、仲間からだけでなく敵にさえ呆れられることも。しかし、時に仲間を気遣ったりと冷静な面も見せる。「プラズマブラスター」が武器。コンボイとリンクアップ(合体)することによりジェットコンボイになる。
パートナーマイクロンはソナー
続編の『スーパーリンク』にはスカイファイヤーとして登場。
ソナー / Cometor(探査車
第36話から登場。ジェットファイヤーのパートナーマイクロン。探査車に変形。レーダーでマイクロン捜索に活躍する。玩具版ではジェットファイヤーの着陸脚にも変形するがアニメでは描写はされなかった。
MC-10 情報員ステッパー / Sideswipe(スポーツセダン
声 - 小伏伸之 / 英 - サムエル・ビンセント
第31話から登場。元十連部隊所属の戦士。スポーツセダンに変形。憧れのシルバーボルトを追いかけて地球に来た戦士。しかし、まったく相手にされずホットロッドの部下になり、命がけで自分を救ってくれたホットロッドを「兄貴」と慕う。普段は弱気だがビークルモードでは乱暴な言葉遣いになるなど、少々多重人格気味(ムックによれば思考回路にターボが掛かるだけなので、多重人格ではないとされる)。必殺技はホットロッド直伝の「ジャイアントアッパー」。パートナーマイクロンはチャー。エボリューションにより高速形態に変形できる。
チャー / Nightbeat(オートバイ
第31話から登場。ステッパーのパートナーマイクロン。バイクに変形。
MC-14 惑星参謀ウルトラマグナス / Overload(シャトルキャリア)
第43話から登場。シャトルキャリアに変形。密かに開発されていたらしく、人格があるかは不明。コンボイと合体でマグナコンボイ、ジェットコンボイとの合体でマグナジェットコンボイになれる。初期設定はTFではなくマイクロン基地という設定で、シナリオもそれを前提で組まれていたが、急遽設定が変更されたためアニメに取り入れる余裕がなく[4]、ロボットモードは終盤で僅か2カット、ビークルモードは後期アイキャッチのみの登場となった。
マグナス / Rollout(トラック
第43話から登場。ウルトラマグナスのコアとなるマイクロン。トラックに変形。
MC-05 偵察員サイバーホーク / Laserbeak(ビデオカメラ
第3話から登場。ラチェットが開発した鳥型のサポートメカ。ビデオカメラに変形。子供達の声により、物事の伝達や通信などを行う。後に破壊されるがラチェットの手により2体目が開発される。また、スタンガンのように放電したり、羽で相手を切り裂く等の攻撃機能も備えている。
サイバトロン戦士
声 - 清水敏孝、その他
ホットロッドとランページがかつて所属していた部隊の戦士達。旧作のキャラクターをモデルにしている。
また、第1話にてマイクロンの信号を受け取ったセイバートロン星、終盤においてセイバートロン星にいた兵士たちにも旧作のキャラが確認できる。

デストロン / Decepticons[編集]

MD-01 破壊大帝メガトロン / Megatron(90式戦車
声 - 梁田清之 / 英 - デビッド・ケイ
宇宙征服を狙うデストロンの指導者。マイクロンの目覚めを知り地球にいち早く襲来した。戦車に変形する。コンボイとは歴年のライバルで常に彼と雌雄を決することを望んでおり、コンボイが思いがけない死を迎えた際には絶叫し、コンボイが甦った際には一番喜ぶなど、ある種の友情に近い感情を持つ。
力を信望する軍人肌だが喜怒哀楽の描写が多く、自分の感情に非常に素直である(バレルが仲間になった際には一句詠み、スターセイバーを手に入れた際には子供のように喜び、剣を振り回しながらダブルフェイスをはじめとする部下達を嬉々として追いかけ回した)。部下達の中で特にスタースクリームに辛く当たるが、実は彼がいつか自分を超えることを願っており、厳しい態度には師弟愛もあった(作戦上の都合や、自身の我儘でスタースクリームを貶めることもあったが)。
43話でスカージの攻撃により瀕死の重傷を負うがマイクロンの力によりメガトロン スーパーモード / Galvatronとして復活。終盤、打倒ユニクロンのためにコンボイを倒しサイバトロンも支配下に置こうとするが、スタースクリームの命を掛けた説得に心が動き、コンボイたちサイバトロンと共闘する。その後、ユニクロン内部でダブルフェイス(ユニクロン)の言葉について考え、自らの存在意義を懸けてコンボイと決闘する道を選択する。その際に消えようとするユニクロンの闇に吸い込まれそうになったコンボイを庇い、悪は不滅であることを唱えながら自らその闇の中へと消えていった。
唯一コンボイと和解して死んだメガトロンであったが、続編の『スーパーリンク』でガルバトロンとして復活した彼はそのことをすっかり忘れている。
パートナーマイクロンはバレル。エボリューションによりフルバーストモードに変形できる。
頭の形状とビークルモードから、ビリーには「鍬形頭」、スラストには「クワガ・タンク」と陰口を叩かれていた。玩具にはマイクロンの捕獲用のギミックを満載している。
バーニングメガトロン
第29話から登場。メガトロンとショックウェーブが合体した姿。アニメではこの呼称はされなかった。ショックウェーブが三つに分離し、両腕と背部に合体する。これによりメガトロンは飛行可能となる。
ショックウェーブと合体できることを知っていたのはスラストとショックウェーブだけのようであり、地球での合体が初めてのようで、飛行できるようになったことを大いに喜んでいた。メガトロン スーパーモードにも合体可能。
バレル / Leader-1(自走砲
第2話から登場。メガトロンのパートナーマイクロン。自走砲に変形。他のマイクロンより好戦的で、単独での砲撃も行う。メガトロン自身も気に入っている。フルバーストモードでは胸部に合体している。メガトロンを復活させた際にスパークバレルに変化。
MD-02 航空参謀スタースクリーム / Starscream(戦闘機
声 - 山野井仁 / 英 - マイケル・ドブソン
第2話から登場。デストロンの若き「次期リーダー候補」(No2はスラスト)。戦闘機に変形。野心家ではあるものの、今までのシリーズの「スタースクリーム」の像とは全く異なり、誇り高く、正々堂々とした性格。戦士としての倫理に外れた行為を嫌い、サンドストームの子供達を人質にしてマイクロンを奪うという卑劣な作戦にも最後まで難色を示していた。
スラストの企てた作戦で、知らぬ間に見捨てられ独り囮に使われたこととメガトロンへの怒りから、復讐のために一時期サイバトロン入りをする。アレクサ達人間との交流などを経て友情と愛情に目覚める(マイクロンを気遣ったり、アレクサ達に火星の石をお土産に持って来るなど、元々根は優しい性格だったと思わせる面も見せている)も、スラストの入れ知恵に乗ってしまい、不本意ながらも裏切ってしまった。しかし、心はサイバトロン側の思想に寄っていたこともあり、仲間内では浮いた存在になり孤立気味になってしまう。自分を受け入れてくれたサイバトロンを裏切ってしまった事に関しては後ろめたい気持ちがあったようで、後にサイバトロンと交戦した際はホットロッドの拳を甘んじて受けたり、謎の惑星でメガトロンにとどめを刺されかけていたラチェットとホットロッドを「コンボイを倒すための捕虜にするのがよい」とメガトロンに提案して二人の命を助けたりもした。また、39話にてヒュドラキャノンでの地球への砲撃作戦が失敗した時には、心から安堵の表情を浮かべている。
43話でスカージの攻撃により瀕死の重傷を負うがマイクロンの力によりスタースクリーム スーパーモード / Thundercrackerとして復活。48話で、サイバトロンやアレクサたちを助けるために、頑としてコンボイを倒し単独で両軍を指揮しようとするメガトロンに決闘を挑み、信念とその強さをメガトロンに見せつけた後あえて斬られ、「最高の戦士」であるメガトロンと、「信頼のおける指揮官」であるコンボイに、全トランスフォーマーの未来を託し、最後は命を掛けてユニクロンに向かってナル光線キャノンを放ち(しかし後述するようにグリッドとのエボリューションを途中で解除したため届かなかった)、ユニクロンの攻撃により死亡した。その死を知ったラッドやアレクサ達は全員悲しみ、メガトロンも彼の命を掛けた信念とその死を受けて悲しみそして怒り、コンボイと共にユニクロンと戦うことを選択した。
パートナーマイクロンはグリッド。エボリューションによりナル光線キャノンが出現。G1のような麻痺光線ではないようで、直接的な破壊力を持つ。
変形させた左羽によるウィングブレード、スターセイバーを使った活躍により、スタースクリーム=剣の達人というイメージが作られ、後の『スーパーリンク』や『ギャラクシーフォース』にも受け継がれる。
スーパーモードは、海外名やカラーリングなどG1の彼の色替えキャラクターであるサンダークラッカーをイメージしている。
グリッド / Swindle(フォーミュラ1
第6話から登場。スタースクリームのパートナーマイクロン。森林地帯の木にめり込んでいるところを発見された。スピードに拘るスタースクリームによりF1をスキャン。スタースクリームを復活させた際にスパークグリッドへ変化。ユニクロンの攻撃によりスタースクリームが散る際はエボリューションを彼の手により解除されたために生存、その後サイバトロンの元に引き取られた。
MD-03 破壊兵アイアンハイド / Demolishor(対空戦車
声 - 遊佐浩二 / 英 - アルヴィン・サンダーズ
第2話から登場。メガトロンとともに地球に来たデストロン戦士。対空戦車に変形。実直な性格でメガトロンに忠実。自分で考えるのが苦手であり、すぐメガトロンに頼る。また、デストロンのためを思い、仲間を大切にし、スタースクリームほどではないが、マイクロンに対する愛情もある。あまりの忠実さゆえに自分の手に入れたマイクロンを横取りされたこともあるなど、良くも悪くも、デストロンに向いていない戦士。指からの「フィンガーカノン」、肩の「アイアンミサイル」など武器が重火器に重点が置かれているために強さは火力に特化されており、そのためか格闘戦は苦手らしく、スタースクリームとのマイクロン争奪戦では格闘戦で負けたが、結果的にこの負けが、力不足を補うためとしてマイクロンを授けられる理由になった。メガトロンの命令によりスターセイバーを受け取りに来た際、スタースクリームがウィングブレードを手にした時は彼の意向通りにするなど、スタースクリームを恐れているような面もあったが、後半、スタースクリームがデストロンに復帰した後は彼に対する見方が変わったようで、孤立してしまったスタースクリームを唯一心配していた。43話でスカージの攻撃により瀕死の重傷を負うがマイクロンの力によりアイアンハイド スーパーモードとして復活。パートナーマイクロンはサーチ
続編の『スーパーリンク』にも引き続き登場。
サーチ / Blackout(レーダー車
第3話から登場。アイアンハイドのパートナーマイクロン。誘導レーダー車に変形。メガトロンにアイアンハイドのパートナーに任命された。センサーでマイクロンパネル捜索に活躍し、また砲手を務める場合もある。アイアンハイドを復活させた際にスパークサーチへ変化。ユニクロンのデータ採取にも活躍した。
50話にてユニクロン捜索時にアイアンハイドとはぐれてしまうが、ホットロッドが見つけ出しアイアンハイドの下に無事返された。
後に『トランスフォーマーキスぷれTF情報局』ラジオドラマ第二部にも出演を果たし、あたりを助け、メリッサと共にアイアンハイドの姿を探した。
MD-04 空中攻撃兵サンドストーム / Cyclonus(攻撃ヘリコプター
声 - 千葉一伸 / 英 - ドン・ブラウン
第2話から登場。メガトロンとともに来たデストロン戦士。攻撃ヘリコプターに変形。残忍で攻撃的、卑怯な事も平然と行うデストロンらしい性格の戦士で「ラリホー」などの高笑いを上げながら攻撃をする。ドジで撃墜されることも多いが、至ってマイペースで全く懲りることは無く、負けが続いたことでデストロン内部が不穏な空気になった時も彼だけはいつも通りだった。ユニクロンの捜索をした際には勝手に攻撃を開始したが、その際一緒にいたデストロン戦士達も共に「ラリホー」と絶叫して突撃していくなど、こんな彼でも慕う部下はいるようである。
パートナーマイクロンはキャノン。エボリューションによりコックピット部分が変化。また、デストラクションマイクロンチームともエボリューションを行った。
初期から登場したマイクロンを除くTFで唯一、最後まで死亡及び転生しなかった。
続編の『スーパーリンク』にも引き続き登場。
キャノン / Crumplezone(戦車
第3話から登場。サンドストームのパートナーマイクロン。戦車に変形。ラッド達から奪い取ったマイクロンパネルより覚醒。
MD-05 軍師スラスト / Thrust(垂直離着陸機
声 - 遊佐浩二 / 英 - コリン・マードック
第25話から登場。中盤から登場したデストロンの参謀。戦闘VTOLに変形。透明化能力も持つ。基本的に仰々しい丁寧言葉で喋る。過去、幾度もサイバトロンを苦しめた功績から「冷徹軍師」の異名を持ち、その行動は多分に知略による。初登場後しばらくは作戦会議時に星占いを行い「おぉ、これは吉兆…」と言うのが通例だったが、基本的にその作戦は失敗する。
当初は実質上のNo2的存在として忠実にメガトロンに仕えており、知略を駆使した作戦やショックウェーブを呼び寄せるなどしてサイバトロンをこれまでになく追い詰めるが、ジェットファイヤーやリンクアップ、アストロブラスターといった不確定要素や自身の慢心で頻繁に失敗してしまう。後半ではいつまでも野望を果たせないメガトロンを見限り、ダブルフェイスの語る「大いなる力(ユニクロン)」を聞き迎合、ユニクロンに仕え自らの知略を最大限に生かそうと、デストロンを裏切る。しかし、その自身の知略への過信がダブルフェイスに利用されており、ダブルフェイスの正体(=ユニクロン)も、ユニクロンが自らの故郷であるセイバートロン星を攻撃することも知らされていなかった。50話でユニクロンが自分の存在を全く意に介さず、挙句の果てに故郷を破壊しだしたことでようやくユニクロンを疑い始めるが、結局自分の考えが間違っていたことを認められずメガトロンを罵倒し、最期はユニクロンのトランスフォームに巻き込まれ、メガトロンに完全に見捨てられた挙句スパークごと潰され死亡した。
特徴的な姿形(G1スラストを彷彿させるコーンヘッドと短い羽)からか「烏賊蜻蛉(イカトンボ)」と呼ばれ、本人はとても気にしている。
日本名は当初スカイワープとなる予定だった[2]
パートナーマイクロンはサンダー
サンダー / Inferno(耕耘機
第25話から登場。スラストのパートナーマイクロン。耕耘機に変形。覚醒した後にデストロンに幽閉されていたところをスラストにパートナーとして選ばれた。スラストと同様に透明化の能力と飛行能力を持つ。エヴォリューションしたことはなく、スラストの謀略が見抜かれた際、玩具ではエヴォリューションしないと発動しないはずの翼が回転するギミックをスラストは平然と使っていた。
MD-06 提督ショックウェーブ / Tidal Wave(戦艦
声 - 山野井仁 / 英 - ダグ・パーカー
第28話から登場。スラストが呼び寄せた巨大トランスフォーマー。「フリートトップ」「フリートライダー」「フリートクラフト」の3隻(それぞれが空母、双胴戦艦、揚陸艦をモチーフとしている)に分離可能な戦艦に変形する。過去に数々の戦いでサイバトロンを苦しめた経歴を持ち「豪腕提督」とも呼ばれている(口癖も「ゴーワン」)。その巨体と全身の重武装でコンボイ達を苦しめた。ジェットコンボイと単独で対等に戦い、ジェットコンボイがスターセイバーを手にして戦ってようやく撃退するほどの強敵でもある。ビークルモードでは真下が死角になるという弱点がある。性格は意外と律儀だが片言言葉で、提督という肩書きを持つ割には知能に難がありそうな場面も見られる。メガトロンと合体することによりバーニングメガトロンになる。初登場した際にはかなりの巨体として描写されているが、後の回で他のデストロンより一回り大きい程度になっている。
続編の『スーパーリンク』にも引き続き登場。
テックスペックでは、知能はアニメほど低くなく、無駄口や誰かとつるむ事を好まない人物とされている。
ソニック / Ramjet(戦闘機
アニメには登場しない。ショックウェーブのパートナーマイクロン。戦闘機に変形。
MD-07 戦闘員ランページ / Wheeljack(スポーツカー
声 - 千葉進歩 / 英:マイケル・デンジャフィールド
第31話から登場。元サイバトロン戦士という経歴を持つデストロン兵士。ホットロッドの旧友。スポーツカーに変形。過去の戦いで、炎に囲まれていたところをホットロッドに救助を依頼し、ホットロッドは助けを呼びに立ち去ったところをメガトロンに助けられる。その恩に報いるためにデストロンに加わるが、その忠誠はデストロン軍団ではなく、メガトロン自身に向けられている。口数は多い方ではなく、他の仲間と会話することはないが、メガトロンのためになるのであれば、メガトロンにも意見する。黒いボディと胸の傷ついたサイバトロンマークが印象的、デストロンシンボルはその下に小さく描かれている。敵同士ではあるがランページはホットロッドのことを今でも親友と思っており、ホットロッドが過去のことを悔いてることを察し、忘れさせようともしている。わずかな距離だが瞬間移動の能力を持っている。サイバトロンとデストロンとの共闘の交渉に来たホットロッドの事を信じ、その後見事なコンビプレーを見せる。
テレビマガジンでは「自分を見捨てたホットロッドを恨んでいる復讐の戦士」として紹介されてしまった。しかし前述のとおり、ランページが作中においてホットロッドへの復讐を目論んでいるような描写はない。
かつて、サイバトロンに所属していた際は白いボディだった。
ホーク / Wind Sheer(ステルス機
アニメには登場しない。ランページのパートナーマイクロン。ステルス機(F-117A)に変形。
デストロン戦士
ユニクロンの捜索のために派遣されたデストロン達。サンドストームが勝手に攻撃を開始した際には、彼に付いて行き「ラリホー」と叫びつつ突撃していた。彼らのデザインは初代に登場したブリッツウイングやビルドロンマスターフォースに登場したバスター(海外ではパワーマスタードレッドウインド)らの色替え。
バグによる反撃の後アイアンハイドとサンドストームはバーニングメガトロンが迎えに来た(この時同じく派遣されていたホットロッドとステッパーもジェットコンボイが連れて帰った)が、このデストロン達はいなかったため攻撃で死亡した可能性がある。

マイクロン(チーム) / Mini-Cons[編集]

セイバートロン星に突如現れた新種のトランスフォーマー。サイズは人間の子供並みで、他のトランスフォーマーたちに比べ小型。トランスフォーマーと合体(エボリューション)することでトランスフォーマーを進化させ、新たな力を生み出させる持つが、マイクロン自体は総じて戦いが嫌いな性格。

大昔、その力に目を付け道具として利用しようとするデストロンと、マイクロンの意思を尊重し彼らを戦いから遠ざけようとするサイバトロンとの間で戦いがおき、最終的にサイバトロンによりセイバートロン星のマイクロン全てを星から脱出させることに成功するが、多くのマイクロンを乗せた船が途中で攻撃されたことで地球へと墜落、乗員のマイクロンたちはマイクロンパネルへと姿を変え眠りに付いていた。なお、この時地球へ落ちた者たち以外にも多くのマイクロンが宇宙へ散っており、後半ではサイバトロンたちと共にセイバートロン星へ帰還した。

古くから何体かのマイクロンは目覚めや休眠を繰り返していたが、ラッドたちがウィリーたちを目覚めさせたのを期に本格的にマイクロンたちが目覚め始め、またその際に送られた信号を察知してサイバトロンとデストロンの両軍が地球へと現れ、再びマイクロンを巡った争いが始まることとなる。マイクロンパネルから目覚めたマイクロンは、自分を目覚めさせた者を親のように思うため、デストロンに組し積極的に戦うマイクロンもいる。

その正体はユニクロンが生んだトランスフォーマーであり、彼の細胞。特にスターセイバー・コスモテクター・アストロブラスターの三つは特別製であり、眠りに付いたユニクロンを目覚めさせるための力である。両軍の戦いを煽り、また最終的に両軍を滅ぼすために生み出されたが、生まれた直後に起きたある事件で自我に目覚め、ユニクロンの意思から開放され平和を望むようになる。

なお、玩具付属のカードに於いては単純にサイバトロン派、デストロン派の派閥に分かれている模様。

マイクロンは各種3体セットで販売。特別カラーのエクスディメンションズも存在する。

MM-01 親善外交部隊ストリートアクションマイクロン / Street Action Mini-Con Team

ラッド達の乗り物をスキャンしたマイクロン。彼らのパートナーである。主題歌CDとのセットではよりアニメに近い彩色のものが販売された。トイザらス限定商品として「限定版マグナコンボイ DXセット」にクリスマスカラーバージョンが同梱された。

コンピュータープログラマーウィーリー / High Wire(マウンテンバイク
声 - 富坂晶
ラッドのパートナーマイクロン。地球において最初に覚醒した。マウンテンバイクに変形。中盤から言語を話せるようになる。
基地防衛員バンク / Grindor(スケートボード
声 - 中井将貴
第2話から登場。カルロスのパートナーマイクロン。スケートボードに変形。笑ったり感情を表す時、背中の羽がパタパタと動く。
戦士アーシー / Sureshock(スクーター
声 - 前田ゆきえ
第2話から登場。アレクサのパートナーマイクロン。スクーターに変形。他の二人のマイクロンに比べておとなしい。
バンブル / Perceptor
声 - 富坂晶
第4話から登場。ウィーリー、バンク、アーシーの三体が合体したロボット。小柄なサイズを生かして敵を撹乱する。
MM-02 航空防衛部隊エアディフェンスマイクロン / Air Defense Mini-con Team

3体共々に航空機で編成された部隊。3体でスターセイバーに合体する。玩具ではコンボイ スーパーモードかホットロッドに持たせる事でLEDで刀身を光らせる事ができる。また、エンディングCDとのセットではスターセイバー合体時をイメージしたクリアブルー成型のものが販売された。エクスディメンションズでは炎をイメージした赤系のカラーリングとなっている。

分析員マッハ / Jetstorm(コンコルド
第5話から登場。氷の中から発見されたマイクロン。コンコルドに変形。
戦士ジェッター / Runway(ソニック・クルーザー
第13話から登場。火山の中で発見されたマイクロン。ソニック・クルーザーに変形。
科学者シャトラー / Sonar(スペースシャトル
第12話から登場。氷の中から発見されたマイクロン。彼の呼びかけにより他の2人も覚醒する。スペースシャトルに変形。
スターセイバー / Star Saber
第13話から登場。3体のエアディフェンスマイクロンが合体した宇宙最強の剣。戦闘時には刃が青い光に包まれる。その力により過去古代文明を滅ぼしたことがある。メガトロンやホットロッド、スタースクリームの手に渡る。ユニクロン復活の最終キーの一つである。
MM-03 陸上防衛部隊ランドミリタリーマイクロン / Land Military Mini-Con Team

3体共々に軍用車で編成された部隊。玩具では手押し式のミサイル(ショットのみスプリング式)を搭載されている。エクスディメンションズでは元とは正反対の彩色となっている。

特殊潜入工作員ボム / Bonecrusher(自走砲
第8話から登場。砂の奥に埋もれた神殿で発見されたマイクロン。自走砲に変形。アイアンハイドは必死に手に入れたが、彼は命令違反を犯したということになり所有権がメガトロンに移る。アイアンハイドにエボリューションした時は彼の火力を強化させた。
戦闘員クラック / Knock Out(臼砲
第22話から登場。スターセイバーを手に入れたデストロンが快進撃の最中に手に入れられたマイクロン。双発の臼砲に変形。
爆発物設置兼処理スペシャリスト ショット / Wreckage(装甲車
第22話から登場。スターセイバーを手に入れたデストロンが快進撃の最中でに手に入れられたマイクロン。装甲車に変形。
MM-04 強襲破壊部隊デストラクションマイクロン / Destruction Mini-Con Team

3体共々に戦闘車両で編成された部隊。玩具ではギアアクションギミックが搭載されており、サンドストームとの連結ギミックがある。エクスディメンションズではパール塗装を使用したカラーリング。

作戦立案参謀クラッシュ / Drillbit(ドリル戦車
第10話から登場。使い捨てられた地下鉄で発見されたマイクロン。ドリル戦車に変形。サンドストームが手に入れ、ドリル攻撃を繰り出していた。玩具では転がすとドリルが回転する。
射撃員ダスター / Dualor(対空戦車
第17話から登場。スターセイバーを手に入れたデストロンが快進撃中に手に入れられたマイクロン。対空戦車に変形。玩具では転がすと砲塔が前後に動く。
破壊兵ホイール / Buzzsaw(バケットホイール型掘削車
第17話から登場。スターセイバーを手に入れたデストロンが快進撃中に手に入れられたマイクロン。バケットホイール型掘削車に変形。玩具では転がすとバケットが回転する。
MM-05 前衛防衛部隊レースマイクロン / Race Mini-Con Team

3体共にレースカーで編成された部隊。3体でコスモテクターに合体する。エクスディメンションズでは氷をイメージした青系のカラーリングとなっている。

基地防衛兵スピン / Downshift(プロトタイプカー
第20話から登場。レース場にて覚醒したマイクロン。プロトタイプカーに変形。両軍を翻弄するが、ホットロッドとシルバーボルトの口論とサンドストームの手によりデストロン側に奪われた。後にコスモテクターが奪還された際にサイバトロン側に。
監視員ドリフト / Dirt Boss(ラリーカー
第14話から登場。岩山で発見されたマイクロン。ラリーカーに変形。
諜報員インディー / Mirage(インディーカー
第14話から登場。岩山で発見されたマイクロン。インディーカーに変形。スタースクリームのパートナーマイクロン・グリッドと変形機構がよく似ている。
コスモテクター / Skyboom
第20話から登場。3体のレースマイクロンが合体した宇宙最強の盾。その力によりかつて古代文明を滅ぼしたことがある。スターセイバー、アストロブラスターをも防ぐ力があるが、その反動により強力なエネルギーが発生する。デストロンが手に入れ、後にグラップの手に渡りフォーメーションの基点となるが、スタースクリームに持ち逃げされてしまう。ユニクロン起動の最終キーの一つである。宇宙最強の盾というのは後付け設定であり、本来は飛行形態だった。
MM-06 高速偵察部隊ストリートスピードマイクロン / Street Speed Mini-Con Team

3体共々に乗用車に変形する。特筆したギミックはないが、このサイズでは限界までプロポーションと可動を施されている。劇中では色違いが数体登場している。

盗賊ジーク / Spiral(メルセデス・ベンツ CLKクラス
第15話から登場。ハイウェイのトンネルにて発見されたマイクロン。メルセデス・ベンツ CLKクラスに変形。劇中では二体登場し、最初の一体はサイバトロンが確保したがその後の一体はデストロンの手に渡る。サイバトロンが確保した直後にはカーモードでジムを車体に乗せ走行したこともある。
逃亡者ニトロ / Oval(サリーン・S7
第17話から登場。スターセイバーを手に入れたデストロンが快進撃の最中で手に入れられたマイクロン。サリーン・S7に変形。
走り屋オート / Backtrack(キャディラック・XLR)
第17話から登場。スターセイバーを手に入れたデストロンが快進撃の最中で手に入れられたマイクロン。キャディラック・XLRに変形。
MM-11 航空戦闘部隊エアミリタリーマイクロン / Air Military Mini-Con Team

3体共々に軍用機に変形する。エクスディメンションズでは黒系のカラーリングで統一されている。

占星術師リーコン / Terradive(ステルス戦闘機
第25話から登場。デストロンが覚醒させたマイクロン。ステルス戦闘機クローに変形。スラストにより航空戦力として使われた。
空中破壊兵フレイム / Thunderwing(ステルス爆撃機
第25話から登場。リーコンと同じくデストロンが覚醒させたマイクロン。ステルス爆撃機手裏剣に変形。
遊撃兵グライド / Gunbarrel(爆撃機
第25話から登場。リーコンと同じくデストロンが覚醒させたマイクロン。爆撃機ガトリングガンに変形。
MM-13 宇宙攻撃部隊スペースマイクロン / Space Mini-Con Team

3体共々に宇宙設備に変形する。3体でアストロブラスターに合体する。エクスディメンションズでは雷をイメージした緑と黄色のカラーリングとなっている。

アポロ / Skyblast(ロケット
第28話から登場。サイバトロン基地の奥にて覚醒したマイクロン。ロケットに変形。戦いと自分の力に恐怖しており、逃げ出しラッドたちに発砲したこともあったが、自分を助けてくれるサイバトロンと自分達のために協力する。
ムーブ / Payload(ロケットトランスポーター
第29話から登場。アポロの呼びかけに海底で覚醒したマイクロン。ロケットトランスポーターに変形。
ミール / Astroscope(衛星
第29話から登場。アポロの呼びかけに月面で覚醒したマイクロン。衛星に変形。
アストロブラスター / Requiem Blaster
第29話から登場。3体のスペースマイクロンが合体した宇宙最強の銃。その威力はTFを瀕死に追い込むほどであり、グラップもその犠牲となった。ユニクロン起動の最終キーの一つである。
MM-15 海上砲撃部隊シーマイクロン / Sea Mini-Con Team

3体共々にシリーズでは数少ない海洋系のビークルに変形する。玩具ではランドミリタリーマイクロン同様、手押し式のミサイルを搭載されている。玩具付属のテックスペックのカードでは、戦いと略奪が好きなデストロン派のマイクロンとして紹介されている。エクスディメンションズではショックウェーブと合わせた紫のカラーリングで統一されている。

ノット / Stormcloud(高速艇
第33話から登場。デストロンが手に入れていたマイクロン。高速艇に変形。ショックウェーブの艦上で狙撃を行った。
セイル / Oceanglide(ソーラーボート
第33話から登場。デストロンが手に入れていたマイクロン。ソーラーボートに変形。ショックウェーブの艦上において狙撃を担当。
フロート / Waterlog(ホバークラフト
第33話から登場。デストロンが手に入れていたマイクロン。ホバークラフトに変形。ショックウェーブの艦上にて狙撃を担当した。
MM-16 局地工作部隊アドベンチャーマイクロン / Adventure Mini-Con Team

3体共々に局地用車両に変形する。玩具ではそれぞれデストラクションマイクロンと同じギアアクションギミックがあり、デストラクションマイクロンとは対を為す。エクスディメンションズではそれぞれ元とは正反対のカラーリングとなっている。

ジャンク / Iceberg(雪上車
第42話から登場。サイバトロンが手に入れていたマイクロン。雪上車に変形。玩具では転がす事でプレートが開閉する。
スパイク / Dunerunner(バギー
第25話から登場。渓谷でデバスターの手により回収されたマイクロン。バギーに変形。玩具では転がす事で砲台が稼働する。
ウィンチ / Ransack(SUV
アニメ未登場のマイクロン。SUVに変形。玩具では転がす事でウィンチが巻き取れる。
MM-17 航空砲撃部隊エアアサルトマイクロン / Air Assault Mini-con Team

エアディフェンスマイクロンの色替えで、3体合体でダークセイバーになる。

マッド / Jetstorm(コンコルド
アニメ未登場マイクロン。コンコルドに変形。
ジャック / Runway(ソニック・クルーザー
アニメ未登場マイクロン。ソニック・クルーザーに変形。
シェード / Sonar(スペースシャトル
アニメ未登場マイクロン。スペースシャトルに変形。
ダークセイバー / Dark Saber
スカージが持っていた暗黒の剣、攻撃を受け消滅した(マイクロンに分離する描写はなく、単なるスカージの武器として登場)。
MM-20 保安警備部隊エマージェンシーマイクロン / Emergency Mini-Con Team

3体共々に救助車両に変形する。ビークルモードの他に武器にも変形し、エアミリタリーマイクロンと対を為す。エクスディメンションズではラチェット スーパーモードに合わせたカラーリングとなっている。

プロール / Prowl(パトカー
アニメ未登場のマイクロン。パトカーに変形。
ドラフト / Firebot(消防車
第36話から登場。火星の衛星にて発見されたマイクロン。ショックウェーブに狙われるが、スタースクリームの呼びかけにより撃退している。消防車ミサイルポッドに変形。
ツイスト / Makeshift(ティルトローター
アニメ未登場のマイクロン。ティルトローター機とガトリングガンに変形。

第三勢力[編集]

MX-01 秘密偵察長ダブルフェイス / Sideways(オートバイ
声 - 櫻井孝宏 / 英 - ポール・ドブソン
第15話から登場。最初は流れ者としてサイバトロンに味方したが、デストロンに寝返り脱退。しかし、その後も陰でサイバトロンのピンチを救うなど、謎の多い人物。バイクに変形。
身体の仕組みが通常のトランスフォーマーとは異なり、スノーノイズのように変化することが可能。その状態では不定形に近く、スターセイバーで両断されようと死ぬことがなく、コンボイたちの砲撃もすりぬけてしまう。また、コンピュータに入り込みインターネット回線を通してのクラッキングや機械そのものを操ることはおろか、サイバトロン基地のディスプレイから直接出現しようとしたり、空間に立体映像のように自身を映し出すような芸当も見せた。
中盤でデストロンからも離脱、ユニクロンの代弁者を名乗り、スカージを使ってホットロッドたちの抹殺を図ったり、スラストを唆して三種の神器を手に入れるなど、ユニクロンの復活と邪魔者の排除に動き続けた。
最終局面ではユニクロンの中心核でメガトロンおよびコンボイと対峙し、ユニクロンの意志を介してこれまでの戦争の真実を語って両者に揺さぶりを掛けて動きを封じ、マイクロン達をも再び支配下に置くが、最後はコンボイによってミラーもろとも葬り去られた。
搭乗者型マイクロン・ミラーから分離したブライト / Rookシャドウ / Crosswiseが頭部に合体することで姿が変わる。実は彼こそがユニクロンの中枢であり、ユニクロン自身の意思だった。
シャドウやブライトと合体していない状態での頭部は、第15、16話に登場したものと第25話に登場したものとでデザインが異なっており、玩具の頭部は前者。
ミラー / (海外名称:なし)
声 - 櫻井孝宏
第15話から登場。ダブルフェイスの本体、即ちユニクロン自身。バイクに変形したダブルフェイスに搭乗する。初登場した際には偽装スーツを着用していた。頭部に合体することでダブルフェイスの姿が変わる。
玩具では2体のマイクロンブライト / Rookシャドウ / Crosswiseに分離しそれぞれがサイバトロンヘッドデストロンヘッドになる。
MX-00 星帝ユニクロン / Unicron
声 - 長克巳 / 英 - マーク・アチェソン
第24話から登場。超巨大惑星型トランスフォーマー。全てのトランスフォーマーを取り込み、滅ぼそうと、セイバートロン星の月に擬態し、サイバトロンとデストロンの戦いの監視と増長を続けていた。他のトランスフォーマーシリーズに登場したユニクロンと同一の存在という設定。
全トランスフォーマーの憎悪と闘争心を活力源としており、さらに争いを激化させるべく画策、その一環として自らの細胞から生み出したのがトランスフォーマーたちとエヴォリューションすることでさらなる力を引き出させるマイクロンたちである。また、マイクロンを介してTF達の意識を乗っ取ることも可能なようだが、地球の子供たちの介入によってマイクロン達に自我が生まれ、彼の作戦は傾き始める。
主な武器は足から放つプラネットストライクと呼ばれるミサイル、そして胸から撃つ波動砲カオスブリンガー。並みの攻撃は全く受け付けない頑強な装甲を持つ。首の装甲は周囲に比べて薄く、また内部からの攻撃には比較的弱いが、高い再生能力を持っており、たとえダメージを受けてもすぐに回復するため、あまり問題ではない。今回は惑星時の状態での捕食シーンは無く、カオスブリンガーで破壊したセイバートロン星の破片をカオスブリンガーの砲塔で吸収するシーンが描かれ、さらに腹部の腹筋に当たる部分が展開して周辺の物体を取り込む事ができる。
最後は体内に突入したコンボイとメガトロンの手で、自らの頭脳細胞であり分身だったダブルフェイスを倒され沈黙するが、完全に滅ぶことは無くメガトロンを取り込んで何処かへと姿を消し、その禍根は『スーパーリンク』まで続くこととなる。
大量破壊兵スカージ(ブラックコンボイ) / Nemesis Prime(トラック
声 - 大川透 / 英 - ポール・ドブソン
第43話に登場するゲストキャラ。謎の惑星に漂着したホットロッド一行の前に表れた謎のTF。その姿はまさに黒いコンボイである。知性が感じられない凶暴な野獣のような戦士であり、四足歩行で走る。コンボイと同じ能力の他に再生能力と暗黒の剣・ダークセイバー / Dark Saberを持つ。
その戦闘力は高く、ホットロッドやラチェット、また同時に降り立ったメガトロン達を瀕死に追いやった。マイクロンの一撃で一度は退けられるものの、直後巨大化して現れ再び襲い掛かるが、マグナコンボイとメガトロンの連携攻撃にて倒される。消滅直前にダブルフェイスがスカージの黒幕だったことが発覚するが、どのように生み出されたかなどは謎である。
玩具は、STDコンボイの色替え。日本ではテレビマガジン誌上の通販限定商品だった。
なお、「スカージ」の名称は玩具発売に際して付けられたものであり、劇中では「ブラックコンボイ」の名で引用される場面があった。
バグ / Dead-End(衛星
第49話から登場。ユニクロン体内、および体表を警備するマイクロンで無数に存在する。小型の衛星に変形。
下級TFならば一撃で葬ることのできる攻撃力を持つが、防御力は低め。
玩具はユニクロンに付属。上級兵にバグジェネラルがいるようだがアニメには未登場。

地球人[編集]

ラッド / Bradley "Rad" White
声 - 中井将貴、幼少時代 - 戸田亜紀子 / 英 - カービー・モロウ
アウトドア好きな少年。偶然トランスフォーマーと出会いサイバトロンに協力するようになる。冷静かつ控えめな性格で、子供たちの中ではアレクサと並んで知能派。そのためカルロス達がスラストに言い包められたスタースクリームを罵倒した時は、彼を信じたいアレクサを唯一心配していた。彼ら地球の子供達の存在が物語終盤の鍵を握ることに。パートナーマイクロンはウィリー
ファーストネームは「ブラッド」だが、第1話で本人が語るのみで、劇中で常に愛称の「ラッド」で通っている。
カルロス / Carlos Lopez
声 - 前田ゆきえ / 英 - マット・ヒル
ラッドの親友の一人。お調子者で、トラブルを巻き起こしてしまう事も。ラッドやアレクサが大人びた態度を取ることが多いのに対して、子供っぽい考えが浅い態度をとる事が多いため、彼らよりビリーやジムと気が合っていることが多い。「スッゲー!」「ひらめいた!」が口癖。パートナーマイクロンはバンク
アレクサ / Alexis
声 - 富坂晶 / 英 - タバサ・セント・ジェルマン
ラッドの親友の一人。勝ち気な少女で、中盤までは何かと他の人物を馬鹿にしたような態度をとる気難しい性格だった。大統領になるのが夢で勉強に励んでいた。デストロンから脱隊したスタースクリームと、最初に友情を結んだ。第2話においてコンボイの事を(彼の事を何も知らなかったとはいえ)「こいつもワルそうな面構えね」と言った。パートナーマイクロンはアーシー
ビリー / Billy
声 - 新垣樽助 / 英 - アンドリュー・フランシス
ラッドの知人の一人。ジムと共にデストロンのサンドストームに拉致されたことをきっかけに、サイバトロンと出会う。普段は強がりな性格だが、実は臆病。アニメファンであるのか、宇宙に出る際にアニメの録画を忘れたらしい。
ジム / Fred
声 - 小伏伸之/英 - トニー・サンプソン
ラッドの知人の一人。ビリーの友達で、子分的存在。食いしん坊であり、よくオヤツを片手に持っている。卑怯なことを嫌い、時折見せる発言や勇気ある行動は周りを驚かせる。パートナーマイクロンはいないが、劇中ではジークバレルと仲良くなっている。また、終盤で両軍が和解した後はメガトロンとも友達になろうと努力したらしく、唯一「メガトロンさん」と呼んでいた。
ケリー
声 - 新千恵子 / 英 - ニコル・オリバー
ラッドのパパ
声 - 楠大典
ラッドのママ
声 - 重松朋 / 英 - エレン・ケネディ
ショーン
声 - 乾政子 / 英 - ダニー・マッキノン
若い女
声 - 谷口理佳 / 英 - キアラ・ザンニ
カメラマン
声 - 川村拓央
少女アンフィトリテ
声 - 高木礼子 / 英 - ケリー・シェリダ
男の子
声 - 松本貴子
ママ
声 - 杉本ゆう
子供
声 - 川崎恵理子神田理江広橋涼 / 英 - キャシー・ウェスラック
女教師
声 - 甲斐田裕子
ナレーター
声 - 大川透 / ジム・コンラッド
日本語版では冒頭のみ。

スタッフ[編集]

  • 企画 - we've
  • 原案 - 石川裕人、スティーブ・ドラッカー
  • 監督 - うえだひでひと
  • シリーズ構成 - もとひら了
  • キャラクターデザイン - おもてじまじろう
  • トランスフォーマー&メカデザイン - 福島秀樹、小倉信也、小川浩、村田護郎、やまだたかひろ
  • トランスフォーム・アニメーター - 阿部宗孝
  • 美術監督 - 坂本信人
  • 色彩設計 - 加藤良高
  • 編集 - 田熊純
  • 音楽 - 松尾早人
  • 音響監督 - 岩浪美和
  • アニメーションプロデューサー - 山東学、南喜長
  • アソシエイトプロデューサー - 服部玲治
  • プロデューサー - 具嶋朋子、山崎立士
  • アニメーション制作 - アクタス
  • 製作 - テレビ東京日本アドシステムズ

英語版スタッフ[編集]

  • 製作総指揮 - スティーブ・ドラッカー
  • プロデューサー - ジェニファー・ツイナー・マッキャロン、ロバート・ウィンスロップ
  • 音声演出・脚色 - テリー・クラッセン
  • 翻訳 - キャサリーン・ウェストレーク、ケビン・マキューン
  • キャスティング・音響製作 - ヴォイスボックス・プロダクションズ
  • 制作 - SDエンターテイメント
  • 配給 - パラマウント ホーム エンタテインメント
  • 製作著作 - ハズブロ

主題歌[編集]

オープニングテーマ[編集]

「TRANSFORMER〜DREAM AGAIN」(第1話(2003年1月10日) - 第26話(2003年7月4日))
作詞 - YOFFY / 作曲 - YOFFY&IMAJO / 編曲 - サイキックラバー&川瀬智 / 歌 - サイキックラバー
「TRANSFORMERS〜鋼鉄の勇気〜」(第27話(2003年7月11日) - 第52話(2003年12月26日))
作詞・作曲・歌 - 高取ヒデアキ / 編曲 - 籠島裕昌

エンディングテーマ[編集]

「NEVER ENDING ROAD」(第1話(2003年1月10日) - 第26話(2003年7月4日))
作詞 - YOFFY / 作曲 - YOFFY&IMAJO / 編曲 - サイキックラバー&川瀬智 / 歌 - サイキックラバー
「DON'T GIVE UP!!」(第27話(2003年7月11日) - 第52話(2003年12月26日))
作詞 - YOFFY / 作曲 - YOFFY&IMAJO / 編曲 - サイキックラバー&Macin' 桑田 / 歌 - サイキックラバー

英語版テーマソング[編集]

「Transformers Armada Theme」
作曲 - SD・エンターテイメント

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 英題 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 放送日(アメリカ) 放送日(日本) 収録DVD&VHS
1 遭遇(であい) First Encounter もとひら了 うえだひでひと 志田ただし 2002年
8月23日
2003年
1月10日
VOL.1
2 擬態(へんしん) Metamorphosis 佐野隆史 永田正美 1月17日
3 仲間(ともだち) Base 高山功 小林一三 1月24日
4 合体(しんか) Comrade 桶谷顕 横田和 畠山茂樹 イ・ジョンマン 9月21日 1月31日
5 武人(せんし) Soldier 外池省二 高田淳 栗井重紀 9月27日 2月7日 VOL.2
6 保護(まもり) Jungle 静谷伊佐夫 青木新一郎 桑原周枝 10月4日 2月14日
7 祝祭(おおさわぎ) Carnival もとひら了 うえだひでひと 上條修 チェ・ブーキュン
チェ・ギョンソック
10月11日 2月21日
8 神殿(たから) Palace 桶谷顕 佐野隆史 永田正美 10月18日 2月28日
9 廃墟(わな) Confrontation 外池省ニ 鴫野彰 松本まさゆき 小林一三 10月25日 3月7日 VOL.3
10 迷路(ちか) Underground 静谷伊佐夫 横田和 楠田悟
畠山茂樹
イ・ジョンマン 11月1日 3月14日
11 記憶(みやこ) Ruin もとひら了 古川順康 栗井重紀 11月15日 3月21日
12 理由(いきさつ) Prehistory 外池省二 大西景介 桜井木ノ実
桑原周枝
11月22日 3月28日
13 聖剣(つるぎ) Swoop 静谷伊佐夫 うえだひでひと 松本まさゆき イ・ジョンマン 11月29日 4月4日 VOL.4
14 強敵(つわもの) Overmatch もとひら了 佐野隆史 永田正美 12月13日 4月11日
15 疾風(はやて) Gale 桶谷顕 伊藤浩二 上條修 12月20日 4月18日
16 慢心(おごり) Credulous 外池省二 高田淳 畠山茂樹 イ・ジョンマン 12月27日 4月25日
17 策略(いんぼう) Conspiracy 静谷伊佐夫 鴫野彰 栗井重紀 2003年
1月10日
5月2日 VOL.5
18 戦友(きずな) Trust もとひら了 青木新一郎 桜井木ノ実
桑原周枝
1月17日 5月9日
19 休日(ほねやすめ) Vacation 桶谷顕 古川順康 松本まさゆき イ・ジョンマン 1月22日 5月16日
20 援軍(あらて) Reinforcement 外池省二 畠山茂樹 1月23日 5月23日
21 前兆(きざし) Decisive Battle 静谷伊佐夫 大宅光子 キム・サンヨク 1月24日 5月30日 VOL.6
22 伝心(ふれあい) Vow 桶谷顕 上條修 チェ・ブーキュン
チェ・ギョンソック
1月25日 6月6日
23 謀反(かくご) Rebellion 佐野隆史 永田正美 1月26日 6月13日
24 幻影(かげ) Chase もとひら了 鴫野彰 山口美浩 桜井木ノ実
寺沢伸介
1月27日 6月20日
25 軍師(ちえもの) Tactician 外池省ニ 高田淳 楠田悟
松本まさゆき
イ・ジョンマン 1月28日 6月27日 VOL.7
26 合身(りんくあっぷ) Link Up 静谷伊佐夫 うえだひでひと 上條修 キム・ジンクァン 1月29日 7月4日
27 発覚(しょうたい)(総集編) Detection もとひら了 松本まさゆき イ・ジョンマン 3月1日 7月11日
28 豪腕(しょうげき) Awakening 外池省ニ 藤森カズキ 畠山茂樹 3月8日 7月18日
29 共鳴(うたごえ) Desperate 桶谷顕 古川順康 岡崎幸男 3月15日 7月25日 VOL.8
30 逃走(かくれが) Runaway 静谷伊佐夫 鴫野彰 山口美浩 寺沢伸介 3月22日 8月1日
31 過去(いんねん)- 前編 Past Part 1 外池省ニ 佐野隆史 松本まさゆき イ・ジョンマン 3月29日 8月8日
32 過去(けっちゃく)- 後編 Past Part 2 栗井重紀 永田正美 4月5日 8月15日
33 犠牲(すていし) Sacrifice 桶谷顕 うえだひでひと 畠山茂樹 イ・ジョンマン 4月12日 8月22日 VOL.9
34 生命(すぱーく) Regeneration 静谷伊佐夫 高田淳 上條修 キム・ジンクァン 4月19日 8月29日
35 救出(かいほう) Rescue もとひら了 藤森カズキ 石倉賢一 イ・ジョンマン 4月26日 9月5日
36 火星(しょうとつ) Mars 桶谷顕 鴫野彰 山口美浩 寺沢伸介 5月3日 9月12日
37 決意(ぷらいど) Crack 静谷伊佐夫 うえだひでひと
栗井重紀
栗井重紀 イ・ジョンマン 5月10日 9月19日 VOL.10
38 脅威(ひゅどらきゃのん) Threaten 外池省ニ 佐野隆史 松本まさゆき 10月3日 9月23日
39 地球(きき) Crisis もとひら了 うえだひでひと 永田正美 10月10日 9月26日
40 悔恨(あせり) Remorse 桶谷顕 古川順康 岡崎幸男 イ・ジョンマン 10月17日 10月3日
41 出立(たびだち) Depart 静谷伊佐夫 佐野隆史 上條修 キム・ジンクァン 10月24日 10月10日 VOL.11
42 奇跡(ふっかつ) Miracle 外池省ニ 青木新一郎 寺沢伸介 10月31日 10月17日
43 怪物(にせもの) Puppet もとひら了 松本まさゆき イ・ジョンマン 9月19日 10月24日
44 帰還(せいばーとろん) Uprising 桶谷顕 藤森カズキ 石倉賢一 11月14日 10月31日
45 確信(うらぎり) Dash 静谷伊佐夫 うえだひでひと 山内東生雄 11月21日 11月7日 VOL.12
46 運命(しんじつ) Drift もとひら了 佐野隆史 うえだひでひと 永田正美 10月10日 11月14日
47 信頼(ぺんだんと) Portent 外池省ニ 古川順康 栗井重紀 イ・ジョンマン 9月28日 11月21日
48 決死(しんねん) Cramp 桶谷顕 うえだひでひと 上條修 キム・ジンクァン 9月29日 11月28日
49 覚醒(ゆにくろん) Alliance 静谷伊佐夫 藤森カズキ 松本まさゆき イ・ジョンマン 9月30日 12月5日 VOL.13
50 連合(そうりょくせん) Union 外池省ニ うえだひでひと 石倉賢一 10月1日 12月12日
51 終結(けっせん) Origin もとひら了 佐野隆史 栗井重紀 永田正美 10月2日 12月19日
52 死闘[5] Mortal Combat うえだひでひと 阿部宗孝 10月3日 12月26日

放送局[編集]

放送局 放送期間 放送日時 備考
テレビ東京 2003年1月10日 - 12月26日 金曜 18:00 - 18:30[6]
テレビ北海道
テレビ愛知
テレビ大阪
テレビせとうち
TVQ九州放送
青森放送 月曜 15:50 - 16:20
岩手めんこいテレビ 月曜 16:54 - 17:24
東日本放送 日曜 6:30 - 7:00
福島中央テレビ 火曜 16:00 - 16:27
テレビ新潟 月曜 16:29 - 16:58
テレビ金沢 火曜 15:55 - 16:25
テレビ信州 金曜 16:20 - 16:50
テレビ静岡 土曜 16:56 - 17:24
KBS京都 土曜 12:00 - 12:29
広島ホームテレビ 月曜 15:50 - 16:20
愛媛朝日テレビ 土曜 7:15 - 7:45
テレビ長崎 木曜 15:30 - 16:00
熊本朝日放送 日曜 6:30 - 7:00
鹿児島読売テレビ 月曜 16:30 - 17:00
沖縄テレビ 木曜 16:00 - 16:30
BSジャパン 2003年4月8日 - 2004年3月30日 火曜 18:55 - 19:25

映像ソフト化[編集]

VHS・DVDともにコロムビアミュージックエンタテインメントより発売。各4話収録。全13巻。

各巻にオールカラーのミニコミック、オリジナルマイクロンフィギュアが付属している。

外伝コミック[編集]

THE TRANSFORMERS LEGENDS OF THE MICRONS "LINKAGE"
DVD初回生産分に付属した、市川裕文作による本作の外伝コミック。
全13巻、45ページのフルカラーコミックである。
外伝ではあるが、内容はアニメ本編とリンクしており、なぜ争いを嫌うマイクロンがデストロン側に付いてしまうのか、デバスターがダートを連れていた理由なども明かされているなど本編の内容の補足がなされている。
マイクロン主体でストーリーが進むため、彼らの会話も訳されている。
付属コミックではあるが、内容が濃く完成度の高い作品となっている。また、初回生産分に付属するマイクロン達は全てストーリーに登場している。

玩具[編集]

発売された玩具は、サウンドギミックを多用する一方、『トランスフォーマー カーロボット』に比べ変形機構が簡略化されており、また大型商品になるに従って可動範囲が狭くなるようになっている[7]。これは前作までのフルアクション路線が子供向け玩具としては複雑になりすぎたという市場調査の結果を踏まえ、「次代のファンの中核」と位置づけられる年少者のユーザーを重視し、堅牢さや立たせやすさ、変形遊びのしやすさを重視した結果であるという[7]。これは難しい変形機構を備えた『トランスフォーマー バイナルテック』と住み分ける形にもなった。

サイバトロン[編集]

MC-01 コンボイ スーパーモード
MC-02 ラチェット
MC-03 ホットロッド
MC-04 グラップ
MC-05 サイバーホーク
MC-06 STDコンボイ
MC-07 デバスター
MC-08 シルバーボルト
MC-09 ジェットファイヤー
MC-10 ステッパー
MC-11 グラップ スーパーモード
MC-12 ラチェットS(スーパーモード)
MC-13 ホットロッドS(スーパーモード)
MC-14 ウルトラマグナス

デストロン[編集]

MD-01 メガトロン
MD-02 スタースクリーム
MD-03 アイアンハイド
MD-04 サンドストーム
MD-05 スラスト
MD-06 ショックウェーブ
MD-07 ランページ
MD-08 メガトロンS(スーパーモード)
MD-09 スタースクリームS(スーパーモード)
MD-10 アイアンハイドS(スーパーモード)

マイクロン[編集]

MM-01 ストリートアクションマイクロン
MM-02 エアディフェンスマイクロン
MM-03 ランドミリタリーマイクロン
MM-04 デストラクションマイクロン
MM-05 レースマイクロン
MM-06 ストリートスピードマイクロン
MM-07 エアディフェンスマイクロン エクスティメンションズ
MM-08 ランドミリタリーマイクロン エクスティメンションズ
MM-09 デストラクションマイクロン エクスティメンションズ
MM-10 レースマイクロン エクスティメンションズ
MM-11 エアミリタリーマイクロン
MM-12 エアミリタリーマイクロン エクスティメンションズ
MM-13 スペースマイクロン
MM-14 スペースマイクロン エクスティメンションズ
MM-15 シーマイクロン
MM-16 アドベンチャーマイクロン
MM-17 エアアサルトマイクロン
MM-18 シーマイクロン エクスティメンションズ
MM-19 アドベンチャーマイクロン エクスティメンションズ
MM-20 エマージェンシーマイクロン
MM-21 エマージェンシーマイクロン エクスティメンションズ

第三勢力[編集]

MX-00 ユニクロン
MX-01 ダブルフェイス

セット商品[編集]

MS-01 ホットロッド&エアディフェンスマイクロン
MS-02 グラップ&レースマイクロン
MS-03 アイアンハイド&ランドミリタリーマイクロン
MS-04 サンドストーム&デストラクションマイクロン
MS-05 シルバーボルト&ストリートスピードマイクロン
MS-06 スラスト&エアミリタリーマイクロン
MS-07 グラップ スーパーモード&アドベンチャーマイクロン
MS-08 ランページ&エアアサルトマイクロン

テレビマガジン限定 スペシャル市場オーダー[編集]

()内はオーダーされた号を示す。いずれも先着限定数5000個。

スカージ(2003年9月号)
クリスタルコンボイ(2003年10月号)

その他のキャラクター[編集]

本編未登場の海外玩具キャラクターなど。「パワーリンクス」の名の物は全て同名玩具の仕様変更品。

限定版マグナコンボイDXセット:トイザらス限定発売
コンボイスーパーモードファイナルバトルカラーバージョン+パートナーマイクロンコロナプライム+ウルトラマグナススペシャルクリアーバージョン+ストリートアクションマイクロンエクスディメンションズのセット。。
スカイワープ+サンダークラッシュ / Skywarp with Thunderclash:トイザらス限定発売
スタースクリームの仕様変更品。
テラザウラー+アイアンハイド / Terrorsaur with Ironhide:ジャスコ限定発売
『ビーストウォーズ』シリーズの玩具の仕様変更品。
ライノックス+アーマーハイド / Rhinox with Armorhide:ジャスコ限定発売
『ビーストウォーズ』シリーズの玩具の仕様変更品。アニメでもサイバトロン艦隊の中に密かに登場。
チータス+クリフジャンパー / Cheetor with Clifjumper:トイザらス限定発売
『ビーストウォーズ』シリーズの玩具の仕様変更品。
エアラザー+ナイトスクリーム / Airazor with Nightscream:トイザらス限定発売
『ビーストウォーズ』シリーズの玩具の仕様変更品。
プレダコン+サイドバーン&スキッズ / Predacon with Side Burn & Skid-Z:トイザらス限定発売
『ビーストウォーズ』シリーズの玩具の仕様変更品。
パワーリンクス ジェットファイヤー / Powelinx Jetfire with Comettor:トイザらス限定発売
パワーリンクス サイクロナス / Powerlinx Cyclonus with Crumplezone:ラオックス限定発売
パワーリンクス スラスト / Powerlinx Thrust with Inferno:ラオックス限定発売
パワーリンクス スラスト・レッドバージョン / Powerlinx Thrust with Inferno:トイカード加盟店限定発売・日本のみ
赤を基調としたカラーリングに変更する予定だった「パワーリンクス スラスト」が実際は茶色に変更されたため、当初のカラーを再現して発売された商品。USAエディションの名に反して、日本のみでしか発売されなかった。

この他多くのマイクロンがキャンペーン商品として配布された。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 服部玲治、片山淳編「SEASON1」『超ロボット生命体トランスフォーマー マイクロン伝説 YEAR BOOK 2003』ジャイブ、2004年3月7日、ISBN 4-902314-28-2、5頁。
  2. ^ a b c 服部玲治、片山淳編「アニメーション設定ギャラリー」『超ロボット生命体トランスフォーマー マイクロン伝説 YEAR BOOK 2003』ジャイブ、2004年3月7日、ISBN 4-902314-28-2、81-105頁。
  3. ^ 服部玲治、片山淳編「グラップは二度死ぬ 34話」『超ロボット生命体トランスフォーマー マイクロン伝説 YEAR BOOK 2003』23頁。
  4. ^ 服部玲治、片山淳編「ウルトラマグナスはTF? 44話」『超ロボット生命体トランスフォーマー マイクロン伝説 YEAR BOOK 2003』44頁。
  5. ^ 全ての回では話に準じたルビが振られているが、この回だけはルビが振られていない。
  6. ^ 38話は9月23日(火曜・秋分の日)10:30 - 11:00の放送
  7. ^ a b 服部玲治、片山淳編「『トランスフォーマー マイクロン伝説』玩具解説」『超ロボット生命体トランスフォーマー マイクロン伝説 YEAR BOOK 2003』40-41頁。

外部リンク[編集]

テレビ東京 金曜夕方18:00 - 18:30枠
前番組 番組名 次番組
爆闘宣言ダイガンダー
(2002年4月5日 - 12月27日)
超ロボット生命体トランスフォーマー
マイクロン伝説
(2003年1月10日 - 12月26日)
トランスフォーマー
スーパーリンク

(2004年1月9日 - 12月24日)