トランスフォーマー リターン・オブ・コンボイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

トランスフォーマーリターン・オブ・コンボイとは、トランスフォーマーシリーズの玩具のみで進行していた企画。1991年に商品展開された。タイトルの通り、かつての人気キャラクター・コンボイの再来を最大のテーマとしている。

ストーリーとしては、『トランスフォーマーZ』の続編にあたる。映像化はされていないが、雑誌では『ザ・バトルスターズ』のタイトルで漫画作品として掲載された。

ストーリー[編集]

デストロンに謎の新大帝ダークノヴァが出現。さらにかつての破壊大帝メガトロンがスーパーメガトロンとして復活した。かつてないこの危機にサイバトロンは、初代総司令官コンボイの捜索のため、スカイギャリー率いる新戦士団バトルスターズを結成。そして、デストロンの衛星基地ルシファーに葬られていたコンボイはダイアトラスの持つ超エネルギー・ゾディアックを受け継ぎ、スターコンボイとして蘇った!

登場キャラクター[編集]

サイバトロン[編集]

C-372 総司令官 スターコンボイ
声 - 玄田哲章(TFテレフォン)
ヘッドマスターズ』において再び命を落とした総司令官コンボイが、ダイアトラスのエネルギーを受け継ぎ、身長45メートル、体重2千トンもの巨大な体躯を得て復活した姿。バトルスターズを含むサイバトロン全軍の最高総司令官である。巨大トレーラーと基地形態に変形する。トレーラー形態ではバトルスターズのグランダスを牽引し、その上部にスカイギャリーが搭載することで、3体のパワーを集結した必殺技・3連合体バトルスターアタックを繰り出す。
玩具では電動走行機能を搭載。後述のマイクロTF(トランスフォーマー)サイズのホットロディマスが付属。

バトルスターズ[編集]

コンボイ捜索のために組織された精鋭部隊。

C-360 バトルスターズ隊長 スカイギャリー
新戦士団バトルスターズを率いる総司令官代理。コンボイ捜索という任務の重大さから、常に自身を抑えて行動する。巨大ジェット機と基地形態に変形する。必殺技はミステリーサークルパンチ。
玩具ではミサイルタンク型マイクロTF、ショットボンバーが付属。
のちに玩具の金型が「黄金勇者ゴルドラン」に流用され、飛行要塞デスギャリガンとしてアニメにも登場した。また、本作は国内展開のみのシリーズではあったものの、米国のBOTCON限定コミック「WRECKERS」では回想シーンにスカイギャリーのビークルモードが登場しているが、単に「シャトル」と呼ばれるのみでロボットモードも描かれていない。ファンサービスのような扱いで登場し、スカイギャリー本人であるかは不明。
C-371 ロボットベース グランダス
バトルスターズの副隊長で、スカイギャリーの親友。空母と前線基地に変形する。怪力の持ち主だが、温和な性格のために後方支援を好む。必殺技はストーンヘンジキック。
玩具ではパトカー型マイクロTF、スピナーが付属。また、ダイアトラスと連結して牽引する事も可能。
こちらは「勇者指令ダグオン」に金型が流用され、ダグベースとして再発売されている。

マイクロトランスフォーマー/MicroMaster[編集]

トランスフォーマーV』『トランスフォーマーZ』でも登場した小型戦士たち。

C-370 六体合体戦士 シックスライナー
声 - 沢木郁也→?(TFテレフォン)
バトルスターズの太陽系地区防衛戦士。ライナーチームに所属する一番戦士リーフ、二番戦士ディーゴ、三番戦士ナイト、四番戦士アラン、五番戦士スパーク、六番戦士ジョーが合体して巨大戦士シックスライナーとなる。
また、合体前の各員はそれぞれ東北新幹線200系SLブルートレインEF66形電気機関車TGV東海道新幹線100系スーパーひたち651系特急形電車にも変形可能。
マイクロトレーラーズ[編集]

バトルスターズの一員。マイクロトランスフォーマー4体組チームで、各自が専用の運搬用トレーラーマイクロトレーラーを持つ。

後期に登場するキャラクター(シャトルロケットWチーム以降)は、単独では変形せず、2名のキャラクターが合体して1つのマシンになる。

海外展開は1990年。

C-361 怪力戦士 ビッグトラックチーム/MonsterTruckPatrol
ビッグホーラー/BigHauler、スローポーク/SlowPoke、ヘビートレード/HeavyTread、ハイドロリック/Hydraulicの4名からなる切り込み部隊。
それぞれセミトレーラー、レッカー車、トラクター、フォードブロンコに変形する。
C-362 機動戦士 ホットロッドチーム/HotRodPatrol
ルーカス/Hubs、グリース/BigDaddy、バニシング/Trip-Up、レッグス/Greaserの4名からなるベテラン戦士チーム。
それぞれウィリークーパー、シボレーマスタング、フォードクーペに変形する。
C-363 砲撃戦士 ミリタリーチーム/MilitaryPatrol
ボンブショック/BombShock、トレーサー/Traser、グロウル/Growl、ドロップショット/DropShotの4人からなる戦略エキスパートチーム。
それぞれタンクヘリコプタージープ装甲車に変形する。
海外ではデストロンとして発売。
C-364 流星戦士 シャトルロケットWチーム/AstroSquad
フェイサー/Phaser、ブレストマスター/BlastMaster、ムーンロック/MoonRock、ミサイルマスター/MissileMasterの4名からなる宇宙戦チーム。
前者2名は合体してスペースシャトルに、後者2名は合体してロケットトレーラーとなる。
C-365 迎撃戦士 ファイヤータンカーWチーム/MetroSquad
ホイールブリーズ/WheelBlaze、ロードバーナー/RoadBuner、オイラー/Oiler、スライド/Slideの4名からなるチーム。
前者2名は合体して消防車に、後者2名は合体してタンクローリーとなる。
C-366 空海戦士 レーダーホバーWチーム/AstroSquad&MetroSquad
パワーラン/PowerRun、ストライクダウン/StrikeDown、バラージ/Barrade、ヘイブ/Heaveの4名からなるチーム。
前者2名は合体してホバークラフトに、後者2名は合体してレーダートラックとなる。
海外ではこれらは6体ずつのセット発売。
C-367 建設戦士 ダンプショベルWチーム/ConstructorSquad
スレッジ/Sledge、ハンマー/Hammer、グリット/Grit、ノックアウト/KnockOutの4名からなる建設チーム。
前者2名は合体してダンプトラックに、後者2名は合体してショベルトレーラーとなる。
C-368 巨重戦士 クレーンキャノンWチーム/ConstructorSquad&BattleSquad
ストーンクランチャー/StoneCruncher、エクスカベイター/Excavator、ダイレクトヒット/Direct-Hit、パワーパンチ/PowerPunchの4名からなる怪力チーム。
前者2名は合体してクレーントレーラーに、後者2名は合体してキャノントレーラーとなる。
C-369 攻撃戦士 ジェットタンクWチーム/BattleSquad
ファイアショットバンキッズメルトダウンハーフトラックの4名からなる攻撃部隊。
前者2名は合体してブラックバードに、後者2名は合体してタンクトレーラーとなる。

この他、前作までに登場しているレスキューパトロールチームバトルパトロールチームスーパーカーパトロールチームもマイクロトレーラーズとして再登場する。

その他のサイバトロン[編集]

エアーボット部隊
初代「トランスフォーマー」より登場した、サイバトロン初の航空部隊。コンボイの発案で誕生し、過去のコンボイ誕生に関わっている。
ロボットポイント通販専用商品として再発売され、グラビアにも登場している。

デストロン[編集]

デストロン側のキャラクターはいずれも商品化されていない。

大帝王 ダークノヴァ
宇宙征服とエネルギー強奪を目的とする謎の新大帝。当初のカタログイラストはユニクロンを髣髴させる。
破壊大帝 スーパーメガトロン
メガトロンがダークノヴァの力で強化復活した姿。スターコンボイと同等の力を持ち、マッハ10で飛ぶガンジェット(銃型の戦闘機)に変形する。
人間を食べてエネルギーに変えることができる。
最強破壊大帝 ウルトラメガトロン
スターコンボイたちのスターベースアタックに一度は倒れたスーパーメガトロンが、ダークノヴァの力でさらに強化されて甦った姿。スターコンボイの10倍のパワーを持ち、飛行重戦車に変形する。武器はスターバスター砲。後にダークノヴァと合体(どちらが主導権を持つか不明)、星の巨人となる。
戦闘兵士 ギャラマン
スーパーメガトロン配下の兵士。多数いる。後に強化型のグレートギャラマンが登場。
ノヴァロイド
ダークノヴァの分身の隕石ロボット。

参考文献[編集]