ろんぐらいだぁす!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ろんぐらいだぁす!
ジャンル 自転車青春
漫画
原作・原案など LONGRIDERS(原案・企画協力)
作画 三宅大志
出版社 一迅社
掲載誌 月刊ComicREX
レーベル REX COMICS
発表号 2012年11月号 -
巻数 既刊9巻(2016年11月現在)
アニメ
原作 三宅大志
監督 吉原達矢
シリーズ構成 高橋ナツコ
キャラクターデザイン 普津澤時ヱ門
音楽 堤博明
アニメーション制作 アクタス
製作 ろんぐらいだぁす!製作委員会
放送局 TOKYO MXほか
放送期間 2016年10月 - 12月
2017年2月 -
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

ろんぐらいだぁす!』は、三宅大志による日本漫画作品。『月刊ComicREX』(一迅社刊)にて2012年11月号より連載開始。

概要[編集]

自転車のロングライドを題材にした同人誌『LONGRIDERS』を前身とした作品で、女子大生5人組がロードバイクによるブルベの一種・フレッシュを目指す物語。

コミックスのほか、コミックス限定版に付属するサウンドドラマや、サウンドドラマのキャストによるインターネットラジオ『らじおらいだぁす!』[1]TOKYO MXにおいて自転車を題材にした番組『てれびらいだぁす!』[2]を放送するなど、メディアミックスも行われている。

2015年4月25日に開催された「キャラクターサイクルウェアミーティング 第2回 GSRカップ CYCLE RACE」にてテレビアニメ化が発表された[3]あと、同年11月6日に開催された「サイクルモードインターナショナル2015」で2016年秋からの放送予定であることが発表され[4]、同年10月より放送中。

2016年10月29日 - 11月27日には、新潟県新潟市での「がたふぇすvol.7」において、新潟市マンガ・アニメ情報館で『ろんぐらいだぁす!』展が開催された。初日には三宅大志のサイン会、2日目にはトークショーも開催されている[5][6][7]

ストーリー[編集]

主人公・倉田亜美は、ごく普通の大学1年生。ある日街中で見かけた折り畳み自転車に一目惚れしてしまい、貯金を全額おろして折り畳み自転車を購入してしまう。幼馴染みの新垣葵サイクリングを楽しむ亜美だが、亜美の運動経験が乏しいために道程途中でハンガーノックになり、遭遇した際の補助食を支給での応急処置をしたが、同じ大学で遭遇した事もあり、後にロードバイクに乗る大学の先輩である西條雛子一之瀬弥生と仲良くなり、またブルベの存在を知る。ついには亜美も峠道を手持ちの折りたたみ自転車でヤビツ峠に挑戦しようとしたが、塩分不足での足つりで1回は断念。 既存の折りたたみ自転車はバイト通勤・大学通学等の日常生活で使う事にして、ブルベ用にロードバイクも購入する事になる。新たに渋峠で葵が労いで家族旅行に同行した際に遭遇しロードバイクの魅力に惹かれ、購入のきっかけになった高宮紗希も雛子・弥生の知り合いであった縁もあり、仲間に加えた5人でチームを結成した。そして、チームで行うブルベの1つ「フレッシュ」の挑戦・完走を目指す。まずはリベンジとなったヤビツ峠といろは坂の挑戦をした。

登場人物[編集]

チーム「フォルトゥーナ」[編集]

亜美、葵、雛子、弥生、紗希の5人によるサイクリングチーム。全員同じ大学に通っている。チーム「フォルトゥーナ」は女神のフォルトゥーナが由来となっている。

倉田 亜美(くらた あみ)
- 東山奈央[8][9]
本作の主人公で大学1年生。これといって特技も無い小柄で運動音痴な女子大生。
彼女が街中で見かけた折り畳み自転車に一目惚れし、その購入を検討する所から物語が始まる。
自転車は問題なく乗れるものの基本は初心者であり自転車に関する知識も殆ど無いため、走行距離の長さや購入費用の高額さに驚いたり、初めてのサイクリングでハンガーノックに陥ったりと、様々なトラブルに見舞われる。
しかしトラブルに遭いながらも葵、雛子、弥生、紗希らに支えられ成長していき、トラブルを乗り越えることに楽しさを感じるポジティブな心を持つ。
当初街で見かけた折り畳み自転車・r&m BD-1を買おうとするが資金不足で買えなかったため、大友商事(現・オオトモ)の折り畳み自転車PONTIAC Firebird FDB166を購入した。
その後ロードバイクに乗る雛子、弥生に出会い共に走ることでロードバイクに興味を持ち、ついには型落ち特価品となっていたFOCUS Culebro SL 3.0を購入する(同時に今後の資金繰りにも不安を抱いていた)。
またブルベおよびフレッシュの存在も知り、いつか5人でフレッシュに挑戦し完走することを夢見ているが、ブルベは20歳以上でないと出られないため現在は保留中。
意外にも絵心があり、チームジャージのオリジナルデザインを自ら起こした。
新垣 葵(にいがき あおい)
声 - 五十嵐裕美[8][9]
亜美と同い年の幼馴染み。運動神経抜群でスタイルも良い才女。
物語開始当初より自転車経験者であり、普段はGIANTのクロスバイクEscape RX3に乗っている。
亜美が見かけた折り畳み自転車と同じ物を売ってる販売店を紹介したり、亜美をサイクリングに誘ったりと、初期における亜美の先導役。
亜美とは新垣家の家族旅行に同行する程仲が良いが、一方で亜美のことになると少々過保護になる所がある。
実は以前よりFELTのロードバイクF55も所持しており、亜美のロードバイク納車の際にはロードバイクで同行した。
またクールな振る舞いに反して可愛いものに目が無いという一面も持つ一方、犬が苦手。
西條 雛子(さいじょう ひなこ)
声 - 大久保瑠美[8][9]
亜美、葵の2年先輩で大学3年生。亜美以上に小柄で金髪のツインテールが特徴。
亜美と葵の初サイクリングで、亜美がハンガーノックで倒れている所に弥生と共に遭遇し彼女を介抱する。
後に亜美と葵が同じ大学に通う後輩であることを知り、亜美を自分たちの仲間に引き入れようと様々な悪巧みをする狡猾な一面を持つ。
かなりノリの良い性格で多少強引な所もあるが何かと亜美にアドバイスをする等面倒見は非常に良く、亜美達を様々なイベントや練習に誘っては共に楽しんでいる。
実家は座間にある中華料理屋で、母親の趣向により無理やりミニスカートのチャイナドレスで接客させられているが、それ目当てで来る客も多くまたバイト代も破格であるため、嫌々ながらも引き受けている。
使用バイクはCARRERAの Pfibra two。
一之瀬 弥生(いちのせ やよい)
声 - 黒澤ゆりか[8][9]
雛子と同級生の大学3年生。ウェーブの掛かった髪とグラマラスなスタイルが特徴の女性。
雛子と同じく、亜美がハンガーノックで倒れている所に遭遇した後(翌日)に大学で再会する。
口数は少なめでおっとりしており押しの強い雛子のブレーキ役でもあるが、亜美を仲間に引き入れたい気持ちは雛子と同じで、優しく諭しつつもかなりハードな練習に亜美と葵を付き合わせたりする。
家は裕福であり、亜美に装備を貸し出したりすることも。自らコンポーネントの取替やホイールの振れ取りをするレベルの整備マニア。
使用バイクはエム、マキノサイクルファクトリーのオーダークロモリ。
高宮 紗希(たかみや さき)
声 - 日笠陽子[8][9]
雛子と同級生の大学3年生。黒髪のポニーテールが特徴。
渋峠の日本国道最高地点までロードバイクで登った際に、旅行に来ていた亜美・葵と遭遇し、その後雛子に紹介される形で再会、同時に雛子と弥生のロードバイク仲間であったことも判明する。
重度の自転車オタクで、大学をサボってバイトやロングライドに勤しんでいるためあまり大学には来ておらず、留年の危機にある。
雛子と共に亜美を仲間に引き入れようと様々な悪巧みをしているが、雛子ほど強引な性格ではない模様。
チーム「フォルトゥーナ」の命名者でもある。かなりの大食漢。
使用バイクはエム、マキノサイクルファクトリーのMK01、ロードバイクを始めて半年時点での回想では、いろは坂Cannondaleのロードバイクで走っていた。

その他関係者[編集]

アルパカサイクル店長
声 - 東城咲耶子[8]
亜美達が普段より利用している自転車屋の女店長、頭にアルパカの被り物をしており、語尾に「パカ」を付ける変わった喋り方をする。
同店で亜美がロードバイクを購入し、納車時に雛子達からのプレゼントである装備品の取り付けと操作説明を行った。
自身もロードバイクに乗っており、手賀沼での練習会ではロードバイクに乗って登場した。
津田さん
声 - 津田健次郎[8]
サイクルカフェ「Allez(アレー)」の店主。 サウンドドラマで先行登場、本編には6巻から登場した。
倉田 恵美(くらた えみ)
声 - 渡部優衣[10]
亜美の妹。サイクリングにのめりこむ姉の(恵美から見て)奇行を度々目撃し、心配している。6巻収録の番外編では、亜美の楽しげな様子に刺激されて自らも始めようと思い立った。
佐伯 美弥(さえき みや)
声 - 楠田亜衣奈[11]
大学で亜美と同じ講義を受けている大学生で、大人しくあまりしゃべらない性格。
最近ロードバイクを始め、近所で練習している所で亜美と遭遇し友人となる。愛車はBianchiのクロモリロードバイクVigorelli。
一之瀬 葉月(いちのせ はづき)
弥生の妹。中学2年生で、番外編小説『ぱぁしゅうたぁず』の主人公。恵美のクラスメイトでもある。自転車に熱中する姉と距離ができたように感じ寂しく思っていたが、八重に誘われて一緒にサイクリングに出かけ、いつか弥生とも一緒に走りたいと思うようになった。
使用バイクは弥生のお下がりでDE ROSAのSUPERKING。あまり乗っていなかったが、いつでも使えるように弥生が入念に整備調整していた。
四方田 八重(よもだ やえ)
葉月のクラスメイトで親友。野性的であまり女子らしくはないが、友達思い。弥生との関係に思い悩んでいた葉月をサイクリングに引っ張り出し、弥生に追いつこうと決意するきっかけを作った。
使用バイクはLOUIS GARNEAUのLGS-CTR COMP。
亜美の母
声 - 八重畑由希音

書誌情報[編集]

  • 三宅大志 『ろんぐらいだぁす!』 一迅社REXコミックス〉、既刊9巻(2016年11月26日現在)
  • 漫画:三宅大志、原案・企画協力:LONGRIDERS 『ろんぐらいだぁす! 0』
    • ISBN 978-4-7580-6445-3、2014年5月27日発売 - 著者がブログやTwitterで発表したイラストや、連載前の試作ネームを作画した漫画を一冊にまとめたもの。
  • 三宅大志、その他 『ろんぐらいだぁす!』ツーリングガイド 一迅社 - 作中でキャラクター達が走ったコースを紹介するツーリングガイド。他にもアンソロジーコミックや番外編小説も掲載。
    1. ISBN 978-4-7580-6406-4、2013年7月27日発売
    2. ISBN 978-4-7580-6455-2、2014年6月27日発売
    3. ISBN 978-4-7580-6538-2、2015年7月25日発売
  • 小説:阿羅本景 原作:三宅大志 『ろんぐらいだぁす! 〜ぱぁしゅうたぁず ろんぐらいだぁす!・じゅにあ〜』
    • ISBN 978-4-7580-6598-6、2016年6月27日発売 - 公式ノベライズ。『ろんぐらいだぁす!』ツーリングガイドに掲載された番外編小説に書き下ろしを加えて単行本化したもの。
  • アンソロジーコミック 原作:三宅大志『ろんぐらいだぁす!アンソロジーコミック』
    • ISBN 978-4-7580-6637-2、2016年12月27日発売 - アンソロジーコミック。原作者を含む19名が執筆。

イメージソング[編集]

「Starting up」
作詞・作曲 - rino / 歌 - ChouCho

ラジオ[編集]

らじおらいだぁす!
HiBiKi Radio Stationにて2014年4月2日から6月25日まで、毎週水曜日に配信された。全13回。パーソナリティは、津田健次郎(サイクルカフェのマスター役)、五十嵐裕美(新垣葵役)、黒澤ゆりか(一之瀬弥生役)。
らじおらいだぁす! A&G出張版 〜つだけん・ゆきんこ・ゆっかの動画大作戦!〜
上記のラジオ『らじおらいだぁす!』を編集した内容と、初出し動画を加えた番組。超!A&G+にて2014年7月7日から9月29日まで、毎週月曜日 18:30 - 19:00 に配信された。全13回。パーソナリティは、津田健次郎、五十嵐裕美、黒澤ゆりか。
らじおらいだぁす!!〜津田健次郎・五十嵐裕美・黒澤ゆりかの動画大作戦!〜
超!A&G+にて2015年10月5日から12月28日まで、毎週月曜日に配信していた動画番組[12]。HiBiKi Radio Stationでは2015年10月6日から12月29日まで、毎週火曜日に音声のみを配信していた。パーソナリティは、津田健次郎、五十嵐裕美、黒澤ゆりか。
ろんぐらいだぁす!らじおフレッシュ
テレビアニメ放送にともない、音泉にて2016年10月1日より毎週土曜日に配信。パーソナリティは、東山奈央(倉田亜美役)、日笠陽子(高宮紗希役)。

テレビアニメ[編集]

スタッフ
原作 三宅大志
監督 吉原達矢
シリーズ構成 高橋ナツコ
キャラクターデザイン 普津澤時ヱ門
プロップデザイン 山口飛鳥、田中克憲
自転車監修アニメーター 北島信幸
自転車作画監督 伊集院いづろ
美術監督 小幡和寛
色彩設計 原田幸子、古市裕一
撮影監督 浅川茂輝
3D監督 内山正文
編集 吉武将人
音響監督 森下広人
音楽 堤博明
音楽プロデューサー 木皿陽平
チーフプロデューサー 森本浩二、小倉充俊
プロデューサー 石井宏一、福良啓、杉田敦
河西正文、山崎史紀、木皿陽平
大室正勝
アニメーションプロデューサー 丸山俊平
アニメーション制作 アクタス
製作 ろんぐらいだぁす!製作委員会

2016年10月より12月まで第1話から第10話までがTOKYO MXほかにて放送された。

自転車や背景は、3D制作を担当するラークスエンタテインメントによる3Dモデルとの複合描写となっている。

放送延期[編集]

本放送時、第1話は2016年10月1日に立川シネマシティ シネマツー b studioにて先行上映会が開催される[13]など普通の滑り出しを見せたが、第3話は制作上の都合により放送を延期し、第1話を再放送することになった[14][15]。また、第5話についても同様の理由で放送を延期することとなり、「【特別編「わたしのサイクルアルバム」】」(第4.5話)を放送した。要は第1話 - 第4話の総集編ではあるが、解説ナレーションもあり、自転車の知識が少なくてもさらに理解できるようになっている[16][17][18]。これらに押し出される形で第11話・第12話は2016年内に放送できなくなり、2017年2月以降に時期をずらして放送することが決定した[19]

公式発表された2016年12月8日時点で2017年2月に放送が決まっているのはAT-X(初回放送は第1話 - 第12話の一挙放送にて[20])とインターネット配信だけで、BS11と地上波についてはBS11では2話連続で放送し、地上波は2日または2週連続で放送されることが決定した。なお、AT-Xでの一挙放送とインターネット配信に合わせ、同年2月4日には第11話・第12話の上映会が東京と広島で開催予定[21]

主題歌[編集]

オープニングテーマKm/h」ハートキロメートルパーアワー
作詞 - meg rock / 作曲・編曲 - y0c1e / 歌 - Ray
オープニングアニメーションは、第4話までは第1話や第2話の本編から流用した素材で大半が構成されていたが、第5話からはすべて新作の素材に変更されている。
エンディングテーマ「ハッピーアイスクリーム!」
作詞・作曲 - 影山ヒロノブ / 編曲 - 宮崎誠 / 歌 - チーム フォルトゥーナ[倉田亜美(東山奈央)、新垣葵(五十嵐裕美)、西條雛子(大久保瑠美)、一之瀬弥生(黒澤ゆりか)、高宮紗希(日笠陽子)]
挿入歌「キミと」(第9話)
作詞・歌 - Ray / 作曲・編曲 - 板倉孝徳

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 エンドカード
イラスト
第1話 小さな奇跡 高橋ナツコ 吉原達矢 普津澤時ヱ門、大高雄太
和田たくや、実原登
すいひ
第2話 海沿いサイクリング 土上いつき 田中よしのり、実原登
大高雄太、島崎克実
戸部淑
第3話 新しい世界 チナ 実原登、大高雄太
田中よしのり、北條真純
山下秋湖、ちな
普津澤時ヱ門
ハトポポコ
第4話 秘密のアルバイト 飯田薫久 青木真理子、実原登
大高雄太、逵村六
田中よしのり
羊箱
特別編(第4.5話) わたしのサイクルアルバム - 佐藤裕之 - 大川ぶくぶ
第5話 変わる世界 岡田邦彦 吉原達矢 相浦和也
吉原達矢
実原登、砂川貴哉
大高雄太、逵村六
大野勉、沼田広
鳥島冬美
Cha Sang Hoon
谷東
第6話 フォルトゥーナ 成田良美 大平直樹
吉原達矢
前園文夫 小林一三 CHAN×CO
第7話 チームの絆 岡田邦彦 内藤明吾
土上いつき
飯村正之 森悦史、柳瀬雄之
飯飼一幸、大野勉
瀧澤茉夕、沼田広
十月十日
第8話 広がる世界 高橋ナツコ 内藤明吾
相浦和也
加藤顕 細山正樹、青木真理子
高田三郎、輿石暁
YU HYUN JIN
結うき。
第9話 あづみのオータムライド!前編 成田良美 飯田薫久 飯田薫久
古賀一臣
小林一三、伊藤岳史
沼田広
Tiv
第10話 あづみのオータムライド!後編 大平直樹 飯村正之 小林一三、伊藤岳史
実原登、小島えり
吉本雅一、田中ひろのり
大高雄太
武梨えり

放送局[編集]

日本国内 テレビ / 第1話 - 第10話 放送期間および放送時間[22]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [23] 備考
2016年10月8日 - 12月24日 土曜 21:00 - 21:30 AT-X 日本全域 製作委員会参加 / リピート放送あり
土曜 22:30 - 23:00 TOKYO MX 東京都
KBS京都 京都府
サンテレビ 兵庫県
2016年10月9日 - 12月25日 日曜 3:30 - 4:00(土曜深夜) BS11 日本全域 ANIME+』枠
日本国内 テレビ / 第11話 - 第12話 放送期間および放送時間
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [23] 備考
2017年2月5日 日曜 13:00 - 19:00 AT-X 日本全域 製作委員会参加 / 全話一挙放送内で放送 / リピート放送あり
2017年2月7日 - 2月8日 両日 1:40 - 2:10(両日深夜) TOKYO MX 東京都
2017年2月13日 月曜 3:00 - 4:00(日曜深夜) BS11 日本全域 『ANIME+』枠 / 2話連続放送
2017年2月19日 - 2月26日 日曜 0:00 - 0:30(土曜深夜) KBS京都 京都府
日曜 2:00 - 2:30(土曜深夜) サンテレビ 兵庫県
日本国内 インターネット / 第1話 - 第10話 放送期間および放送時間[24]
配信期間 配信時間 配信サイト 備考
2016年10月8日 - 12月24日 土曜 22:30 更新 バンダイチャンネル
土曜 22:30 - 23:00 AbemaTV 地上波同時配信 / リピートあり
土曜 23:00 更新 GYAO! 第1話無料
2016年10月15日 - 土曜 22:00 - 22:30 ニコニコ生放送 週遅れ配信

BD / DVD[編集]

発売日 収録話 規格品番
BD初回版 DVD初回版
1 2016年12月21日 第1話 - 第2話 GNXA-1901 GNBA-2541
2 2017年2月22日予定 第3話 - 第4話 GNXA-1902 GNBA-2542
3 2017年3月24日予定 第5話 - 第6話 GNXA-1903 GNBA-2543
4 2017年4月21日予定 第7話 - 第8話 GNXA-1904 GNBA-2544
5 2017年5月24日予定 第9話 - 第10話 GNXA-1905 GNBA-2545
6 2017年6月28日予定 第11話 - 第12話 GNXA-1906 GNBA-2546

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ “番組紹介:らじおらいだぁす!”. http://hibiki-radio.jp/description/longriders 
  2. ^ “TOKYO MX:ろんぐらいだぁす!のTV番組『てれびらいだぁす!』”. http://www.cyclesports.jp/depot/detail.php?id=9098 
  3. ^ “自転車マンガ「ろんぐらいだぁす!」アニメ化決定!東山奈央ら出演”. http://natalie.mu/comic/news/145433 
  4. ^ 「ろんぐらいだぁす!」TVアニメ化、2016年秋より30分枠で放送決定”. コミックナタリー (2015年11月6日). 2015年11月6日閲覧。
  5. ^ 『ろんぐらいだぁす!』展”. にいがたアニメ・マンガフェスティバル. にいがたアニメ・マンガフェスティバル実行委員会. 2016年11月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月5日閲覧。
  6. ^ 『ろんぐらいだぁす!』トークショー”. 新潟市マンガ・アニメ情報館公式サイト. にいがたアニメ・マンガフェスティバル実行委員会. 2016年11月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月5日閲覧。
  7. ^ 新潟市マンガ・アニメ情報館にて『ろんぐらいだぁす!』展、開催!”. 新潟市マンガ・アニメ情報館公式サイトト. 新潟市. 2016年11月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月5日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g “『ろんぐらいだぁす!』メディア展開の詳細発表!!”. http://blog.livedoor.jp/akibaxjapan/archives/4724362.html 
  9. ^ a b c d e STAFF&CAST”. TVアニメ「ろんぐらいだぁす!」公式サイト. ろんぐらいだぁす!製作委員会. 2016年10月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月5日閲覧。
  10. ^ ろんぐらいだぁす!公式ツイッター発表”. ろんぐらいだぁす!公式ツイッター. 2016年4月19日閲覧。
  11. ^ 佐伯美弥の声優発表”. 楠田亜衣奈. 2016年5月19日閲覧。
  12. ^ ★★★新番組『らじおらいだぁす!』メール大募集!!★★★”. 文化放送. 2015年10月22日閲覧。
  13. ^ “アニメ『ろんぐらいだぁす!』先行試写会 ~チーム・フォルトゥーナ結成式~ イベントレポート到着!!”. リスアニ!WEB. (2016年10月3日). http://www.lisani.jp/0000015872/ 2017年1月9日閲覧。 
  14. ^ TVアニメ「ろんぐらいだぁす!」第3話放送・配信について”. TVアニメ「ろんぐらいだぁす!」公式サイト. ろんぐらいだぁす!製作委員会 (2016年10月21日). 2016年10月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月5日閲覧。
  15. ^ 緊急:「ろんぐらいだぁす!」第3話放送休止についてのお知らせ”. NEWS. AT-X (2016年10月21日). 2016年10月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月5日閲覧。
  16. ^ TVアニメ「ろんぐらいだぁす!」放送・配信日変更のお知らせ”. TVアニメ「ろんぐらいだぁす!」公式サイト. ろんぐらいだぁす!製作委員会 (2016年11月5日). 2016年11月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月5日閲覧。
  17. ^ 重要:「ろんぐらいだぁす!」第5話放送日変更のお知らせ”. NEWS. AT-X (2016年11月7日). 2016年11月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月17日閲覧。
  18. ^ 第4.5話特別編「わたしのサイクルアルバム」”. TVアニメ「ろんぐらいだぁす!」公式サイト. ろんぐらいだぁす!製作委員会. 2016年12月5日閲覧。
  19. ^ TVアニメ『ろんぐらいだぁす!』今後の放送・配信について”. TVアニメ「ろんぐらいだぁす!」公式サイト. ろんぐらいだぁす!製作委員会 (2016年12月8日). 2016年12月19日閲覧。
  20. ^ 重要:「ろんぐらいだぁす!」今後の放送につきまして”. NEWS. AT-X (2016年12月8日). 2016年12月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月19日閲覧。
  21. ^ “「ろんぐらいだぁす!」第11話以降を2月に放送・配信 AT-Xでは2月5日に全話一挙放送”. 映画.com. (2016年12月12日). http://anime.eiga.com/news/103806/ 2017年1月9日閲覧。 
  22. ^ ONAIR”. 2016年8月12日閲覧。
  23. ^ a b テレビ放送対象地域の出典: 放送分野の動向及び規制・制度(資料2)”. 政府規制等と競争政策に関する研究会「通信・放送の融合の進展下における放送分野の競争政策の在り方」. 公正取引員会. p. 2 (2009年10月9日). 2016年8月12日閲覧。 基幹放送普及計画”. 2016年8月12日閲覧。 地デジ放送局情報”. 一般社団法人デジタル放送推進協会. 2016年8月12日閲覧。
  24. ^ ONAIR”. 2016年10月10日閲覧。

外部リンク[編集]