ヤビツ峠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese Route Sign Number 7.svgJapanese Route Sign Number 0.svg
神奈川県道70号標識
ヤビツ峠全景 奥には丹沢三峰が見える。
冬季は路面凍結することもある。
大山とヤビツ峠 (二ノ塔より撮影)
県道70号から見た菜の花台と富士山

ヤビツ峠(ヤビツとうげ)は、神奈川県道70号秦野清川線にある海抜761mのである。鞍部神奈川県秦野市寺山地内に位置する。「矢櫃」という漢字を当てることもあるが、カタカナ表記が一般的。

概要[編集]

ヤビツ峠は丹沢山地内で数少ない南北をつなぐ車道で、他には犬越路犬越路隧道)がある。しかし、犬越路南側の犬越路林道と北側の神之川林道は一般車両通行禁止のため、ヤビツ峠は丹沢山地唯一の南北をつなぐ一般車両通行可能な峠である。峠を挟んだ宮ヶ瀬湖までの神奈川県道70号秦野清川線は、車同士がすれ違うのもままならないほど狭い箇所が多い。峠から秦野側は、距離が短いぶん斜度は最大10%程度と急で、途中にある菜の花台からは秦野をはじめとして太平洋側を一望できる。

峠へは小田急小田原線秦野駅より神奈川中央交通のバス便があり、塔ノ岳(表尾根)や大山への登山道が通じているため、休日は登山者で賑う。

また、東京から最も近くにある峠の1つであるため、自転車ヒルクライムの練習場所としても人気があり、神奈川県所属の競輪選手も街道練習によく取り入れている。ただし地元民からは、遠方から訪れる自転車愛好者の交通安全も問題視されており[1]、沿道には自転車のマナー向上を呼びかける掲示が多く見られる。なお、秦野からヤビツ峠への道は「表ヤビツ」、宮ヶ瀬からヤビツ峠への道は「裏ヤビツ」と呼称されることもある。

伝承[編集]

ヤビツの地名については、かつて甲斐国武田氏と小田原の後北条氏が争った三増峠の戦いにおいて用いられた矢櫃(やびつ、矢を入れる箱)が、ヤビツ峠の西側にある「旧ヤビツ峠」を改修した際に発見されたことに由来すると言われる。また、合戦で餓死した兵の亡霊が餓鬼となってさまよい、食物をあさっているため、峠越えをする旅人は急に空腹となり、歩行困難に陥いるため、食物を峠に供えて越えなければならないとされている。[2]

他に、アイヌ語のヤベツだという説もある。[要出典]

通過する道路[編集]

アクセス[編集]

自家用車[編集]

  • 秦野方面から
国道246号名古木(ながぬき)交差点から神奈川県道70号秦野清川線
  • 宮ヶ瀬湖方面から
神奈川県道64号伊勢原津久井線、宮ヶ瀬北原交差点から神奈川県道70号秦野清川線。

バス[編集]

小田急小田原線秦野駅北口のバス4番乗場から「秦21 ヤビツ峠行」に乗車。終点「ヤビツ峠」で下車。平日は2本、土休日は5本(多客時は臨時便が増発される)と本数が少ない。[3]

参考文献[編集]

  • 植木知司 『かながわの峠』 神奈川新聞社、pp.76-77
  • 萩坂昇 『かながわの伝説散歩』 暁印書館、1998年9月30日ISBN 978-4870151277

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「スポーツ自転車ブームの一方で」NHK首都圏ネットワーク 2012年10月30日放送
  2. ^ かながわの伝説散歩 萩坂昇 著 暁印書館 1998年9月30日 第二章七景 三増峠の合戦と落武者 92ページ
  3. ^ 神奈川中央交通 「秦野駅」バス停の時刻表:蓑毛経由ヤビツ峠行

関連項目[編集]

座標: 北緯35度25分40.5秒 東経139度13分9秒 / 北緯35.427917度 東経139.21917度 / 35.427917; 139.21917

外部リンク[編集]