レガリア The Three Sacred Stars

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
レガリア The Three Sacred Stars
ジャンル ロボット
アニメ
原作 Delegation of Enastoria
監督 登坂晋
シリーズ構成 小柳啓伍
脚本 小柳啓伍
キャラクターデザイン QP:flapper(原案)
西尾公伯
メカニックデザイン 鈴木勘太
音楽 高橋諒
アニメーション制作 アクタス
製作 Regalia Project
放送局 AT-XTOKYO MXほか
放送期間 2016年7月7日 - 7月28日
(中断)
2016年9月1日 - 11月24日
話数 全13話
ラジオ:ラジオ レガリア
本渡楓のエナストリア皇報局
放送期間 2016年9月22日 - 2016年12月8日
放送局 音泉
放送時間 毎週木曜日
放送回数 12
放送形式 ストリーミング
パーソナリティ 本渡楓
テンプレート - ノート
プロジェクト アニメ
ポータル アニメ

レガリア The Three Sacred Stars』(レガリア ザ・スリー・セイクリッド・スターズ)は、アクタス制作による日本アニメ作品。2016年7月に放送開始となったが第4話まで放映された後に一旦中断され、同年9月から11月まで改めて第1話から放送された。略称は『レガリア[1]

概要[ソースを編集]

アクタスのオリジナルロボットアニメであり、AnimeJapan2016で発表された[2]

2016年7月からの放送開始[3]に先駆け、同年6月30日にはAT-XTOKYO MXにて特別番組『レガリア The Three Sacred Stars 放送直前スペシャル』が放送された[4]ほか、同年7月3日にはTOHOシネマズ日本橋にて第1話・第2話の先行上映が開催された[5]

第3話放送後の2016年7月24日には幕張メッセにて『ワンダーフェスティバル 2016夏』のステージイベントが開催され、登壇した主要声優陣による談話や歌手陣による歌唱、BD/DVDやグッズの発表など、ファンに今後を期待させる内容で締め括られた[6]が、同年7月27日には製作委員会が「既に放送・配信している話数において、本来意図していたクオリティと相違があることを強く認識した」との理由を挙げて第4話で放送を一旦終了することや、制作体制を整理して同年9月から改めて第1話より放送することを発表した。これに伴い、BD/DVDの発売も1か月順延される[7][8][注 1]。この事態を2日前に知らされたという出演声優の緒方恵美は、自身のTwitterで驚きのコメントと共に、ファンへ理解を求めている[9]

ストーリー[ソースを編集]

今から12年前。リムガルド王国で後に「リムガルド・フォール」と名付けられた事件が発生。世界各国から救助隊が派遣されるが、到着した彼らが見た物は動くもののいない無人の街だった。時は流れ現在。エナストリア皇国に住むユイレナの二人の少女は、同じ家で暮らしながら平穏な日常生活を送っていた。

ある日、ケイという少女を見かけたレナは、埠頭に呼び出され、彼女の使いとして現れた男に勝負を挑まれる。男はレガリア・ギアと呼ぶロボットに搭乗し、レナも自分の姿をロボットに変身させた。彼女の正体は人間ではなく、「アレクト」という名前の「レガリア」のコアであった。男の攻撃に苦戦するレナだが、彼女を探してその場に現れたユイを自身に搭乗させ、怒涛の反撃で勝利を得る。

騒動終結後、エナストリア国民の前で記者会見を開いたユイ。彼女の本名は「ユインシエル・アステリア」。エナストリア皇国の若き女皇と彼女が守りたいと願う少女「レナ・アステリア」。二人の物語が始まる。

登場人物[ソースを編集]

主要人物 [ソースを編集]

ユインシエル・アステリア
声 - 本渡楓
本作の主人公。愛称は「ユイ」。17歳。身長154cm。エナストリア皇国の若き女皇。7歳の頃に両親を亡くし、幼い身で即位した。陸海空軍の統帥権を持ち、最高指揮官たる大元帥の座にも就いている(実際の指揮権は、首相のマーガレットが行使する)。国家指導者としての公務の傍ら、本人の望みから学生として高校に通っている。5歳の時にレナと出会い、普段は彼女と二人暮らしをしており、家事全般を得意とする。第1話でレナが変身したアレクトに乗り込み、その契約者(パイロット)となる。レナがレガリアであることを知った後は、彼女と国民の両方を守りたいという決意を新たにし、彼女を狙う敵と戦っていくことになる。
第2話では記者会見で全国民に対しスリーサイズ[注 2]を公表してしまった。国民からは慕われていて、街中を歩くと自分宛のプレゼントを貰うことも多い。アーベルとの再戦前は不安思考に陥ってしまうが、レナやみんながいるからがんばれると思い直し、戦闘中にレナと完全契約を交わしてアーベルに勝利した。
第6話ではアフマルアルド共和国を訪れ、出会ったリューの口からレガリアの情報を聞かされた。続いてリムガルド王国跡地に向かう途上でヨハンの襲撃に遭い、レナとティアがケイを元に戻すため時間を稼ごうとするが、ヨハンに捕まって殺される寸前の所をイングリッドに助けられた。ヨハン撃破後はイングリッドとケイの二人をエナストリアに滞在させ、イングリッドから亡き母との思い出を教えられて涙する。だが、ヨハンが再登場した際にこれまでの体の酷使から倒れ、気を失ってしまう。目覚めた後はヨハンの記憶改竄に悩まされるが、姉の手で逃げることができたサラ達に会い、再びヨハンに立ち向かうことを決心する。
最終決戦ではルクスの協力からアレクト、ティシス、メガエラの3機が合体し、ヨハンを止めるため皆の力を借りて全力で戦い、戦闘に勝利した。その後はルクスに「あなたも私達の家族だから」と身に着けていたリングを渡す。エナストリアへ戻る際には、これからどうするかは皆で一緒に考えようとレナに語った。
レナ・アステリア
声 - 佐倉綾音
ユイと共に暮らす少女。過去にユイの母・マヤが彼女を養子として迎え入れ、血は繋がっていないがユイの姉として振る舞う。昔から全く成長していない理由は、彼女が人間ではなくレガリア「アレクト」のコア「マグナ・アレクト」なため(コアとなった人間は成長が止まり、不老不死になる)。サラ姉妹やケイと同じく、数千年前から生きており、ユイと会う前はたった一人で旅していた。12年前、リムガルド王国でレガリア(ケイ)の気配を感じて国を訪れるが、突如複数の巨人(レガリア・ギア)に襲われ、アレクトに変身するも暴走状態に陥り、ティシスに右腕部を切られた後に臨界値を超え、「リムガルド・フォール」の原因となってしまった。
マーガレットなどエナストリアの首脳部からは「レナ様」と尊称を付けられている。ユイと共に自分を狙う敵に立ち向う覚悟を決める。第3話では過去と同じように暴走状態に陥ってしまうが、ティシスの乱入で窮地を救われた。アーベルとの再戦前はユイに「アーベルも怖いが、私自身が一番怖い」と明かし、「ユイやみんなが守れる力が欲しい」と望んでユイと完全契約する。自身がレガリアであることに悩んでいたが、ユイには彼女の両親に出会えた感謝と、ユイに会えたから今はレガリアで良かったという素直な思いを伝えた。第9話では復活したヨハンに対しユイと共に立ち向かおうとするが、倒れたユイと分かたれ、レナのみが連れて行かれることとなった。第11話ではレナを助けにきたものの、絶望して塞ぎこむユイに、「一人では無理だが、二人ならなんとか出来る」と説得して立ち直らせた。
なお、アレクトの中にはアレクトから生まれたもう一人のレナがおり、度々ユイやレナの前に現れ、時には彼女達を助けている。最終決戦では敗北を認めて死を受け入れようとするが、ユイの励ましを受けて立ち直り、ユイや正体が「ルクス」と判明したもう一人のレナと共にヨハンに抗い、戦闘で彼を打ち破った。

レガリアのコアと契約者[ソースを編集]

サラ・クレイス
声 - 久保ユリカ
世界を妹と旅する少女。外見年齢は12歳。身長137cm。自由奔放な性格でかなりの大食い。行方不明となった両親と姉を探すことが旅の目的の一つ。レガリアである「ティシス」の契約者であり、ティアと完全契約しているため、年は取っていない。レナやケイは友人。ユイに姉の面影を感じ、彼女とすぐ仲良くなる。レツの店で食い逃げを働いたことから、現在はティアと共に彼女の所で働いている。レナが暴走した際や、アーベルのレガリア・ギアとアレクトの初戦時はティアと共に助太刀に現れる。不老不死であることから、約2000年も前からレナやケイを見つけるためにティアと旅していた。
12年前はレナと同じくレガリア(ケイ)の気配を感じてリムガルド王国を訪れたが、暴走するアレクトを目の当たりにし、ティシスでそれを止めようとするも力では叶わず、首を絞められて押さえつけられ、止む無くアレクトの右腕部を切り飛ばして奪い、その場から離脱した。
後に長年探していた姉のノアがヨハンに囚われていることを知って驚き、彼女を取り戻すために奮闘し、見事それに成功する。最終決戦では合体したレガリアでユイとレナに力を貸した。
ティア・クレイス
声 - 小倉唯
サラの実妹。外見年齢は9歳。身長117cm。サラと同じく大食い。その正体はレガリア「ティシス」のコア「アウレア・ティシス」で、レナやケイとは知り合い。ルクス・エクスマキナ封印時にレナやティアと違って唯一、契約者(サラ)を持つことができた。サラと共に約2000年は生きているものの、精神は外見年齢相応の無邪気な子供そのものである。レナやティアを探しての放浪生活が長かったため、サバイバル能力が高い。両親や姉のノアのことは、サラと違って(幼かったため)ほとんど覚えていなかった。ユイについては、サラが「おっぱい女皇」と呼んだことが原因で自身も当初はそう呼び、彼女を困らせていた。
イングリッド・ティエスト
声 - 瀬戸麻沙美
銀髪の女性。元リムガルド王国の第一王女。外見年齢は19歳。ユイに対してレガリア(アレクト)を渡せと要求する。サラと同じくケイと完全契約しているため12年前から容姿は変わっていない。ヨハンと協力関係にある。自分に忠義を尽くすアーベルには感謝していたようで、彼の死には悲痛な表情を浮かべていた。ケイと共に訪れたリムガルドでユイやサラ達に出会い、彼女達に「リムガルド・フォール」の原因を語った。直後、そこにヨハンが現れてケイがメガエラに変身し、ユイ達と戦闘状態に突入する。
過去にリムガルドで孤児のような姿のケイを見つけて保護し、当時は彼女と幸せに暮らしていたが、リムガルドに現れたヨハンにケイの身を利用され、「リムガルド・フォール」に巻き込まれる。その後は人格を消されたケイをヨハンに「人質」として扱われ、彼女のために心を押し殺して渋々ヨハンの命令に従っていたが、第8話でユイを殺そうとする彼の行動を見かねてついに反逆。ユイを救った。そして自分に銃を向けるケイを前に死ぬ覚悟を決めるも、レナとサラの活躍でケイの人格が元へと戻ったため、長年の恨みを晴らすべく、ケイやアレクト、ティシスと共にヨハンに立ち向かい、彼を打ち倒す。
エナストリアではユイに幼い頃の彼女や母親のマヤと出会ったこと、ヨハンを将来的に倒すためユイとレナの契約を待ち続けていたことを語り、ユイを抱きしめて今までの苦労を労った。最終決戦では合体したレガリアでユイとレナに力を貸した。
ケイ・ティエスト
声 - 東山奈央
白いゴスロリ服が特徴の少女。外見年齢は9歳。身長118cm。その正体はレガリア「メガエラ」のコア「ゼノ・メガエラ」で、レナやサラ達とは知り合い。性格は気が強く大人びており、レナとティアの姉的存在。リムガルド王国でイングリッドに保護され、彼女の優しさに触れて一緒に暮らしていたため、イングリッドに懐いている。反面、それは過度な独占欲にも繋がっており、第9話でイングリッドとユイが話をしていた時は嫉妬深そうな表情をしていた。
「リムガルド・フォール」時は「ルクス・エクスマキナ」の復活という目的を持つヨハンに他のレガリア(アレクトとティシス)をおびき寄せるための実験に使われ、その後の彼女はヨハンの手で人形にされて人格も消されていた。そのため現在は感情に乏しく、ケイの身を案じたイングリッドと共に当初はユイやレナ、サラ達と敵対していたが、第8話でレナに今のケイが偽物だと見破られ、レナ・ティア・ケイの三人が「共鳴」したことで本来の人格を取り戻し、ついにイングリッドと再会する。復帰後はヨハンに対し「素粒子レベルまで分解してあげる」と宣告するなど、激しい怒りを見せた。

ユイの友人[ソースを編集]

レツ・ナルミ
声 - 金元寿子
ユイの同級生。17歳。彼女と仲が良く、ユイからは「レッちゃん」と呼ばれている。また、レツはレナを「レナちー」と呼んでいる。ユイとの身分の差を全く気にせず、彼女の相談役としてよく悩みを聞いてあげている。可愛い女の子が好きという一面を持ち、スキンシップを好む。母親が営む飲食店で食い逃げを働いたサラとティアを捕まえて、二人を住み込みで働かせるが、彼女達からは懐かれている。イングリットやケイを紹介された時はケイを天使様と呼び、元王女のイングリッドとお近づきになれたことを喜んでいた。

イングリッドの関係者[ソースを編集]

ヨハン
声 - 緒方恵美
イングリッドやケイと共に行動する謎の少年。当初はジョニーのアシスタントとしてユイの前に現れる。レガリア・ギアや、それを操縦するための人形の製造を行っている。ふてぶてしい性格で、常に人を馬鹿にしたような態度を取り、イングリッドに協力してはいるものの、彼女に指図するなど不穏な関係にある。
彼の正体は、自我を持った「ルクス・エクスマキナ」の仮の姿である。本体は1万年前に封印されたが、長い年月をかけて力の一部を現世に顕現させることに成功し、ヨハンの姿を得て活動を始めた。その目的は自身の復活であり、12年前にリムガルド王国でルクスの力を欲する人類を利用した末の失敗が「リムガルド・フォール」の真の原因であった。
その後はケイを操り人形にし、イングリッドを脅迫して協力者としていた。第6話で自らレガリア・ギアで出撃。旧リムガルド王国にてユイを殺そうとするが、イングリッドに裏切られ未遂。ケイの人格も取り戻されてしまう。そしてレガリア3機の怒涛の反撃を受け敗北する。だが、第9話でエナストリアの首都に何事もなかったかのように再び現れ、レナとティシス、メガエラを連れ去る。なお、ケイ以外にもサラ達の姉・ノアを傀儡としている。最終決戦ではオービスに捕えていた人々の魂を解放され、オフルマズドに乗り込んでユイ達を追い詰めるが、探していた「ルクス」がユイ達の所におり、力を貸していることを知って驚愕。激闘の末に負けを認め、最後は安らかな表情で自身に寄り添ってくれたルクスと共に異界へ消えていった。
エドモンド・モラレス
声 - 武虎
第1話でケイの使いとしてレナの前に現れた男。レナと勝負することを望み、埠頭でレガリア・ギアを持ち出して大暴れするが、ユイを乗せたことで本来の力を取り戻したアレクトの前に敗北した。その正体はレガリア・ギア操縦のために造られた人形で、人間ではない。
ジョニー・マペット
声 - 間島淳司
第2話でヨハンと共にユイの前に現れた男。ユイの会見場では、記者に化けて彼女にスリーサイズを質問した。その後、ユイをマジックショーに誘い、やって来た彼女達に戦いを挑む。戦闘の末に追い詰められ、最後は機体を自爆させて散る。エドモンドと同じく造られた人形で、人間ではない。
アーベル・ルンテシュタット
声 - 斧アツシ
元リムガルド王国の侍従武官。階級は中佐。イングリッドに仕え、護衛官も務めていた。12年前の「リムガルド・フォール」時は合同軍事演習の調整役としてエナストリアを訪れており、偶然難を逃れたが、その後に消息不明となっていた(ユイの母親からイングリッドの生存を聞き、エナストリアを出た)。現在の容姿は白髪の老人で、ユイと会ってレナの身を要求する。エドモンドやジョニー達と違って普通の人間だが、レガリア・ギアの腕前はアレクトを翻弄し、軽くあしらう程。
ユイとの再戦前にはイングリッドに最後のご奉公に向かうことを告げ、アレクトと対峙。レガリア・ギアの浸食に苦しみながらも、全ての力を振り絞って戦い、最期はアレクトの必殺技の前に負けを悟り、ユイに「イングリッド様を頼みます」と告げて戦死した。

エナストリア皇国[ソースを編集]

アオイ・コノエ
声 - 浅倉杏美
エナストリア皇国の侍従長で、最高意思決定機関の一員。28歳。近衛師団歩兵第一連隊長も兼任する。ユイの母のマヤにも仕えていたため、ユイを幼い頃から知っており、ユイとレナの二人を真摯にサポートする。
ナル・アリサカ
声 - 井口裕香
エナストリア皇国の首相補佐官で、最高意思決定機関の一員。24歳。帝居報道官の立場から、ユイの会見やプレス発表などを取り仕切る。有能な女性だが、思ったことを悪気なく口に出す癖がある。
マーガレット・バーンリー
声 - 勝生真沙子
エナストリア皇国の首相で、最高意思決定機関の一員。52歳。先帝の頃に組閣の大命を受けた。ユイやレナへの信頼は厚く、ユイの成長を見守りながら支えてきた。御前会議の際は議長役として振る舞う。
ジョナサン・マーシャル
声 - 家中宏
エナストリア皇国の陸軍大将で、最高意思決定機関の一員。60歳。統合参謀本部議長として軍事面でのアドバイザーを担う。先帝の頃はユイの教育係だった。アーベルとは旧知の仲。
テオドア・ムーア
声 - 宇垣秀成
エナストリア皇国の情報長官で、最高意思決定機関の一員。46歳。情報機関を統括し諜報活動に余念がない。他のメンバーと比べて、ラフな私服の格好で会議に参加している。

アフマルアルド共和国[ソースを編集]

カリム・アル・タラキ
声 - 飯島肇
アフマルアルド共和国の大統領。自国を訪れたユイ達を出迎え、リューとロウがいる聖域へ案内した。
リュー
声 - 日笠陽子
聖域で暮らすレガリアの「ロウ」と契約した、古代人の生き残りの女性。ユイにコンタクトを取り、彼女やレナ、サラ姉妹を呼び寄せた。会ったユイ達に自分の素性を語り、レガリアについての詳しい情報を教えた。そして、全てを背負わせてしまった謝罪と、今こうして生きている感謝の言葉を述べ、聖域を守りたいという自分達とは違い、ユイ達は別の道を見つけて欲しいと告げる。
ロウ
聖域に佇んでいるエンキのレガリア。性別は男性で、リューの婚約者。現在は人間姿になることは出来なくなっている。どんな場所でも水の恵みをもたらせるという能力を持ち、この地を緑あふれる大地へ戻すという目的のため、リューと共に残り少ない時間を生きている。

家族関係者[ソースを編集]

マヤ・アステリア
声 - 下屋則子
ユイの母親。故人。エナストリアの前女皇で、自身の即位記念式典を途中で抜け出してくるなど、奔放な性格。祝辞に呼ばれていたイングリッドに会い、王としての在り方を語った。だが、即位して間もなく皇配の夫を事故で失い、その心労から病気がちの身となっていた。亡くなる少し前、「リムガルド・フォール」で死んだと思われていたイングリッドから手紙が届いたことで彼女の生存を知り、エナストリアに留まっていたアーベルを呼んでイングリッドのことを教え、彼女に渡して欲しいと自身の手紙を託した。また、ユイとレナには二人用のペアリングをあげている。
ノア・クレイス
声 - 阿澄佳奈
サラとティアの姉。かつて両親もろとも「ルクス・エクスマキナ」に飲み込まれたが、その後にヨハンの手で魂と肉体を再生され、プリムス・ピルスに乗せられて彼の手駒と化していた。ティシスと戦うはめになるが、ヨハンの支配に逆らってその場からサラとティアを逃がした。
その後はヨハンに体を操られ、メガエラを始末するためにイングリッド達へ襲い掛かるが、自力で心と体を取り戻し、ティシスやメガエラと共闘する。最終決戦ではユイ達とヨハンの戦闘を見守り、ユイ達に助けられて共に地上へ帰還した。

その他[ソースを編集]

ルクス
異界の力の源を司る少女。ヨハンが探していた存在で、容姿はレナと瓜二つ。アレクトの中に「もう一人のレナ」としてその姿を置き、度々ユイやレナの前に現れていた。最終話ではユイ達の窮地にアレクト、ティシス、メガエラの鍵を使い3機を合体させ、ヨハンに対抗できる力を与える。最終決戦後はユイからリングを渡され、ヨハンの首にそれを掛けて共に異界へ消えていった。

登場メカニック[ソースを編集]

レガリア[ソースを編集]

諸元
アレクト
ALECTO
分類 レガリア
種別 エリニウス
武装 格闘
ソーサー
必殺技 クリムゾン・レイド
ニエロ・アサルト
グラファイト・チャージ
アストラル・ブロー
乗員人数 2人
搭乗者 ユインシエル・アステリア
レナ・アステリア
アレクト
レナ(マグナ・アレクト)が変身することで出現する赤いレガリア。特性は「深淵(闇)」。12年前にリムガルド王国に現れている。右腕を失いマントを付けていたが、ユイが搭乗したことで赤く輝く右腕部が生え、マントがマフラー状に変化した。操縦者はユイ1人だが、戦闘時はコクピット内に人間姿のレナの幻影が現れ彼女をサポートする。切られた右腕は後にティシスから返還され、ユイとレナが完全契約した際に元へと戻った。契約後はレナもティアやケイと同じように実体化を果たしている。
剣や銃は持たずに格闘で戦い、腰にマウントした二つの円盤状のソーサーを様々な形態に変化させ補助装備とする。ソーサーはシールドとなるほか、背中のマフラーに装着させチャクラムに出来たり、足底に展開して高所からの落下速度を軽減することも可能。レナが限界を超えて力を引き出した際は全身から闇の力が炎のように吹き出し、赤く怒れる炎へと変化する。
必殺技
クリムゾン・レイド
第1話で披露。至近距離で掌から生み出された深淵の力を敵の内部で爆発させる必殺技。
ニエロ・アサルト
第3話で披露。両足に具現化した爪を杭のように打ち込み、敵を貫いて破壊する必殺技。
グラファイト・チャージ
第5話で披露。拳に砕けることのない刃を作り出し、高速回転させて敵を打ち抜く必殺技。
アストラル・ブロー
第12話で披露。限界を迎えたアレクトが全霊を捧げて右腕を巨大化し、相手を粉砕する必殺技。


諸元
ティシス
TISIS
分類 レガリア
種別 エリニウス
武装 剣「水鏡」
剣「大蛇」
必殺技 クズリュー
ナルカミ
サンコウジン
乗員人数 2人
搭乗者 サラ・クレイス
ティア・クレイス
ティシス
ティア(アウレア・ティシス)が変身することで出現する白いレガリア。特性は「天雷」。武装は腰に差した二振りの剣で、左腰の剣は「水鏡」の号を持ち、天雷の燦きを放つ青白い刀身は切断力が高い。右腰の剣は「大蛇」の号を持ち、蛇腹状の刃で構成され、鞭のようにも機能する。また、刃の部分をピンク色に発光させた鎖鎌状に変化させることもできる。必殺技も存在するが、発動に時間がかかるのが難点。
コクピットはタンデム配置で、操縦席の後ろ上側にティアが乗り込む[注 3]。12年前にはリムガルド王国でアレクトと戦い、右腕を切り落とした。第3話で初登場し、以降はアレクトと共闘している。
必殺技
クズリュー
第12話で披露。大蛇を纏わりつかせ、刃を食いこませて相手を切り裂く必殺技。
ナルカミ
第12話で披露。水鏡から天雷の力を居合の斬撃で飛ばし、相手を切断する必殺技。
サンコウジン
第12話で披露。水鏡の刀身に大蛇を変形合体させ、ドリル状にして対象を貫く必殺技。


諸元
メガエラ
MEGAERA
分類 レガリア
種別 エリニウス
武装 ランス
ライフル
肩部ビーム砲
ホーミングレーザー
ビット
必殺技 ジャッジメント・アロー
インフェルノ・スキュア
乗員人数 2人
搭乗者 イングリッド・ティエスト
ケイ・ティエスト
メガエラ
ケイ(ゼノ・メガエラ)が変身することで出現する金色と黒色基調のレガリア。特性は「獄炎」。第7話で初登場する。空を飛べないアレクトやティシスと違って飛行が可能。武装は両肩部に内蔵したビーム砲や球状の遠隔攻撃端末(ビット)、翼から放つホーミングレーザー。肩部のビーム射出口は武器生成装置としても機能し、連結できる2本のランスや実弾ライフルなどを取り出せる。
ティシスと同じく、コクピットはタンデム配置で、操縦席の後ろ上側にケイが乗り込む。第11話では刀や鎌といった多数の武器を出して敵相手に戦っている。
必殺技
ジャッジメント・アロー
第8話で披露。両肩の砲口部にランスを差し込み、最大出力で光の矢を放つ必殺技。
インフェルノ・スキュア
第12話で披露。ランスを突き立て、ビットのエネルギーを送り込み対象を破壊する必殺技。


諸元
エクテレウ・アレクト
EKTELEW ALECTO
分類 レガリア
武装 格闘
ビームアックス
必殺技 トリニティ・ストライク
乗員人数 6人
搭乗者 ユインシエル・アステリア
レナ・アステリア
サラ・クレイス
ティア・クレイス
イングリッド・ティエスト
ケイ・ティエスト
エクテレウ・アレクト
最終話に登場。「ルクス」の力を借りて、アレクト、ティシス、メガエラの3機が合体したレガリア。主要構成はアレクトだが白色を基調とした機体に変わり、左翼にティシスの意匠、右翼にメガエラの意匠を持つビームウィングが浮かぶ。6人乗りとなりメインパイロットはユイとレナが務める。主な攻撃方法はアレクトと同じく格闘で、腕部からビーム状の刃を出現できる。
必殺技
トリニティ・ストライク
最終話で披露。アレクト、ティシス、メガエラに乗る皆の力を集めて放つ必殺技。


諸元
オフルマズド(要塞型)
OHRMAZD
分類 レガリア
武装 有線式ビーム砲
超大型ビーム砲
乗員人数 1人
搭乗者 ヨハン
オフルマズド(人型)
OHRMAZD
分類 レガリア
武装 格闘
大型ビット
背部誘導ビーム
乗員人数 1人
搭乗者 ヨハン
オフルマズド(要塞型)
第12話に登場した要塞のような大型レガリア。搭乗者はヨハン。ティシスやメガエラの前に現れ、触手のような有線式の腕部から放つビームと、周囲の砲台との連携でサラやイングリッド達を追い詰めた。中央部には超大型のビーム砲を備える。その後にやって来たアレクトの必殺技「アストラル・ブロー」を受けて大破するが、ヨハンは内部に格納していた小型の人型機に乗り替えた。
オフルマズド(人型)
大型機内部から現れた人型レガリア。多数の拳を具現化して敵を殴りつけたり、巨大な菱形状の武器を召喚し、操ることができる。最終決戦でアレクト、ティシス、メガエラが合体したレガリアと激闘を繰り広げ、必殺技の「トリニティ・ストライク」に敗れた。


レガリア・ギア[ソースを編集]

諸元
ミレス
MILES
分類 レガリア・ギア
武装 大鉄球
乗員人数 1人
搭乗者 エドモンド・モラレス
ミレス
第1話に登場したレガリア・ギア。搭乗者はエドモンド・モラレス。ごつい体をした重装甲型の機体だが、背中のスラスターで加速性能は高い。武装は大型の鉄球で、回転させて破壊力を高めることができる。最初は優位に立つが、ユイを乗せたアレクトのパワーの前に両腕を引きちぎられ、必殺技の「クリムゾン・レイド」で破壊された。ミレスはラテン語で「兵士」を意味する。
12年前のリムガルド・フォール時は王国のレガリア研究施設にて複数の同型機が稼働状態にあり、第7話ではその残骸を確認できる。


諸元
ジョクラトル
JOCULATOR
分類 レガリア・ギア
武装 トランプカード
ビリヤードボール
ケーン
シールド
乗員人数 1人
搭乗者 ジョニー・マペット
ジョクラトル
第2話・第3話に登場したレガリア・ギア。搭乗者はジョニー・マペット。魔術師のような姿で、顔に仮面を付けている。トランプカードやビリヤードボール、杖(ケーン)など数々の武装を手品のように繰り出し、アレクトを翻弄した。左肩からビームシールドのような盾も展開できる。装甲は薄く、アレクトの必殺技「ニエロ・アサルト」を受けて大破し、最後は自爆して破壊された。ジョクラトルはラテン語で「道化者」を意味する。


諸元
ドゥクス
DUX
分類 レガリア・ギア
武装 大剣 / 内蔵銃
鉤爪
乗員人数 1人
搭乗者 アーベル・ルンテシュタット
ドゥクス
第4話・第5話に登場したレガリア・ギア。搭乗者はアーベル・ルンテシュタット。甲冑とマント姿の騎士風の機体。武装は背中の大剣で手の甲部分にも鉤爪状の武器を持つ。大剣は刀身を分割して先端部の銃口から弾を撃てるほか(連射と高威力の単発攻撃の使い分けが可能)、奥の手として全機能を解放し、巨大な光の刃を形成できる。機動性も高く、初戦ではアレクトを打ち据えて倒した。アレクトとの再戦時にて必殺技の「グラファイト・チャージ」の前に敗れる。ドゥクスはラテン語で「指導者」を意味する。


諸元
ウォラーレ
VOLARE
分類 レガリア・ギア
武装 子機
大口径ビーム砲
チェーンソー
足部ナイフ
乗員人数 1人
搭乗者 ヨハン
ウォラーレ
第6話から第8話に登場したレガリア・ギア。搭乗者はヨハン。翼が生えたカマキリのような異形の機体。菱形の「子機」を多数伴い、子機とドッキングして超高速飛行形態に移行できる。単機で都市を丸ごと焼き払える程の戦闘力を発揮し、アレクトの倍以上はある巨体ながら、機動性も優秀。武装は浮遊する子機からビームを放てるほか、胸部に大口径ビーム砲、両腕部にチェーンソーを備える。また、両足のナイフ状の部位も武器として利用可能。第8話では2本のチューブで超音波攻撃を行い、アレクトに乗るユイを拷問・殺害しようとした。最後はメガエラの必殺技「ジャッジメント・アロー」を受けて破壊された。ウォラーレはラテン語で「飛ぶ(飛翔)」を意味する。


諸元
プリムス・ピルス
PRIMUS PILUS
分類 レガリア・ギア
武装 格闘
腕部キャノン
乗員人数 1人
搭乗者 ノア・クレイス
プリムス・ピルス
第9話から登場したレガリア・ギア。サラ達の姉のノアが搭乗する。ヨハンがエナストリア首都に召喚した。レガリアの5~6倍の大きさを誇る。元々はルクス・エクスマキナの防衛システムとして設計された機体。主な攻撃方法は格闘で、その巨体から繰り出されるパンチの威力は絶大。他には腕部に衝撃波を放つキャノンを固定装備する。ケントゥリオ2機とのフォーメーション攻撃を基本戦術とし、3機の位置を瞬時に入れ替える瞬間移動能力を有する。ノアが心と体を取り戻してからは、サラやイングリッド達と共闘した。カラーリングは赤と灰色のツートン。プリムス・ピルスはラテン語で「筆頭百人隊長」を意味する。


諸元
ケントゥリオ
CENTURIO
分類 レガリア・ギア
武装 大型ライフル
反射シールド
搭乗者 無し(無人機)
ケントゥリオ
ノアが乗るプリムス・ピルスを補佐する無人機。カラーリングとフェイス部がバイザーになっている以外は、ノア機と同型。火炎弾を放つ大型ライフルを装備する後方支援機と、敵の攻撃を跳ね返す反射シールドを装備する近接支援機の2機が存在する。最後は両機ともティシスとメガエラに破壊された。カラーリングは紺色と灰色のツートン。ケントゥリオはラテン語で「百人隊長」を意味する。


用語[ソースを編集]

世界観・国家[ソースを編集]

舞台は地球とは別の惑星だが、文化や風土は現代の地球とよく似ている。1万年ほど前に巨大な文明が滅んだ過去を持つ。

エナストリア皇国
本作の舞台となる国家。首都はアステリ。女皇をユイが、首相をマーガレットが務める。ユイの母、祖母、曾祖母と代々女皇が国を治めており、四季が存在する。
リムガルド王国
エナストリアの北方に位置する立憲君主国で、気候は寒い。過去に「リムガルド・フォール」という人々が一夜で消失した事件が起きた。事件後は国連管理下に置かれ、立ち入りが禁止されている。
アフマルアルド共和国[注 4]
リューとロウが住む聖域がある共和制国家。国土は砂漠が広がる。元首はタラキ大統領。レガリアと契約者に会いたがったリューがユイやレナ、サラ姉妹を招いた。

技術・兵器[ソースを編集]

レガリア
レナやティアが変身する「アレクト」「ティシス」などの人型機動兵器の呼称。元々は、1万年ほど前に古代人達が発展のために「異界の力(ルクス)」を利用しようと作り出した産物。「コア」と「契約者」の二つが必要で、選ばれた人間が「コア」となり、媒介として異界の力を現世に顕現させることができる。なお、一度コアになると、ルクスの力で自動的に「不老」になり、年は取らない。レガリアの力を引き出せる人間を「契約者」と呼び、契約者がコアと完全契約すると、契約者自身も不老の存在となる。だが、「不死」ではないため、コアも契約者も力を使い続けるといずれ消滅する危険性がある。
レガリアには生命と水を司る「エンキ」と復讐の三女神の力を司どる「エリニウス」の2種類があり、アレクト、ティシス、メガエラの3体は戦うために作られた「エリニウス」のレガリアで、その強大な力は「ルクス・エクスマキナ」の封印に使われた。また、3機が揃うと「共鳴」を起こせるが、発動には全機に契約者が必要となる。
レガリア・ギア
ヨハンがレガリアを模して創造した人型機動兵器。こちらはレガリアのイミテーションと言うべき存在で、レガリアのようにコアや契約者を全く必要とせず(人間を介さず)に異界の力を引き出して利用できる。パイロットは結晶状のコクピットへと乗り込んで、機体を操縦する。しかし、エドモンドやジョニーのような人形ではない普通の人間(アーベルなど)が搭乗した場合、徐々に体を浸食されていき、最終的には同化されてしまう。
ルクス・エクスマキナ
古代人が開発したレガリアの後継機で、適性のある人間を人柱とする人造レガリアコア。搭乗者を必要とせず、全自動でルクスの力を権限・行使可能な究極の存在。惑星の周囲を囲む籠のような形状で、中枢部には人間の魂を捕獲できる「オービス」と呼ばれる装置がある。だが、ある日を境に自我に目覚めたことから崩壊が始まり、1万年前に古代人の文明を滅ぼした暴走の原因となった。後にエリニウスの3機のレガリアの手で封印されたものの、長い年月の経過と共に力の一部が現世に顕現して、ヨハンの姿を取った。そして最終的に自身の復活のためにヨハンは行動を開始することとなる。レガリアの「共鳴」が行われるとルクス・エクスマキナの封印も解かれるが、この情報はヨハンが秘匿していたため、彼以外は誰一人知らなかった。

その他の用語[ソースを編集]

リムガルド・フォール
今から12年前にリムガルド王国で発生した事件。当時のリムガルドは世界有数の技術を持つ国だったが、新しい研究の成果が出ず、技術の発展に行き詰っていた。そこに現れたヨハンにより、過去の遺物(レガリアに封印された、ルクス・エクスマキナ)を復活するというプロジェクトが行われたが、ヨハンは単にリムガルドを利用していただけであり、結果は失敗して国家が崩壊し、国民が消滅するという惨劇に終わった。

スタッフ[ソースを編集]

  • 原作 - Delegation of Enastoria
  • 監督 - 登坂晋
  • 構成・脚本 - 小柳啓伍
  • キャラクター原案 - QP:flapper
  • キャラクターデザイン - 西尾公伯
  • サブキャラクターデザイン - 常盤健太郎
  • メカデザイン・メカ総作画監督 - 鈴木勘太
  • プロップデザイン - 松尾慎
  • 美術監督 - 片平真司
  • 色彩設計 - 原田幸子
  • 撮影監督 - 田中恒嗣
  • 編集 - 吉武将人
  • 音響監督 - 岩浪美和
  • 音楽 - 高橋諒
  • 音楽制作 - ランティス
  • 音楽プロデューサー - 吉江輝成
  • プロデューサー - 川村仁、百武弘二、岡村武真、山崎史紀、金庭こず恵、中島保裕、土橋哲也、大橋智之、若林由美(第2話 - )、伊藤幸弘、青木絵理子、兼光一博(復活放送第3話 - )
  • アニメーションプロデューサー - 丸山俊平
  • プロデュース - 永谷敬之
  • アニメーション制作 - アクタス
  • 製作 - Regalia Project

主題歌[ソースを編集]

オープニングテーマ「Divine Spell」
作詞 - 唐沢美帆 / 作曲・編曲 - 本多友紀 / 歌 - TRUE
第1話ではエンディングテーマとして使用。
エンディングテーマ「Patria」(第2話 - )
作詞・歌 - Minami / 作曲 - 俊龍 / 編曲 - 菊田大介

各話リスト[ソースを編集]

話数 サブタイトル 絵コンテ 演出 作画監督 総作画監督 メカ作画監督
#1 姉妹 / SISTER 登坂晋 西尾公伯 - 鈴木勘太
#2 宣告 / JUDGE 松尾慎 伊藤岳史 常盤健太郎 山下将仁
#3 真心 / HEART 川口敬一郎 相浦和也 永田正美 西尾公伯 -
#4 虚勢 / PRIDE 佐野隆史 横田一平 大田謙治
片岡英之
正木優太
常盤健太郎 小美野雅彦
#5 反撃 / AWAKE 登坂晋
鈴木勘太
工藤寛顕 西尾公伯 - 鈴木勘太
#6 神機 / TRUTH 川口敬一郎 大平直樹 杉本功 常磐健太郎
#7 過去 / DISCORD 斉藤良成
松尾慎
町谷俊輔 伊藤岳史 西尾公伯 永田正美
#8 帰還 / HARMONY 松尾慎 西尾公伯
実原登
小島えり
山下将仁
#9 継承 / CONNECT 大平直樹 相浦和也 伊藤岳史 永田正美
#10 孤立 / ALONE 吉川浩司 殿水敦子
藤本義孝
河西睦月
杉本功
-
#11 牢獄 / PRISON 川口敬一郎 工藤寛顕 小島えり 永田正美
#12 奪還 / REGAIN 大平直樹 大平直樹
松尾慎
伊藤岳史 山下将仁
#13 家族 / FAMILY 佐野隆史
鈴木勘太
登坂晋 西尾公伯 - 鈴木勘太

ダイジェスト[ソースを編集]

放送休止期間中にBSフジAT-Xで放送された既存の映像にナレーションが追加されたダイジェスト。

話数 サブタイトル ナレーション
DIGEST 1 激動 本渡楓
DIGEST 2 衝動

放送局[ソースを編集]

日本国内 テレビ / 第1話 - 第4話(初回) 放送期間および放送時間[10]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [11] 備考
2016年7月7日 - 7月28日 木曜 22:00 - 22:30 AT-X 日本全域 製作委員会参加 / リピート放送あり
2016年7月7日 - 7月28日 木曜 22:30 - 23:00 TOKYO MX 東京都
2016年7月8日 - 7月29日 金曜 1:30 - 2:00(木曜深夜) サンテレビ 兵庫県
2016年7月11日 - 8月1日 月曜 0:30 - 1:00(日曜深夜) BSフジ 日本全域 製作委員会参加
日本国内 テレビ / 関連特番・ダイジェスト 放送期間および放送時間[12]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [11] 備考
2016年8月8日8月15日
2016年8月29日[13]
月曜 0:30 - 1:00(日曜深夜) BSフジ 日本全域 製作委員会参加
2016年8月11日8月18日
2016年8月30日[14]
木曜 22:00 - 22:30
火曜 1:30 - 2:00(月曜深夜)
AT-X 日本全域 製作委員会参加 / リピート放送あり
日本国内 テレビ / 再開後 放送期間および放送時間[15]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [11] 備考
2016年9月1日 - 11月24日 木曜 22:00 - 22:30 AT-X 日本全域 製作委員会参加 / リピート放送あり
木曜 22:30 - 23:00 TOKYO MX 東京都
2016年9月2日 - 11月25日 金曜 1:30 - 2:00(木曜深夜) サンテレビ 兵庫県
2016年9月5日 - 9月26日
2016年10月3日 - 11月28日
月曜 0:30 - 1:00(日曜深夜)
月曜 1:30 - 2:00(日曜深夜)
BSフジ 日本全域 製作委員会参加
日本国内 インターネット / 放送期間および放送時間[16]
放送期間 配信時間 配信サイト 備考
2016年7月7日 - 木曜 23:00 更新 U-NEXT / アニメ放題 / GYAO!
2016年7月11日 - 月曜 12:00 更新 ひかりTV / Google Play ムービー&TV / dアニメストア
バンダイチャンネル / ニコニコチャンネル / PlayStation Video
DMM.com / HAPPY動画 / dTV / Hulu / UULA
月曜 22:00 - 22:30 LINE LIVE
月曜 23:00 - 23:26 AbemaTV リピート放送あり
2016年7月12日 - 火曜 更新 J:COMオンデマンド / iTSCOMオンデマンド
TOKAIオンデマンド / みるプラス / ビデオパス
2016年7月15日 - 金曜 更新 アクトビラ
2016年7月17日 - 日曜 更新 TSUTAYA TV

BD / DVD[ソースを編集]

発売日 収録話 規格品番
BD DVD
1 2016年11月2日 第1話 - 第2話 BIXA-1121 BIBA-3041
2 2016年12月2日 第3話 - 第4話 BIXA-1122 BIBA-3042
3 2017年1月6日 第5話 - 第6話 BIXA-1123 BIBA-3043
4 2017年2月2日 第7話 - 第8話 BIXA-1124 BIBA-3044
5 2017年3月2日 第9話 - 第10話 BIXA-1125 BIBA-3045
6 2017年4月4日予定 第11話 - 第13話 BIXA-1126 BIBA-3046

Webラジオ[ソースを編集]

ラジオ レガリア 本渡楓のエナストリア皇報局』は、音泉で2016年9月22日から、同年12月8日迄、毎週木曜に配信されていた番組[17]。パーソナリティはユインシエル・アステリア役の本渡楓。特記が無い限り、記述は前述のラジオ公式サイトの記述に基づく。

ゲスト[ソースを編集]

  • 第1、2回:佐倉綾音(レナ・アステリア 役)
  • 第3、4回:瀬戸麻沙美(イングリッド 役)
  • 第5、6回:小倉唯(ティア 役)
  • 第7、8回:久保ユリカ(サラ 役)
  • 第11回:東山奈央(ケイ・ティエスト 役)
  • 第12回:緒方恵美 (ヨハン 役)
  • ラジオCD録りおろし:浅倉杏美(アオイ・コノエ 役)、井口裕香(ナル・アリサカ 役)

コーナー[ソースを編集]

  • 私のリムガルドフォール - 作中の大事件リムガルドフォールに因み、リスナーにとっての大事件を募集するコーナー。
  • ロイヤルかえでのお言葉! - 本渡楓の役である皇女のユイを演じるに当たり、ご本人にもロイヤルな気持ちを理解してもらうとの名目の元、このコーナー内では『本渡皇国の"かえで皇女"』となり、本編のユイのように定例記者会見の形でリスナーからの質問やお悩み相談に回答するコーナー。
  • 企画/CORNER - 本渡楓とゲストで色々なチャレンジをしていくコーナー。
  • レガリア・ギア 叫びます! - 作中の『レガリア・ギア』に因み、リスナーが叫びたい心の声を本渡楓とゲストが『レガリア・ギア』として、心の声を大声で代弁するコーナー。但し、『レガリア・ギア』は一度使用したら使用者の消耗が激しいという設定の下、一度紹介された者からの投稿は二度と読まれない[注 5]

ラジオCD[ソースを編集]

  • ラジオCD「ラジオ レガリア 本渡楓のエナストリア皇報局」 - 2017年1月25日発売。CD2枚組、1枚目は新規録り下ろしのオーディオCD、2枚目は、MP3形式で配信分のラジオを全て収録。

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]

注釈[ソースを編集]

  1. ^ TOKYO MX・サンテレビではTARI TARIの冒頭2話と最終2話をアンコール放送する形で穴埋め。
  2. ^ B88、W58、H85。
  3. ^ レナと違い、きちんと人間姿で実体化している。
  4. ^ 公式サイトのストーリーでは「アフマルルド」と表記されているが、BD・DVD付属の冊子では「アフマルアルド」と書かれている。
  5. ^ 但し、他のコーナーへの投稿はその限りではない旨がラジオ内で明示されている。

出典[ソースを編集]

  1. ^ TVアニメ『レガリア』9月1日からの復活放送では、一部セリフやシーンが追加されている!? 第1話より、追加カットを公開アニメイト公式サイト
  2. ^ 【アニメジャパン速報】新作ロボットアニメ『レガリア The Three Sacred Stars』7月より放送開始!!”. 電撃ホビーウェブ (2016年3月26日). 2016年7月28日閲覧。
  3. ^ テレビアニメ「レガリア The Three Sacred Stars」7月開始 アクタスが手がける美少女メカアクション”. アニメ!アニメ! (2016年3月26日). 2016年4月12日閲覧。
  4. ^ 『レガリア』女性声優6名出演の特番が放送決定!”. アニメイトタイムズ (2016年6月21日). 2016年7月28日閲覧。
  5. ^ 『レガリア』声優ら登壇の第1話&2話の先行上映イベントが開催決定”. アニメイトタイムズ (2016年6月13日). 2016年7月28日閲覧。
  6. ^ 明かせない謎ばかりでキャスト陣ももどかしい?「レガリア」ステージレポート【ワンフェス2016夏】”. WebNewtype (2016年7月25日). 2016年7月28日閲覧。
  7. ^ 『レガリア The Three Sacred Stars』放送・配信に関するお詫び”. 【レガリア】TVアニメ公式 (2016年7月28日). 2016年7月28日閲覧。
  8. ^ 7月期アニメ「レガリア」がクオリティの問題で放送一旦終了。9月に仕切り直し”. AV Watch (2016年7月28日). 2016年7月28日閲覧。
  9. ^ 緒方恵美「驚き」アニメ「レガリア」突然の放送休止”. 日刊スポーツ (2016年7月28日). 2016年7月28日閲覧。
  10. ^ ONAIR”. TVアニメ「レガリア The Three Sacred Stars」公式ウェブサイト. 2016年8月2日閲覧。
  11. ^ a b c テレビ放送対象地域の出典: 放送分野の動向及び規制・制度(資料2)”. 政府規制等と競争政策に関する研究会「通信・放送の融合の進展下における放送分野の競争政策の在り方」. 公正取引委員会. p. 2 (2009年10月9日). 2016年8月12日閲覧。 基幹放送普及計画”. 2016年8月12日閲覧。 地デジ放送局情報”. 一般社団法人デジタル放送推進協会. 2016年8月12日閲覧。
  12. ^ ONAIR”. TVアニメ「レガリア The Three Sacred Stars」公式ウェブサイト. 2016年8月2日閲覧。
  13. ^ 『レガリア The Three Sacred Stars』”. 2016年8月15日閲覧。
  14. ^ レガリア The Three Sacred Stars”. 2016年8月15日閲覧。
  15. ^ ONAIR”. TVアニメ「レガリア The Three Sacred Stars」公式ウェブサイト. 2016年8月2日閲覧。
  16. ^ ONAIR”. TVアニメ「レガリア The Three Sacred Stars」公式ウェブサイト. 2016年7月17日閲覧。
  17. ^ ラジオ レガリア 本渡楓のエナストリア皇報局”. 音泉. 2016年9月22日閲覧。

外部リンク[ソースを編集]

BSフジ 月曜 0:30 - 1:00(日曜深夜)枠
前番組 番組名 次番組
それが声優!(再放送)
レガリア The Three Sacred Stars
(第1話 - 第4話・復活版&総集編も含む)
冗談手帳
BSフジ 月曜 1:30 - 2:00(日曜深夜)枠
レガリア The Three Sacred Stars(第5話以降)