ザ・タッチ (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ザ・タッチ
スタン・ブッシュの楽曲
収録アルバム ザ・トランスフォーマーズ・ザ・ムーヴィー:オリジナル・モーション・ピクチュア・サウンドトラック
ジャンル ロック
時間 3:55
作詞者 レニー・マカルーソ (Lenny Macaluso)
スタン・ブッシュ
プロデュース リッチー・ワイズ (Richie Wise)

ザ・タッチ」(The Touch)は、アメリカ合衆国歌手でありギタリストスタン・ブッシュによるロック・ミュージック・ソングである。

解説[編集]

この曲は1986年アニメーション映画トランスフォーマー ザ・ムービー』における有名な挿入歌であり、翌年リリースされたサウンドトラックアルバム(The Transformers The Movie: Original Motion Picture Soundtrack)に収録された。さらに、この映画の続きに当たるテレビアニメ『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー2010』でも、最終回「コンボイの復活 パート2(The Return of Optimus Prime Part 2)」の挿入歌として使用された。 また、同アルバム内の"ウィアード・アル"ヤンコヴィックによる「デアー・トゥー・ビー・ストューピド」(Dare to Be Stupid)との両A面シングルもリリースされている。

近年では、1997年の映画『ブギーナイツ』でマーク・ウォールバーグがこの「ザ・タッチ」を(あえてではあるが下手に)歌って、曲のほうに悪評が付いた[1]。彼のカヴァーは1枚目の映画サントラのアルバム『ブギーナイツ』(Boogie Nights: Music from the Original Motion Picture)に隠しトラックとして収録されている。加えてこの曲は、2008年本放送の『チャック』の1エピソード「チャック・ヴァーサス・トム・ソーヤー」("Chuck Versus Tom Sawyer")でも使用されている。

ブッシュはこの曲の再録版を2007年の実写映画『トランスフォーマー』に提供したが、最終的にサウンドトラックには収録されなかった。後にブッシュが録音した「サムズ・シーム」(Sam's Theme)という副題の別ヴァージョンは続編である2009年の『トランスフォーマー: リベンジ』(Revenge of the Fallen)に加わる可能性がある[2]。2009年ヴァージョンはオリジナルや2007年のそれとは大きく異なり、ラップ・ヴァースと更なる悲壮感の音質とが加味されたため「リデュー・ア・ラ・リンキン・パーク」(redux a la Linkin Park)と表現されている[3]

2013年8月に発売されたゲーム『Saints Row IV』ではオリジナルの「ザ・タッチ」が使用された。ゲーム中聴くことができるラジオで流れるほか、ストーリー上の重要なシーンで挿入歌としても使用されている。

再発売[編集]

2009年5月28日、2007年ヴァージョンの「ザ・タッチ」はTVゲーム『ギター・ヒーロー・ワールド・トゥアー』(Guitar Hero World Tour)でのダウンロード可能なトラックとしてリリースされた[4]。ブッシュは自分の歌がこのゲームか、或いは競合している音楽ゲームの『ロック・バンド』(Rock Band)に登場することを望んでいると表明していた[5]

参照[編集]

  1. ^ なお、「ブギーナイツ」本編で、彼がこの曲の歌唱をスタジオで録音する場面の時代が1983年3月に設定されているが、この曲の発表年は1986年なので、彼は厳密にはまだ存在していない曲を歌っていることになる。
  2. ^ Sciretta, Peter (2009年5月14日). “Transformers 2 Remake of Stan Bush’s “The Touch””. /Film. 2009年7月8日閲覧。
  3. ^ Stan Bush Remakes "The Touch"”. tfw2005 (2009年5月14日). 2009年7月8日閲覧。
  4. ^ de Matos, Xav (2009年3月19日). “Stan Bush's 'The Touch' coming to Guitar Hero”. Joystiq. 2009年7月8日閲覧。
  5. ^ Fahey, Mike (2008年10月6日). “Stan Bush Wants "The Touch" In Guitar Hero, Rock Band”. Kotaku. 2009年7月8日閲覧。