トランスフォーマー ユナイトウォリアーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

トランスフォーマー ユナイトウォリアーズは、タカラトミー2015年6月に発売を開始した、トランスフォーマーの玩具シリーズである。同年より海外展開が行われた『トランスフォーマー コンバイナーウォーズ英語版』の日本導入版となる。

概要[編集]

トランスフォーマーのキャラクターのうち、スクランブル合体ロボに焦点をあてたシリーズ。胴体及び手足となるロボットが合体時に使用するジョイント部分が共用されており、初代G1玩具と同様に手足を自由に入れ替える事ができる。パッケージ及び説明書には初代玩具と同じ「スクランブル合体」のロゴが用いられている。胴体担当はボイジャークラス相当、手足担当はデラックスサイズ相当となっており、合体時のサイズは初代玩具版より大型化している一方、初代玩具にあった胴体担当メンバーの基地モードへの変形は省略されている。合体手首・足首は武器に変形させて各メンバーに装備でき、手足の各部分に組み替える事ができる。

商品としては複数体のセット販売が主となっており、基本的に一つの商品で1体の合体戦士が完成するようになっている。「コンバイナーウォーズ」では合体メンバーにシリーズオリジナルキャラクターが含まれる事があったが、本シリーズでは新規造形などの仕様変更を用いて原作と同じメンバー編成を実現している。各トランスフォーマーは、他の日本展開シリーズと同じくアニメ版を元にしたカラーリングが行われている。

本シリーズを元にしたメディア展開等は行われていないが、一部のタカラトミーモール限定販売商品は、同サイトに坂本勇人によるキャラクター紹介コミックが掲載された。また、坂本は本シリーズ製品の説明書に掲載される「ユナイトウォリアーズオフショット」と題したイラストも担当している。

商品ラインナップ[編集]

通常ナンバリング[編集]

UW01 エアーボット合体戦士 スペリオン / Superion
登場作品『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』。5体のジェット戦闘機から合体。各ビークルモードは初代玩具と似た形状になっているが、厳密なモチーフは設定されていない。海外版ではスリングの代わりにヘリコプターに変形するアルファブラボー(Alpha Bravo)が編入されていたが、本商品ではファイアーボルトと同一型のボディに新規造形の頭部を組み合わせたスリングが新たに作られた。この型は後に海外版に逆輸入されている。
  • 指揮官 シルバーボルト / Silverbolt
  • 副官 スリング / Slingshot
  • 航空戦略家 スカイダイブ / Skydive
  • 偵察員 ファイアーボルト / Fireflight
  • 戦士 エアーライダー / Air Raid
UW02 スタントロン合体兵士 メナゾール / Menasor
登場作品『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』。5台の車から合体。スペリオン同様、各ビークルモードは厳密なモチーフは設定されていない。海外版ではワイルドライダーの代わりに4WDカーに変形するオフロード(Offroad)が編入されていたが、本商品ではデッドエンドと同一型のボディに新規造形の頭部を組み合わせたワイルドライダーが新たに作られた。この型は後に海外版に逆輸入されている。パッケージ及び説明書への記載は無いが、『トランスフォーマーアドベンチャー』シリーズにて発売された「TAV25 ディセプティコンラナバウト」を胸部へと合体させる事ができる。
  • 参謀 モーターマスター / Motormaster
    トラックに変形。初代とは異なりコンテナが無い。
  • 斥候 ブレークダウン / Breakdown
  • 兵士 ドラッグストライプ / Drag Strip
  • 暴走兵 ワイルドライダー / Wildrider
  • 兵士 デッドエンド / Dead End
UW03 プロテクトボット合体戦士 ガーディアン / Defensor
登場作品『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』。タカラトミーモール限定販売商品。5台の緊急車両から合体。海外版ではグルーブは胸部に変形するスカウトクラスにて発売され、代わりに装甲車に変形するルーク(Rook)が編入されていたが、本商品では新規造形によりグルーブが新たに作られた。この型は後に同一の仕様で海外版に逆輸入されている。パッケージ及び説明書への記載は無いが、『トランスフォーマーアドベンチャー』シリーズにて発売された「TAV-26 オーバーライド」を胸部へと合体させる事ができる。
  • 防衛指揮官 ホットスポット / Hot Spot
    消防車に変形。
  • 航空支援員 グレイズ / Blades
    レスキューヘリに変形。頭部以外は国内未発売のアルファブラボーと同一型を使用。
  • 救助員 ファーストエイド / First Aid
    救急車に変形。国内未発売のオフロードと機構を共有しているが、頭部及び外装が異なる。
  • 偵察員 グルーブ / Groove
    ポリスバイクに変形。完全新規造形。
  • 追撃員 ストリートワイズ / Streetwise
    ポリスカーに変形。デッドエンド・ワイルドライダーと機構を共有しているが、頭部及び外装が異なる。
UW04 ビルドロン合体兵士 デバスター / Devastator
登場作品『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』。6台の建設車両から合体。本商品のみ、スクランブル合体とは関係の無い単独商品となっている。各メンバーはそれぞれボイジャークラス相当、合体後のサイズは約45cmと他商品より一回り大きなサイズとなっている。合体後の頭部は海外版ではゴーグル状のみとなっていたが、本商品ではゴーグル部を可動させる事でツインアイ状態を再現。また、海外版には無かった個別状態の武器が新規に付属し、これらの武器は合体時には背中に装着しておく事が可能。
  • 衛生兵 グレン / Hook
    クレーン車に変形。海外版から肘関節が追加された。
  • 輸送兵 ロングハウル / Long Haul
    ダンプトラックに変形。海外版から肘関節が追加された。
  • 採掘兵 スカベンジャー/Scavenger
    ショベルカーに変形。海外版から膝関節の接続方法が変更された。
  • 破壊兵 ボーンクラッシャー/Bonecrusher
    ブルドーザーに変形。海外版から膝関節の接続方法が変更された。
  • 建築兵 スクラッパー / Scrapper
    ショベルドーザーに変形。海外版から肘関節が追加された。
  • 偽装兵 ミックスマスター / Mixmaster
    ミキサー車に変形。海外版から肘関節のパーツが追加された。
UW05 カーロボット合体戦士 コンボイグランドプライム / Ultra Prime
登場作品『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』。タカラトミーモール限定販売商品。5台の車から合体。各メンバーは初代アニメの登場キャラクターだが、合体形態のみ玩具オリジナルとなる。
  • 総司令官 コンボイ / Optimus Prime
    トラックに変形。モーターマスターと機構を共有しているが、頭部、外装及び武器が異なる。
  • 警備員 アイアンハイド / Ironhide
    4WDカーに変形。頭部以外は国内未発売のオフロードと同一型を使用。
  • 戦略家 プロール / Prowl
    パトカーに変形。頭部以外はストリートワイズと同一型を使用。
  • 戦士 サンストリーカー / Sunstreaker
    スポーツカーに変形。頭部以外はブレークダウンと同一型を使用。
  • 諜報員 リジェ / Mirage
    F1カーに変形。頭部以外はドラッグストライプと同一型を使用。
UW06 怨霊破壊大帝 グランドガルバトロン / Galvatronus
タカラトミーモール限定販売商品。本シリーズにて新たに設定された合体戦士。ワンダリングローラー以外は歴代シリーズのデストロン兵士がモチーフとなっており、メンバー全員に肩書が設定されていない。海外版のガルバトロナスでは変形前のサイクロナスに準じた紫色のカラーリングだったが、グランドガルバトロンでは初代玩具版のD-62 要塞参謀 ガルバトロン」を模したカラーリングとなっている。
  • タクシティアンサイクロナス / Cyclonus
    登場作品『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー2010』。SFジェットに変形。
  • ゴーストスタースクリーム / Starscream
    登場作品『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー2010』。ジェット戦闘機に変形。スカイダイブと同一型を使用、頭部のみ新規造形。またボディ部はクリア成型。
  • カースアルマダスラスト / Thrust
    登場作品『超ロボット生命体トランスフォーマー マイクロン伝説』。ジェット戦闘機に変形。エアーライダーと同一型を使用し、頭部のみ新規造形。
  • ゾンビウォーブレークダウン / Brakedown
    登場作品『超ロボット生命体 トランスフォーマー プライム』。4WDカーに変形。国内未発売のオフロードと同一型を使用。
  • ワンダリングローラー / Roller
    登場作品『The Transformers: More than Meets the Eye』。六輪装甲車に変形。国内未発売のルークと同一型を使用。
UW07 コンバットロン合体兵士 ブルーティカス / Bruticus
登場作品『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』。5台の軍事兵器から合体。「コンバイナーウォーズ」ではブラストオフはスリングのカラーリングを変更した物だったが、本商品では新規造形により再現されている。スィンドル・ブロウルの合体用足首は各々のパーソナルカラーと同一になっており、合体時のカラーリングをよりアニメに近付ける試みがなされている。
  • 攻撃参謀オンスロート / Onslaught
    軍事用トレーラーに変形。ホットスポットと機構を共有しており、頭部及び外装が変更されている他、ビークルモードでの前後が逆になっている。
  • 宇宙兵ブレストオフ / Blast Off
    スペースシャトルに変形。完全新規造形。
  • 偵察兵ボルター / Vortex
    戦闘ヘリに変形。国内未発売のアルファブラボーと同一型を使用しているが、ローターが4枚になっている。
  • 補給兵スィンドル / Swindle
    コンバットバギーに変形。ワンダリングローラーと機構を共有しているが、頭部・外装及び武器が異なる。
  • 狙撃兵ブロウル / Brawl
    戦車に変形。
UW08 テックボット合体戦士 コンピューティコン / Computron
登場作品『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー2010』。5台のSFマシンから合体。国内版のみの新規造形部分や各メンバーの型の選択など、海外版からの変更点が多い。
  • 攻撃指揮官スキャッターショット / Scattershot
    SFジェットに変形。シルバーボルトと機構を共有しており、頭部・外装及び武器が異なる。胸部は国内版にて新規造形。
  • 射撃員アフターバーナー / Afterburner
    SFバイクに変形。グルーブと機構を共有しており、頭部・外装が異なる。武器は国内版にて新規造形。
  • 狙撃員ストレイフ / Strafe
    SFジェットに変形。ブレストオフと機構を共有しており、頭部・外装及び武器が新規造形。
  • 探索員ライトスピード / Lightspeed
    SFカーに変形。海外版ではストリートワイズの使用変更品だったが、本商品ではブレークダウンと機構を共有しており、頭部が新規造形。
  • 砲撃員ノーズコーン / Nosecone
    ドリル戦車に変形。海外版ではブロウルの仕様変更品だったが、本商品ではワンダリングローラーと機構を共有しており、頭部・外装及び武器が新規造形。

限定品など[編集]

UW-EX デストロン暗黒司令 グランドスカージ
e-HOBBYショップ限定販売。本商品のみ、合体セットでは無く胴体担当のみの単品商品となっている。本体はコンボイのカラーリング変更品で、『トランスフォーマー スーパーリンク』シリーズにて販売された同名キャラクターのプラキットをモチーフにしている。コンボイの同様の付属品の他に巨大な剣「マトリクスブレイカー[注釈 1]」が付属。インシグニアはユーザーシールとなっており、デストロン、コンバットロン(トランスフォーマー カーロボット)、ユニクロン陣営の三種から選択するようになっている。
UW-EX 特別災害救助防衛戦士 リンクスマスター / Sky Reign
タカラトミーモール限定販売。初代・2010から編成されたサイバトロン戦士が合体。コンボイグランドプライムと同じく、合体形態のみ玩具オリジナル形態となる。ラチェットは海外では通常販売されておらず、ボットコン2016にて無塗装の状態で販売された物と同一型を使用している。
  • 輸送員スカイリンクス / Sky Lynx
    スペースシャトルに変形。初代玩具と異なり、ダイノバードと山猫に分離するギミックは省略されている。
  • 偵察員ハウンド / Hound
    コンバットバギーに変形。頭部以外はスィンドルと同一型を使用。武器は肩のジョイントに取り付けるよう指定されている。
  • 技術者ホイルジャック / Wheeljack
    スポーツカーに変形。頭部以外はライトスピードと同一型を使用。
  • 看護員ラチェット / Ratchet
    救急車に変形。頭部以外はファーストエイドと同一型を使用。ただし、武器がワンダリングローラーと同一型の物に変更されている。
  • 戦略家トレイルブレイカー / Trailbreaker
    4WDカーに変形。頭部及び右腕以外はアイアンハイドと同一型を使用。
UW-EX ウーマンデストロン合体女兵士 メガトロニア
タカラトミーモール限定販売。本シリーズオリジナルキャラクター。海外版でオートボットの女性合体戦士ヴィクトリオン(Victrion)として発売された物とほぼ同一の内容[注釈 2]だが、カラーリングが大幅に変更され、別陣営のキャラクターとして発売された。各々の装備する武器を一つにした「合体剣デストピア」を装備。合体用手足首は専用の物が使用され、分離時に武器に出来ない代わりに、女性的な造形を重視した物になっている。
  • 破壊女帝 メガエンプレス
    破壊消防車に変形。ホットスポットと機構を共用しており、頭部・胸部造形が異なる。専用武器「ジャッジピッケル」を装備。
  • 守護兵 ルナクローバー
    アタックヘリコプターに変形。グレイズと機構を共用しており、頭部・胸部・腕部造形が異なる。専用武器「フレイムソード」を装備。
  • 守護兵 ムーンハート
    アタックヘリコプターに変形。ルナクローバーと対になる仕様で、頭部・胸部造形及びカラーリングが異なる。専用武器「ブリザードブレード」を装備。
  • 忍者兵 フロウスペード
    ステルスカーに変形。デッドエンドと機構を共用しており、頭部・胸部造形が異なる。専用武器「トルネードカッター」を装備。
  • 参謀 トリックダイヤ
    アタックカーに変形。ブレークダウンと機構を共用しており、頭部・胸部造形が異なる。専用武器「クエイクシールド」を装備。
UW-EX 戦闘スペシャリスト バルディガス / Ruination
登場作品『トランスフォーマー カーロボット』。5台の軍事兵器から合体。原典と同じくUW07ブルーティカスの仕様変更品だが、合体用手足首が造形を重視した専用の物[注釈 3]に変更されている。また、他商品から金型を流用した武器が新規に付属し、組みあわせる事で完成する二丁の合体銃「バルバスター」を再現している。
  • 鋼鉄将軍ドルレイラー / Mega-Octane
    軍事用トレーラーに変形。オンスロートと同一型。スキャッターショットと同一型の銃が追加され、ビークルモード時のキャノンが延長されている。
  • 衛星参謀 シャトラー / Movor
    スペースシャトルに変形。ブレストオフと同一型だが、アニメ設定に合わせボディの前後が変更されている。スクラッパーと同一型の武器が追加された。
  • 航空参謀 ヘプター / Ro-Tor
    戦闘ヘリに変形。ボルターと同一型。ミックスマスターと同一型の武器が追加された。
  • 陸上参謀 グリジバー / Rollbar
    コンバットバギーに変形。スィンドルと同一型。ロングハウルと同一型の武器が追加された。
  • 装甲参謀 ダンガー / Armorhide
    戦車に変形。ブロウルと同一型。

キャラクター[編集]

本シリーズにおいて新たに設定された物のみ記載。タカラトミーモール公式サイトにて公開されたコミックでは、『トランスフォーマー ザ☆ヘッドマスターズ』から10年後の2021年を舞台としている[1]

総司令官 コンボイ
オラクルの力により合体戦士として蘇ったG1世界のコンボイ。アイアンハイド、プロール、サンストリーカー、リジェと合体し、合体戦士コンボイグランドプライムとなる。コミック初登場時はセイバートロン星にてラチェットによる修理を受けていたが[1]、ウーマンデストロンの出現に際し復活[2]。彼女達との交戦中、セイバートロン星を再び侵略しようとするユニクロンが襲来。これに対して他の合体戦士たちと共闘し、ワンダリングローラーとの合体形態コンボイグランドプライム・ローラーエディションによりユニクロンを撃退する。生と死を繰り返しすぎた故にオラクルの力を持ってしても七日間のみの命を与えられなかったため、ユニクロンとの決戦後に再び死亡する[3]
要塞参謀 ガルバトロン(ガルバトロンII)[4]
G1世界とは違う別次元で誕生したもう一人のガルバトロン。かつてG1世界を訪れたが、既に新破壊大帝ガルバトロンが存在したため過去の世界に渡り、ダイノザウラーと共に暴れまわるが、メトロフレックスとの戦いに敗れ命を落とす。その後クリエーションマトリクスの力で霊体となって活動し、『ザ☆ヘッドマスターズ』において死亡した新破壊大帝ガルバトロンを名乗りサイクロナスに乗り移る[5]。トリプルZポイントに封印されたユニクロンの力を借り、合体戦士グランドガルバトロンとなってセイバートロン星を支配するためサイバトロンと戦う[5]。サイバトロンとの交戦中、セイバートロン星と合体しようとしたユニクロンに対して攻撃を加えたが返り討ちに遭い、ガルバトロンIIとしての正体を現す。サイクロナスへの憑依を解きメガエンプレスに乗り移ろうとするがマトリクスを狙うグランドスカージに止められ、その隙を突いたメガエンプレスの攻撃によりグランドスカージもろとも次元の狭間へと吸い込まれていった[3]
ユニクロン
『2010』以降の首だけとなった姿で登場。宇宙空間のトリプルZポイントに潜み、多数の次元から様々な合体戦士を生み出してセイバートロン星を支配しようと暗躍したが、トリックダイヤが持ちかけた取引によって自ら行動を起こし、コンバットロンを従えてセイバートロン星に襲来[4]。大量のジョイントキューブエネルゴンを使ってセイバートロン星と合体し、再び巨大な姿を取り戻そうとした。しかしバルディガスに離反され、他の合体戦士達の合同攻撃によって再び首だけの姿となり、トリプルZポイントへと飛ばされていった[3]
タクシティアンサイクロナス
『2010』『ザ☆ヘッドマスターズ』に登場したサイクロナスが生まれ変わった姿。ガルバトロンが生前企んでいたグランドガルバトロン計画の実現を目指していたところを霊体となったガルバトロンに憑依され、合体戦士としてリフォーマットされる[5]。単体時にはサイクロナスとしての人格が残されており、腹部から出した合体時の頭部からガルバトロンとしての意思表示を行う。ガルバトロンからの憑依を解かれた後も合体戦士としてのボディが維持され、セイバートロン星を守る為にグランドガルバトロンとして他の合体戦士たちと共闘。ユニクロンとの決戦後は、自らガルバトロンとなりデストロンを復興させる事を誓い宇宙へと旅立った[3]
カースアルマダスラスト
ユニクロンが『マイクロン伝説』の世界から召喚したスラストを再生し誕生した怨霊戦士。元の世界ではユニクロンの変形に巻き込まれて死亡したため、ユニクロンによって再生された事に対し複雑な感情を抱いている[注釈 4]。デストロンの一員として活動していたが、密かにユニクロンへの復讐を画策し、囚人として投獄されていたトリックダイヤを解放する。しかし逆に脅迫され、彼女が行うユニクロンとの取引に協力する事となる[2]。セイバートロン星での決戦後、人知れず行方不明となった[3]
ゾンビウォーブレークダウン
ユニクロンが『プライム』の世界から召喚したウォーブレークダウンを再生し誕生した怨霊戦士。新たな主であるガルバトロンに忠実に従うが、内心では元の世界に帰り、かつての相棒であるメディックノックアウトと再会する事を望んでいる[注釈 4]。セイバートロン星での決戦後は、元の世界へと帰還した[3]
ワンダリングローラー
ユニクロンが別次元から召喚した怨霊戦士。元サイバトロン戦士であり、ボディにはサイバトロンのインシグニアマークが記されている。元々はG1世界のコンボイの相棒だったが、ユニクロン戦争時に仲間とはぐれ別次元を彷徨っていた。仲間に捨てられたという絶望から強い怨念のエネルギーを持つようになり、そのエネルギーを感知したユニクロンによって呼び出される[注釈 4]。助けられた恩義からデストロンの合体戦士として活動するようになる。かつての相棒であるコンボイに特に強い憎しみを抱き、修理中のコンボイのボディを破壊しようとするがスカイリンクスによって阻止される[1]。その後セイバートロン星の危機に際しコンボイ達と共闘し、和解する。ユニクロンとの決戦後、死亡したコンボイの遺体を警護する任務に就く[3]
ゴーストスタースクリーム
霊体となって宇宙を彷徨っていたが、ポイントトリプルZにてタクシティアンサイクロナスの前に現れ、ユニクロンの力によってリフォーマットされた怨霊戦士。「実体を手に入れたらまた裏切るから」と言う理由から、ボディの一部が幽霊のままとなった半実体の姿となった[5]。このため、幽霊のパワーにより次元移動を行う事が可能[4]。半透明のボディからは、自身を殺したガルバトロンへの怨念が常に放出されている[注釈 4]。ウーマンデストロン登場後は事あるごとにルナクローバーにつきまとわれ、セイバートロン星での決戦後、彼女から逃れるようにどこかへ飛び去った[3]
特別災害救助防衛戦士 リンクスマスター
2011年に起きたセイバートロン星の爆発後、星の探査を行っていたスカイリンクス、ハウンド、ラチェット、ホイルジャック、トレイルブレイカーで編成されたリンクスチームの5体が、ベクターシグマによってリフォーマットされて誕生した合体戦士。ハウンドのホログラム投影による分身トレイルブレイカーのフォースバリアなど各戦士の特殊技能を駆使して戦う[1]。ムーンハートによってジョイントキューブを切断され合体不能に陥るが[2]、ベクターシグマのパワーにより復活。内なる野獣を解き放ちボディ部を変形させた四足歩行形態リンクスマスター・ビーストモードになり、コンボイグランドプライムを援護した[3]
破壊女帝 メガエンプレス
メガトロンが製造された際の予備パーツを元に作られたウーマンデストロン。ボディカラーはメガトロンに相似している。「破壊大帝の妻」を自称しており、その性格は高貴かつ強欲。武器は背中に装備した「融合レールカノン砲」と、あらゆる物を砕く「ジャッジピッケル」[注釈 4]。かつて全てのトランスフォーマーを虜にするシークレットパワーによってデストロンを支配しセイバートロン星を手中に収めたが、危機を感じたレーザーウェーブによって機能を停止し封印されていた。2021年、トリックダイヤらの力によって救出され、自らと全ての女性が支配する世界を作るために行動を開始する[2]。セイバートロン星にてサイバトロンと交戦中にユニクロンが襲来。これに立ち向かうため他の合体戦士と共闘し、合体戦士メガトロニアとなってユニクロンのエネルゴンジョイントを切断する活躍を見せる。ユニクロンとの決戦後は4ガード達とアジトに戻り、セイバートロン星を奪う機会を窺っている[3]
守護兵 ルナクローバー
メガエンプレスに仕える直属の護衛兵4(フォー)ガードの一員。ウーマンデストロンの中では一番精神年齢が低い。スタースクリームの大ファンであり、以前からストーカーの様につきまとい煙たがられていた。火の力を操り、炎の剣「フレイムソード」を持つ[注釈 4]
守護兵 ムーンハート
4ガードの一員でルナクローバーの双子の姉。冷静沈着な性格の持ち主で、サウンドウェーブを慕い彼の助手を務めていた過去を持つ。水の力を操り、氷の剣「ブリザードソード」を持つ[注釈 4]。背部のローターから発射する「ヒーリングフェロモン」でリンクスチームを骨抜きにした[4]
忍者兵 フロウスペード
4ガードの一員の忍者傭兵。元々レーザーウェーブによってメガエンプレスの元へと送り込まれたスパイだったが、彼女のカリスマ性に惚れ込み抜け忍となった。正々堂々とした性格で、あらゆる武術を得意とする。風の力を操り、竜巻を起こす手裏剣「トルネードカッター」を持つ[注釈 4]。「忍法トランスプレイの術」によりゾンビウォーブレークダウンとワンダリングローラーを力づくで拳状に変形させ、腕部に合体させる強制ナックルアームモードでサイバトロン戦士を圧倒した[4]
参謀 トリックダイヤ
4ガードの参謀格で、メガエンプレスを復活させた張本人。一見忠実だが自身の利益を第一に考え、スィンドル、クインテッサ星人などと裏取引を行い武器や情報を得ている。地核の力を操り、大地を震わす盾「クエイクシールド」を持つ[注釈 4]。投獄されていたがカースアルマダスラストによって助け出される[2]。その後4ガードとして行動していたが密かにユニクロンと取引を行っており、セイバートロン星の工場から大量のジョイントエネルゴンキューブを奪い、セイバートロン星と合体させる事でユニクロンを復活させようと企てる[4]
ウーマンデストロン合体兵士 メガトロニア
メガエンプレスと4ガードが合体した最強合体女兵士。融合レールカノン砲のパワーをメガエンプレスのエネルギーコアに直結しており、スクランブル合体戦士の中でもトップクラスのパワーを持っている。5体の武器を組み合わせた「合体剣デストピア」は、惑星をも切り裂く力を持つ[注釈 4]
戦闘スペシャリスト バルディガス
『カーロボット』世界のコンバットロンがユニクロンによってリフォーマットされた姿。デストロンガーの再結成とデビルギガトロンの復活を目的としている[注釈 4]。未来世界のセイバートロン星で軍事裁判にかけられ、元の姿であるプロトタイプに戻される寸前のところをユニクロンに助けられ、2021年のセイバートロン星へと降り立つ[4]。ユニクロンの力により全ての性能がアップしておりコンボイ達を圧倒したが、真の目的を明かしたユニクロンに反旗を翻し他の合体戦士達と共闘した。ユニクロンとの決戦後は、ブラックコンボイらと共に元の時代へと帰っていった[3]
デストロン暗黒司令 グランドスカージ
ユニクロン陣営のマトリクスハンターとして登場。カーロボット世界のブラックコンボイと名前を偽り、バルディガスをユニクロン陣営へと引き込もうとするが、姿が変化しない事を指摘され、その直後に本物のブラックコンボイが登場した事で本性を現す。カースアルマダスラスト、トリックダイヤと強制合体しグランドスカージプライムとなるが、バルディガスの放ったバルバスターの一斉射撃によって合体解除に追い込まれる。その後ガルバトロンIIの持つクリエーションマトリクスを狙うが、メガトロニアの攻撃によって共に次元の狭間へ吸い込まれていった[3]
暗黒司令官 ブラックコンボイ
本物の『カーロボット』世界のブラックコンボイ。同じくデストロンガー所属のゲルシャーク[注釈 5]に跨り登場。原典より小柄なボディになっているが、スカージグランドプライムと互角の実力を見せた[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 超ロボット生命体 トランスフォーマー プライム ビーストハンターズ』シリーズの「ビーストハンター・オプティマスプライム」(国内未発売)の武器と同一型。
  2. ^ 胸部に合体するバイク型TFが省略されている。
  3. ^ 海外版コンピュートロンセットと同一の型を使用。
  4. ^ a b c d e f g h i j k 玩具版パッケージ説明文より。
  5. ^ 2体とも『トランスフォーマー レジェンズ』版の姿で登場。

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]