コズミックルスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

コズミックルスト、またはコスミックルスト(Cosmic Rust)とは、『トランスフォーマー』シリーズに登場する架空の病気。日本版では宇宙サビという名称も使われた。

概要[編集]

初登場は、『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』第48話「恐怖のコスミックルスト!(Cosmic Rust)」。太古の昔にサイバトロンが進出した惑星アンティラに降り注いだ隕石に付着していた病原体による感染症である。アンティラに上陸したメガトロンが、アンティラ付近で胸に突き刺さった岩石から感染したこと、コンボイが感染させられたパーセプターに触って感染したことから、コズミックルストは接触感染によって伝染するものと考えられる。 また、レーザーホタル特有のエネルギーで活動が活性化される。

症状[編集]

体中を赤錆に蝕まれ、極度に強度が低下する。治療が行われなかった場合、最終的には全身が朽ち果て、死に至る。アンティラに進出したサイバトロンは治療法を発見できなかったため、全滅している。

治療及び予防[編集]

パーセプターの発明した防錆剤「サビストップ」の塗布によって、予防及び治療が可能。しかしこのサビストップは原料が希少なため、大流行が発生した場合は対処が困難である。

劇中での流行状態[編集]

先に述べたように、この病気は感染したメガトロンによって地球に持ち込まれた。メガトロンは治療のためパーセプターを拉致、サビストップで治療させると、今度はパーセプターを媒介にまずはコンボイ、そしてサイバトロン全体に流行させた。この時点でサビストップは底をついていたため、サイバトロンはホイルジャックが開発中であった物質複製機を急遽完成させ、それ以前にサビストップを塗布した自由の女神の表面からサンプルを採取、それを複製することで事なきを得た。

兵器への転用[編集]

『トランスフォーマー バイナルテック』にて[編集]

デストロン・コンバットロン兵士スィンドルは、コズミックルストを利用した戦術兵器を作り上げ、地球に駐留するサイバトロン戦士たちを標的に使用した。これにより多くのサイバトロン戦士が死の淵に追いやられることとなった。

サイバトロン、及び地球防衛軍の対応[編集]

スィンドルによる改良によって病原体にサビストップ耐性がついていたからなのか、地球にサビストップが無かったからなのかは定かではないが、サビストップによる治療ではなく、別の方法がとられた。それが、地球人の手で新しいサイバトロン戦士の肉体を造り、人格を移植するという「バイナルテック・プロジェクト」である。

『トランスフォーマー アニメイテッド』にて[編集]

『アニメイテッド』にも同名のウイルスが登場しており、ディセプティコンの一人であるオイルスリックが細菌兵器として使用している。

本作の世界観は、ジェネレーション1との繋がりの有無が曖昧に描かれているため、初代やバイナルテックに登場したものと同一であるかは不明。

関連事項[編集]