NEVEN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
NEVEN
m-floスタジオ・アルバム
リリース
録音 2012—2013
時間
レーベル rhythm zone
プロデュース m-flo
m-flo 年表
m-flo DJ MIX “BON! ENKAI"
(2012)
NEVEN
(2013)
m-flo inside -WORKS BEST V-
(2013)
『NEVEN』収録のシングル
  1. 「TONITE」
    リリース: 2012年12月5日 (2012-12-05)
  2. 「LOVER」
    リリース: 2013年2月6日 (2013-02-06)
テンプレートを表示

NEVEN』(ネヴン)は、2013年3月13日にリリースされた日本のダンス・ヒップホップグループm-floの7枚目のオリジナルスタジオアルバムである。前作のSQUARE ONEから一年振りとなった[1]

背景[編集]

2012年12月19日、m-floはミックスアルバム『m-flo DJ MIX “BON! ENKAI"』をリリースした。ミックスアルバムにはMINMIと共にクラブAgehaで行われたDJイベント「Bonenkai」で披露された新曲「TONITE」が収録されていた[2]

2013年2月、VERBALはビジネス書『フィーチャリング力 あなたの価値を最大化する奇跡の仕事術』を発売した[3]

2013年3月、☆Taku TakahashiはEDMミックスアルバム『EDM WORLD Presented by ☆Taku Takahashi』や、少女時代ノンストップミックスアルバム『Best Selection Non-Stop Mix』をリリースした[4][5]

プロモーション[編集]

「TRANSEFORMERZ」は、日本で2012年7月7日に放送が開始された『超ロボット生命体 トランスフォーマー プライム』のセカンドシリーズの主題歌として使用された[6]

「CHANCE」は、UULAでダウンロード配信された初のドラマ『RETURN』の主題歌として使用された[1][7]

アルバムからのリードトラック「LOVER」は2013年2月にリリースされた。これは2006年の「Love Song」以来となる物理フォーマットでのシングルリリースとなった。「LOVER」ではミュージックビデオも製作され、m-floのメンバーが登場するミュージックビデオは2008年の「love comes and goes」以来であった。「LOVER」はBillboard Japan Hot 100の15位にチャートインした[8]

コンセプトと製作[編集]

本アルバムは、『SQUARE ONE』から2人のコラボレーターと引き続き共作している。CREAMのボーカリストMinamiは「Butterfly」、「FNKY ALGORTHM」、「One In A Million」、「YEAH!」の4曲に参加している[9]。Matt Cabは「Das Dance (Like That)」に参加している[9]

また、LOVES期(2003-2009年)にm-floとコラボレーションした2人のミュージシャンが参加している。『m-flo inside -WORKS BEST II-』および『COSMICOLOR』で「Lotta Love]に参加したMINMIは「TONITE」に参加し[2]、『BEAT SPACE NINE』で「ONE DAY」に参加した加藤ミリヤはリードシングルの「LOVER」に参加した[10]

また、新たなミュージシャンも本アルバムに参加した。AvexクラブミュージックタレントオーディションStarz Audition 2008に参加した歌手のUnicoは、「JOUNERY X」に参加している[9][11]。モデルの水原希子は「NO WAY」にラッパーとして参加し、ミュージシャンとしてデビューした。水原はリーボックアンバサダーとしてVERBALと共に活動しており、VERBALはカラオケの後に水原に参加をオファーした[12]

楽曲リスト[編集]

#タイトル作詞・作曲時間
1.「#canuhearthestars?」m-flo
2.「YEAH!」m-flo, Minami
3.「TONITE」m-flo, MINMI
4.「#395days」m-flo
5.「NO WAY」m-flo
6.「Das Dance (Like That)」m-flo, Matt Cab
7.「Butterfly」m-flo, Minami
8.「#backinbusiness」m-flo
9.「CHANCE」m-flo
10.「One in a Million」m-flo, Minami
11.「LOVER」m-flo, 加藤ミリヤ
12.「#anotherreality」m-flo
13.「FNKY ALGORTHM」m-flo, Minami
14.「#NEVEN」m-flo
15.「JOURNEY X」m-flo, Unico
16.「TRANSFORMERZ」m-flo
17.「#back2square1」m-flo
合計時間:

チャート順位[編集]

チャート
(2013)
最高
順位
Oricon daily singles[13] 11

リリース[編集]

地域 年月日 フォーマット レーベル
日本 2013年3月13日 (2013-03-13)[1] CD, CD+DVD rhythm zone
2013年3月30日 (2013-03-30)[14] レンタルCD

脚注[編集]

  1. ^ a b c NEVEN (AL+DVD) [CD+DVD]”. Amazon.co.jp. 2013年3月10日閲覧。
  2. ^ a b m-flo、3月アルバム&先行シングルはあの人が歌うバラード”. Natalie (2013年1月10日). 2013年3月10日閲覧。
  3. ^ フィーチャリング力 あなたの価値を最大化する奇跡の仕事術 ISBN 9784344023420
  4. ^ EDM WORLD Presented by ☆Taku Takahashi<タワーレコード限定>” (Japanese). Tower Records. 2013年3月10日閲覧。
  5. ^ Best Selection Non-Stop Mix” (Japanese). Tower Records. 2013年3月10日閲覧。
  6. ^ 「トランスフォーマー プライム」新テーマ曲はm-floとCLUTCHOが担当!”. Mu-Mo (2012年7月2日). 2013年3月10日閲覧。
  7. ^ “UULAオリジナルドラマ第一弾『RETURN』(主演 椎名桔平)、主題歌はm-flo”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク). (2013年2月12日). https://www.barks.jp/news/?id=1000087340 2018年2月11日閲覧。 
  8. ^ Japan Billboard Hot 100”. Billboard (2013年2月18日). 2013年3月10日閲覧。
  9. ^ a b c NEVEN [CD+DVD]” (Japanese). Tower Records. 2013年3月10日閲覧。
  10. ^ m-flo、Beat Connection 2013にて新曲「LOVER」初歌唱”. Musicman (2013年1月28日). 2013年3月10日閲覧。
  11. ^ V.A. / 『STARZ FILE vol.3』2009.11.11 Release”. Syncl (2009年). 2013年3月10日閲覧。
  12. ^ m-flo最新アルバム「NEVEN」ゲストラッパーに水原希子”. Natalie (2013年3月7日). 2013年3月10日閲覧。
  13. ^ 2013年03月14日のCDアルバムデイリーランキング(2012年03月14日付)” [March 14, 2013 CD Album Daily Rankings] (Japanese). Oricon (2012年3月15日). 2012年3月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年3月15日閲覧。
  14. ^ NEVEN/m-flo”. Tsutaya. 2013年3月10日閲覧。