西村純二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
にしむら じゅんじ
西村 純二
別名義 西村 ジュンジ
生年月日 (1955-12-23) 1955年12月23日(62歳)
出生地 日本の旗 日本 佐賀県東松浦郡呼子町
職業 演出家アニメ監督脚本家
活動期間 1980年 -

西村 純二(にしむら じゅんじ、1955年12月23日- )は、日本男性アニメーション演出家アニメ監督

脚本家としても活動しており、その際の名義は西村 ジュンジ

来歴・人物[編集]

佐賀県東松浦郡呼子町(現:唐津市)出身。明治学院大学卒業後の1980年、アニメ下請け制作会社の「にしこプロダクション」に入社。広川和之の下でアニメの演出を勉強し、同年放送の『宇宙戦士バルディオス』第20話、「甦った悪魔(前編)」にてアニメーション演出家としてのデビューを果たした。その後同プロダクションでは、『忍者ハットリくん』『六神合体ゴッドマーズ』『魔法のプリンセス ミンキーモモ』(第1作)などの演出も担当。

1984年、「にしこプロダクション」を退社し、活動の拠点をスタジオディーンに置いた。初めての監督(チーフディレクター)作は、『プロゴルファー猿』(1985年から放送、テレビ朝日系)である。以降、スタジオディーン作品の監督を多数務めていた。

うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』で演出をやって以来、押井守と麻雀をやる仲。仕事がないと言ったら『風人物語』を紹介された(押井は監修にクレジット)。

Production I.Gでの『風人物語』が堀川憲司の目に留まり、P.A.WORKS初元請けの作品『true tears』を監督[1]。以降、活動の拠点をP.A.WORKSに移している。

参加作品[編集]

監督[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]