伊藤沙月

半保護されたページ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

伊藤 沙月
基本情報
本名 伊藤 沙月
(いとう さつき)
身長 165cm
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1991-06-21) 1991年6月21日(31歳)
出身地 宮崎県延岡市
スタイル 右アウトボクサー[1]
プロボクシング戦績
総試合数 1
勝ち 1
テンプレートを表示
伊藤 沙月 Boxing pictogram.svg
個人情報
国籍日本の旗 日本
生誕 (1991-06-21) 1991年6月21日(31歳)
宮崎県延岡市
身長165 cm (5 ft 5 in)
スポーツ
競技女子 ボクシング
階級 バンタム級
所属 日章学園高等学校拓殖大学自衛隊体育学校
獲得メダル
女子 ボクシング
全日本女子ボクシング選手権大会
2009年 ライトフライ級B
2015年 バンタム級
2016年 バンタム級

伊藤 沙月(いとう さつき、1991年6月21日 - )は、日本の女子プロボクサーである。志成ボクシングジム所属。宮崎県延岡市出身。拓殖大学卒業。自衛隊体育学校に所属した元自衛官2等陸曹[2]

経歴

アマチュア時代

中学時代はバスケットボール部に所属していた。父親が格闘技好きでよく見ていた影響で格闘技に興味を持つも、自分でやるとは思っていなかったが、日章学園高校進学後にボクシング部の監督に勧誘されてボクシングを始めた[3][4]。わずか1年で全日本女子選手権大会ライトフライ級B優勝を果たした。2010年の全日本女子選手権にもフライ級で出場するが、準決勝で後のWBOIBF女子世界アトム級王者岩川美花に敗れる。

拓殖大学への進学後もボクシングを続け、ロンドン五輪強化選手に選ばれた。

2013年4月2日、後楽園ホールで行われた女子ボクシング チャレンジマッチにて後のOPBF女子東洋太平洋ミニマム級王者である千本瑞規に判定勝利。

2015年4月に自衛隊に入隊し、自衛官アスリートを育成する機関である自衛隊体育学校に入校した[5]。同時に入校した小村つばさと共に、同学校の女子ボクシング選手の一期生となった[6]。2015年12月、第14回全日本女子選手権大会バンタム級に出場し3位となった[2]。翌2016年の第15回大会では準優勝した[7]が、これがアマチュア最後の試合となった[6]

2018年3月末で自衛隊を退官しボクシングも引退した。退官後は外資系の保険会社に1年間就職[6]。2019年から大学時代に通っていたトレーニングジムでパーソナルトレーナーを務める[3][8]

プロ時代

2021年8月、プロボクサーを目指すため志成ジムに入門、11月6日にB級プロテストを受験し、9日に合格が発表された[9][10]

2022年7月13日に大田区総合体育館にてWBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ、井岡一翔 VS ドニー・ニエテス戦の前座にてサオワラック・ラリーペンシー(タイ王国の旗 タイ)とのバンタム級6回戦でプロデビュー[11][12]。約5年半ぶりの実戦だったが、3-0判定で勝利[13]

人物

メディアに「美人すぎるボクサー[14]」と紹介され、多く取り上げられた[15]好川菜々藤満霞とともに「アマチュアボクシング界の三大ビジュアルクイーン」と呼ばれたが、他2人はともに2013年にプロ転向した[16]。目標として総合格闘家であり女優としても活躍するジーナ・カラーノを挙げていた[17]

高校の1年先輩に2010年に黒木優子戦でプロデビューしたリンクス中原がいる。

戦績

  • プロボクシング:1戦 1勝


日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考・会場
1 2022年7月13日 6R 判定 サオワラック・ラリーペンシー タイ王国の旗 タイ プロデビュー戦
テンプレート

タイトル

アマチュアボクシング

出演

CM

テレビ

  • 最強スポーツ統一戦〜禁断のコロシアム〜(フジテレビ系、2018年12月30日放送)
  • 裸のアスリートⅡ(BS-TBS、2022年7月31日放送)

脚注

  1. ^ “元全日本女王の伊藤沙月 プロのリングで今夏デビューへ…井岡一翔の志成ジムで新天地”. スポーツ報知. (2022年6月10日). https://hochi.news/articles/20220411-OHT1T51139.html?page=1 2022年6月10日閲覧。 
  2. ^ a b 陸上自衛隊Facebook”. 陸上自衛隊 (2015年12月24日). 2016年9月2日閲覧。
  3. ^ a b 「美しすぎるボクサー」と話題を呼んだ伊藤沙月。五輪を目指していた当時と自衛隊退官後の今を語る”. スポルティーバ (2021年5月20日). 2021年5月20日閲覧。
  4. ^ 【インタビュー】美しきヒロインの素顔~伊藤沙月(ボクシング) Sportiva
  5. ^ 自衛隊体育学校 「第54期特別体育課程入校式」 (PDF)”. 自衛隊熊本地方協力本部 (2015年4月17日). 2016年9月2日閲覧。
  6. ^ a b c 善理俊哉 (2018年4月2日). “【ボクシング】五輪目指した美人ボクサー、伊藤沙月が自衛隊退官、引退へ”. イーファイト. 2018年4月7日閲覧。
  7. ^ 第68回全日本社会人ボクシング選手権大会 兼 第15回全日本女子ボクシング選手権大会 (PDF)”. 日本ボクシング連盟 (2016年12月25日). 2016年12月30日閲覧。
  8. ^ デポルターレクラブHP
  9. ^ “プロボクサー テスト合格発表” (PDF) (プレスリリース), 一般社団法人日本ボクシングコミッション, https://www.jbc.or.jp/web/test/2021/11f.pdf 2021年11月10日閲覧。 
  10. ^ “元全日本女王・伊藤沙月がプロテスト合格 井岡一翔ら所属の志成ジムからデビューへ”. スポーツ報知. (2021年11月9日). https://hochi.news/articles/20211109-OHT1T51124.html?page=1 2021年11月10日閲覧。 
  11. ^ “井岡一翔V5戦の前座試合に堤駿斗のデビュー戦、比嘉大吾、森武蔵の再起戦/ボクシング”. サンケイスポーツ. (2022年6月9日). https://www.sanspo.com/article/20220609-ZJJRMVOXIFPZ3PH6JAHGQ6CUAI/ 
  12. ^ 井岡一翔vsドニー・ニエテス[世界]”. ボクシングモバイル. 2022年6月10日閲覧。
  13. ^ “アマ時代に「美人すぎるボクサー」と注目の伊藤沙月、プロデビューは3―0判定勝ち”. Sponichi Annex. (2022年7月13日). https://www.sponichi.co.jp/battle/news/2022/07/13/kiji/20220713s00021000511000c.html 
  14. ^ “美人すぎるボクサー”伊藤沙月「男の友情いい」 スポーツニッポン 2011年9月9日
  15. ^ “美人すぎるボクサー”伊藤沙月プロデビュー戦白星で飾る「KOの方が華やかだったかな」反省も”. 日刊スポーツ (2022年7月13日). 2022年7月13日閲覧。
  16. ^ シュートボクシングの実力者・吉田実代がボクシングでプロデビュー 若鷹ひろしのスポーツ評論スタジアム 2014年6月11日
  17. ^ “美人ボクサー伊藤 女優業「プッシュしてください」”. スポーツニッポン. (2013年4月3日). http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2013/04/03/kiji/K20130403005535010.html 

関連項目

外部リンク