ドニー・ニエテス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ドニー・ニエテス
Donnie Nietes.png
基本情報
本名 ドニー・リボーン・ニエテス
通称 Ahas
Snake(蛇)
階級 フライ級
身長 160cm
リーチ 167cm
国籍 フィリピンの旗 フィリピン
誕生日 (1982-05-13) 1982年5月13日(35歳)
出身地 バコロド市
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 45
勝ち 40
KO勝ち 22
敗け 1
引き分け 4
テンプレートを表示

ドニー・ニエテスDonnie Nietes、男性、1982年5月13日 - )は、フィリピンプロボクサー。元WBO世界ミニマム級王者。元WBO世界ライトフライ級王者。現IBF世界フライ級王者。世界3階級制覇王者。蛇を体に巻いて入場する変わったスタイルを持ち、ALAジムのアシスタントスタッフからプロボクサーに転身した選手。フィリピンのボクサーで世界王座の在位期間が最も長い。フィリピンの名門ボクシングジムでもあるALAジム所属。

来歴[編集]

ニエテスはもともとはALAジムのアシスタントとして勤務するという異色の経歴を持ち、アシスタントの実績が認められて2003年4月25日にフィリピンでプロデビューを果たす。2004年5月22日にはフィリピンPBFライトフライ級王座を獲得。ロシアをはじめ東欧圏を主戦場に全勝を重ね、2006年11月24日にはWBOアジア太平洋ミニマム級王座を獲得した。

同王座を2度防衛した後の2007年9月30日、ポンサワン・ポープラムックとWBO世界ミニマム級王座決定戦を行い、12回判定勝ちを収め王座獲得に成功した。

2009年9月12日、メキシコナヤリット州テピクのエル・パレンケ・デ・ラ・フェリアで暫定王者のマヌエル・バルガスと王座統一戦を行い、2-1の判定勝ちを収め王座を統一に成功した(記録上は正規王座の3度目の防衛)[1]

2010年8月14日、メキシコシナロア州グアサベにてWBO世界ミニマム級11位のマリオ・ロドリゲスと対戦し、12回3-0の判定勝ちを収めWBO世界ミニマム級王座の4度目の防衛に成功した[2]

2011年10月8日、WBO世界ライトフライ級王者ラモン・ガルシアと対戦し、3-0の判定勝ちを収めミニマム級に続き2階級制覇を果たした。

2012年6月2日、パサイリゾート・ワールド・マニラでフェリペ・サルゲロと対戦し、3-0の判定勝ちを収めWBO世界ライトフライ級王座の初防衛に成功した。

2013年3月2日、セブ市ウォーターフロント・セブシティ・ホテル&カジノにてWBO世界ミニマム級王者モイセス・フェンテスと対戦し、1-0の判定で引き分けとなりWBO世界ライトフライ級王座の2度目の防衛に成功した[3]

WBOからWBO世界ライトフライ級暫定王者のモイセス・フェンテスと王座統一戦を義務付けられたがその後フェンテスとの再戦を確約し先に選択試合を行うことを許可された。

2013年11月30日、ケソンアラネタ・コロシアムにてWBO世界ライトフライ級14位で元WBA世界ミニマム級暫定王者サミー・グティエレスと対戦し、初回に2度ダウンを奪ってペースを握ると、3回にダウンを追加するとカウントアウトで試合終了。3回2分58秒KO勝ちを収めWBO世界ライトフライ級王座の3度目の防衛に成功した[4]

2014年5月10日、パサイSMモール・オブ・アジア内にあるモール・オブ・アジア・アリーナでWBO世界ライトフライ級暫定王者モイセス・フェンテスと王座統一戦を行い、9回2分56秒TKO勝ちを収め王座の統一に成功(記録上は正規王座の4度目の防衛)、リングマガジン世界ライトフライ級王座に認定された[5]

2014年11月15日、セブ市のウォーターフロント・セブシティ・ホテル&カジノでWBO世界ライトフライ級5位のカルロス・ベラルデと対戦し、7回終了TKO勝ちを収めWBO世界ライトフライ級王座の5度目の防衛に成功した[6]

2015年1月29日、WBOはWBO世界ライトフライ級1位のフランシスコ・ロドリゲス・ジュニアと指名試合の対戦交渉をするよう指令を出した[7]

2015年3月28日、ケソンアラネタ・コロシアムでWBO世界ライトフライ級13位のヒルベルト・パーラと対戦し、パーラの9回終了時棄権によりWBO世界ライトフライ級王座の6度目の防衛に成功した[8]

2015年7月11日、セブ市のウォーターフロント・セブシティ・ホテル&カジノで元IBF・WBO世界ミニマム級統一王者でWBO世界ライトフライ級1位のフランシスコ・ロドリゲス・ジュニアと対戦し、12回3-0(118-110、119-109、115-113)の判定勝ちを収めWBO世界ライトフライ級王座の7度目の防衛に成功した[9]

2015年10月17日、念願のアメリカデビュー戦。カリフォルニア州カーソンスタブハブ・センターでWBO世界ライトフライ級8位のファン・アレホと対戦し、3-0(120-108、2者が119-109)の判定勝ちを収めWBO世界ライトフライ級王座の8度目の防衛に成功した。

2016年1月7日、WBOがWBO世界ライトフライ級1位のモイセス・フェンテスと指名戦を行うよう指令を出した[10]

2016年5月28日、バコロドのUSLSコロシアムでWBO世界ライトフライ級6位のラウル・ガルシアと対戦し、ガルシアの5回終了時棄権によりWBO世界ライトフライ級王座の9度目の防衛に成功した[11][12]

2016年8月9日、ニエテスはビックネームとの対戦を求めてWBO世界ライトフライ級王座を返上した[13][14]

2016年8月15日、WBOは最新ランキングを発表し、ニエテスの王座返上に伴いWBO世界ライトフライ級王座を空位とすると共にニエテスをWBO世界フライ級1位にランクインした[15][16]

2016年9月24日、スタブハブ・センターで元WBC世界ライトフライ級王者のエドガル・ソーサとWBOインターコンチネンタルフライ級王座決定戦を行い、12回3-0(3者共120-108)の判定勝ちを収め王座獲得に成功した[17]

2017年4月29日、セブ市のウォーターフロント・セブシティ・ホテル&カジノでエクタワン・クルンテープトンブリとIBF世界フライ級王座決定戦を行い、12回3-0(117-111が2者、115-113)の判定勝ちを収め3階級制覇を果たした[18][19]

2017年5月2日、IBFは最新ランキングを発表し、上述のエクタワン戦を制し王座を獲得したニエテスをIBF世界フライ級王者としてランクインした[20][21]

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ニエテスWBO統一 モンティエル無冠戦でTKO敗 ボクシングニュース「Box-on!」 2009年9月13日
  2. ^ 強いフィリピン! ニエテス敵地防衛V4 ボクシングニュース「Box-on!」 2010年8月15日
  3. ^ ニエテス×フエンテス、ドローに終わる ボクシングニュース「Box-on!」2013年3月3日
  4. ^ サビージョ、ブイトラゴと分ける ニエテスはKO勝ち Boxing News(ボクシングニュース) 2013年12月1日
  5. ^ ニエテスがフエンテスを9回TKO 因縁の再戦に決着 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年5月11日
  6. ^ ニエテスV5、ミニマム2冠ロドリゲスは王座返上か Boxing News(ボクシングニュース) 2014年11月16日
  7. ^ WBO CALL TO NEGOTIATIONS: DONNIE NIETES VS. FRANCISCO RODRIGUEZ, JR. WBO公式サイト 2015年1月29日
  8. ^ ドネアTKO再起、赤穂亮KO勝ち、ニエテスV6 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年3月28日
  9. ^ ニエテスが7度目の防衛成功、WBO・L・フライ級戦 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年7月12日
  10. ^ Donnie Nietes is Ordered By WBO To Face Moises Fuentes - See more at: http://www.boxingscene.com/donnie-nietes-ordered-by-wbo-face-moises-fuentes--100140#sthash.YztxjFWM.dpuf”. Boxing Scene.com (2016年1月8日). 2016年1月10日閲覧。
  11. ^ Nietes stops Garcia to retain WBO 108lb title fightnews.com 2016年5月28日
  12. ^ ニエテスが5回終了TKO勝ち、WBO・LF級V9 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年5月29日
  13. ^ Donnie Nietes poised for flyweight invasion Fightnews.com 2016年8月9日
  14. ^ ニエテスがWBO・LF級王座返上、3階級制覇目指す Boxing News(ボクシングニュース) 2016年8月10日
  15. ^ WBO RANKING AUGUST 2016 WBO公式サイト 2016年8月15日
  16. ^ 翁長吾央が沖縄でOPBF戦、WBOランキング Boxing News(ボクシングニュース) 2016年8月21日
  17. ^ ニエテス安全運転、フライ級進出でソーサに完封勝利 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年9月25日
  18. ^ Nietes beats Nantapech to win IBF fly title Fightnews.com 2017年4月29日
  19. ^ ニエテス3階級制覇、キャンベル&クイッグ挑戦権 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年4月30日
  20. ^ IBF Ratings IBF公式サイト 2017年5月2日
  21. ^ 小西、赤穂、坂、井上岳がIBFランキング入り Boxing News(ボクシングニュース) 2017年5月3日
  22. ^ Games and Amusements Board略称GAB王座ではなくPhilippines Boxing Federation(PBF)王座。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

空位
前タイトル保持者
イヴァン・カルデロン
WBO世界ミニマム級王者

2007年9月30日 - 2011年3月(返上)

空位
次タイトル獲得者
ラウル・ガルシア
前王者
ラモン・ガルシア
WBO世界ライトフライ級王者

2011年10月8日 - 2016年8月10日(返上)

空位
次タイトル獲得者
田中恒成
空位
前タイトル保持者
ジョンリル・カシメロ
IBF世界フライ級王者

2017年4月29日 - 現在

次王者
N/A