元気 (ゲーム会社)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
元気株式会社
Genki Co.,Ltd.
Harmony Square (2006.05).jpg
本社の入居するハーモニータワー
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
164-8721
東京都中野区本町1-32-2
ハーモニータワー
設立 1990年10月16日(旧社)
2008年2月26日(現法人)
業種 情報・通信業
法人番号 4011201013892
事業内容 ゲームソフトの企画・開発・販売
オンラインゲームの企画・開発・サービス
パチンコ・パチスロの企画・開発
代表者 栢森秀行(代表取締役CEO
星野孝(代表取締役社長)
資本金 1億円
売上高 18億円(2013年3月期)
従業員数 127名(2013年3月31日現在)
主要株主 ダイコク電機 100%
外部リンク http://www.genki.co.jp/
テンプレートを表示

元気株式会社(げんき、ブランド名:GENKI) は、日本東京都中野区に本社を置くゲームソフトパチンコパチスロ開発メーカー。

概要[編集]

ホールコンピュータ大手のダイコク電機の子会社。創業は1990年だが、現在の元気株式会社は2008年に会社分割により設立された2代目である(詳しくは「新会社への移行」を参照)。代表作に『首都高バトルシリーズ』、『街道バトルシリーズ』、『剣豪シリーズ』などがあり、コンシューマーゲームソフトの他に、携帯電話向けコンテンツを提供している。

レースゲームに強い会社で、元気レーシングプロジェクト(GRP)を立ち上げ、デモカー(S2000)まで存在している。監修ドライバーに織戸学谷口信輝の両選手が所属し、最近では全日本プロドリフト選手権(D1グランプリ)に出場中のHKSレーシングのスポンサーになっている。

沿革[編集]

新会社への移行[編集]

近年同社はオリジナルゲームの販売不振が続き、2006年3月期の決算で債務超過に転落。以後も売上に改善が見られないことから、大株主であるダイコク電機は2008年3月に会社分割の手法により営業の全てを新会社に継承した上で、旧法人(会社分割後に社名を「株式会社CLK」に変更)を清算することを発表した[3]新旧分離)。そのため現在の元気株式会社は、法的には2008年2月26日設立という扱いとなっている。その後はオリジナルゲームの自社販売を削減し、デベロッパーとして受託業務と、パチンコ・パチスロの受託業務に集中している。

なお営業を譲渡した後の旧法人(株式会社CLK)は、同年4月25日の株主総会で解散を決議した上で、同年7月1日付で東京地方裁判所より特別清算開始決定を受けている。負債は約14億6900万円[4]

主なゲーム作品[編集]

実施したARG(代替現実ゲーム)[編集]

  • ぼくらの選択/みなかみARG(ARG/代替現実ゲーム) 2011年6月~8月
  • コンカツ殺人事件(ミステリー演劇イベント) 2011年9月
  • bubblegum(ARG/代替現実ゲーム) 2011年12月〜

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 元気ネットワークスは2012年1月23日開催の株主総会の決議をもって解散
  2. ^ 元気ARGサービス終了とサイト閉鎖のお知らせ”. 元気株式会社. 2014年3月2日閲覧。
  3. ^ 子会社の会社分割(吸収分割)及び商号変更に関するお知らせ (PDF)
  4. ^ 日経ベンチャーonline ニッポンの社長へ: (有)レックス西日本 石油燃料等卸売 [徳島] ほか(2008年8月3日時点のアーカイブ
  5. ^ 元気、2016年3月期の最終利益は1800万円…スクエニ『グリムノーツ』の開発を担当”. Social Game Info (2016年6月29日). 2016年6月30日閲覧。

関連項目[編集]

  • ナイツ - 東京ゲームショウGENKIブース看板お笑いコンビ(2006年は不参加、2007年は未出展)。
  • はなわ - 東京ゲームショウ2006のみナイツの代役で登場。
  • ポルノ鈴木(鈴木タカヨシ) - 街道バトル・首都高バトルシリーズのライバルとして登場。
  • 黒BUTA元気ガールス - 『週刊ヤングマガジン』と元気株式会社によるアイドルユニット。
  • And Joy

外部リンク[編集]