とつくにの少女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
とつくにの少女
ジャンル ダーク・ファンタジー
漫画
作者 ながべ
出版社 マッグガーデン
掲載誌 月刊コミックガーデン
MAGCOMI
レーベル ブレイドコミックス
発表号 2015年10月号 - 2021年4月号
発表期間 2015年9月5日 - 2021年3月5日
巻数 全11巻
話数 全53話
OVA
原作 ながべ
監督 久保雄太郎、米谷聡美
脚本 久保雄太郎、米谷聡美
音楽 Schroeder-Headz
アニメーション制作 WIT STUDIO
製作 Production I.G
発売日 2019年9月10日
話数 1
OVA
原作 ながべ
監督 久保雄太郎、米谷聡美
脚本 久保雄太郎、米谷聡美
キャラクターデザイン 久保雄太郎、米谷聡美
音楽 Schroeder-Headz
アニメーション制作 WIT STUDIO
製作 とつくにの少女製作委員会
発売日 2022年3月10日
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

とつくにの少女』(とつくにのしょうじょ)は、ながべによる日本漫画作品。『月刊コミックガーデン』(マッグガーデン)2015年10月号(2015年9月5日発売[1])より2021年4月号(2021年3月5日発売[2])まで連載された。同社のWEBコミックサイト『MAGCOMI(マグコミ)』でも毎月25日に配信している。

2つの国に生きる人間の少女と呪われた人外を描くダーク・ファンタジー。キャッチフレーズは「新たな人外×少女の物語、始まるーー」、「これは、絵本。これは、童話。これは詩集」。ベタをふんだんに利用し、白と黒をはっきりと分けたコマが特徴的である。

あらすじ[編集]

昔々、人間の棲む国「内つ国(うちつくに)」と人外が棲み呪われた国「外つ国(とつくに)」があったが、内つ国にも呪いが拡大していた。ある日、主人公で人外である先生は外つ国に捨てられてしまった人間の少女シーヴァを拾い面倒を見るが、シーヴァが捨てられたことや内つ国には戻れないことを本人に伝えるべきか否かを悩むこととなった。

また、先生は実は元は人間だったが、外つ国で呪われたために人外の姿となっていた。このため、シーヴァに呪いが移らないように身体が触れることを恐れていた。

登場人物[編集]

「声」は長編アニメ版担当声優。

せんせ
声 - 福山潤
主人公。外つ国に住む人外。シーヴァからは「せんせ」と呼ばれている。
もとは人間だったが、外つ国の呪いにより人外となってしまった。体中黒く、頭は角が生えた動物の姿をしているが口はなく、痛みも感じない。本人が言うには、食べる必要も寝る必要もないという。作中では一貫して黒い服を着ている。
シーヴァ
声 - 高橋李依
外つ国に捨てられた人間の少女。幼い姿をしている。主に白色の服を着ている。吹き出しでは一貫して平仮名の台詞となっている。
外の者
声 - 後藤ヒロキ
外つ国に住む人外。体中黒く、木の枝のような角が生えている。先生のことを「黒い子」と呼び「よそ者」と疑っていることから、先生とは異なりはじめから外つ国に住んでいたと考えられる。
おばさん
シーヴァが外つ国に捨てられる前に面倒を見ていた人間の老婆。

書誌情報[編集]

  • ながべ『とつくにの少女』マッグガーデン〈BLADE COMICS〉、全11巻
    1. 2016年3月10日発売、ISBN 978-4-8000-0545-8
    2. 2016年9月10日発売、ISBN 978-4-8000-0612-7
    3. 2017年4月10日発売、ISBN 978-4-8000-0671-4
    4. 2017年10月10日発売、ISBN 978-4-8000-0720-9
    5. 2018年4月10日発売、ISBN 978-4-8000-0757-5
    6. 2018年10月10日発売、ISBN 978-4-8000-0801-5
    7. 2019年3月9日発売、ISBN 978-4-8000-0836-7
    8. 2019年9月10日発売、ISBN 978-4-8000-0891-6
    9. 2020年3月10日発売、ISBN 978-4-8000-0946-3
    10. 2020年9月10日発売、ISBN 978-4-8000-1011-7
    11. 2021年4月9日発売、ISBN 978-4-8000-1065-0
  • ながべ『とつくにの少女[dear.] 番外編』マッグガーデン〈BLADE COMICS〉、2022年3月10日発売、ISBN 978-4-8000-1117-6

短編アニメ[編集]

コミックス8巻の初回限定版に付属するDVDに収録される[3]。アニメーション制作はWIT STUDIO。映像ディレクターには久保雄太郎と米谷聡美を迎える。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]