北海道浦河高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
北海道浦河高等学校
校舎
過去の名称 町立浦河実践女学校
町立浦河実科高等女学校
町立浦河高等女学校
北海道庁立浦河高等女学校
北海道立浦河高等女学校
北海道立浦河高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 北海道の旗 北海道
学区 北海道日高
設立年月日 1932年
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 単位制
設置学科 総合学科
学期 2学期制
高校コード 01314F
所在地 057-0006
北海道浦河郡浦河町東町かしわ1丁目5-1
北緯42度9分33.2秒東経142度47分26.0秒
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

北海道浦河高等学校(ほっかいどううらかわこうとうがっこう、Hokkaido Urakawa High School)は、北海道浦河郡浦河町にある公立(道立)の高等学校である。全日制総合学科。

沿革[編集]

  • 1932年(昭和 7年) - 町立浦河実践女学校として開校
  • 1936年(昭和11年) - 町立浦河実科高等女学校となる
  • 1941年(昭和16年) - 町立浦河高等女学校と改称
  • 1944年(昭和19年) - 北海道庁立に移管、北海道庁立浦河高等女学校と改称
  • 1945年(昭和20年) - 空襲により校舎に爆弾が命中、損壊
  • 1946年(昭和21年) - 父母と教師の会(PTA)結成
  • 1946年(昭和21年) - 北海道立浦河高等女学校と改称
  • 1948年(昭和23年) - 北海道立浦河高等学校と改称、男女共学となる
  • 1948年(昭和23年) - 生徒会発足
  • 1949年(昭和24年) - 定時制課程併設
  • 1949年(昭和24年) - 三石町・様似町・幌泉町に分校を設置
  • 1949年(昭和24年) - 定時制・水産科設置
  • 1950年(昭和25年) - 北海道浦河高等学校と改称 水産科1学級設置
  • 1950年(昭和25年) - 生徒寄宿舎完成
  • 1951年(昭和26年) - 校歌制定
  • 1952年(昭和27年) - 十勝沖地震により校舎崩壊
  • 1952年(昭和27年) - 校章制定
  • 1952年(昭和27年) - 水産科漁業実習船「あぽい丸」(初代)竣工
  • 1952年(昭和27年) - 三石町・様似町・幌泉町の分校がそれぞれ北海道三石高等学校(1976年3月閉校)・北海道様似高等学校・北海道幌泉高等学校(現在のえりも高)として独立
  • 1954年(昭和29年) - 新校舎落成
  • 1956年(昭和31年) - 創立20周年記念式典挙行
  • 1959年(昭和34年) - 水産科廃止 漁業課程新設
  • 1960年(昭和35年) - 新実習船「あぽい丸」(二代目)竣工
  • 1965年(昭和40年) - 工業科(電気科、機械科)併置
  • 1966年(昭和41年) - 創立30周年記念式典挙行
  • 1968年(昭和43年) - 定時制20周年記念式典挙行
  • 1969年(昭和44年) - 漁業科閉科
  • 1977年(昭和52年) - プール開き
  • 1982年(昭和57年) - 浦河沖地震により校舎損傷
  • 1983年(昭和58年) - 校舎改築落成・創立50周年記念式典挙行
  • 1987年(昭和62年) - 定時制課程閉科
  • 1992年(平成 4年) - 学校週5日制実施
  • 1992年(平成 4年) - 創立60周年記念式典挙行
  • 1993年(平成 5年) - 工業科閉科
  • 1996年(平成 8年) - 新制服導入
  • 1997年(平成 9年) - 習熟度別授業開始
  • 2002年(平成14年) - 二学期制実施
  • 2003年(平成15年) - 校舎改修落成・創立70周年記念式典挙行
  • 2005年(平成17年) - 新体育館・柔剣道場完成
  • 2012年(平成24年) - 北海道様似高等学校と再編統合、総合学科併置、新制服導入
  • 2013年(平成25年) - エレベーター完成
  • 2013年(平成25年) - 創立80周年記念式典挙行
  • 2014年(平成26年) - 普通科閉科

出身者[編集]

部活動[編集]

外局[編集]

  • 吹奏楽局 (全道大会進出 H25 H26 H27 H29)
  • 放送局 (全道大会進出 H25 H26 H27 H28 H29)
  • 図書局

運動系[編集]

  • 野球部 (全道大会進出 H26)
  • サッカー部 (全道大会進出 H27)
  • 陸上競技部 (全国大会進出 H26 H29  全道大会進出 H25 H26 H27 H28 H29)
  • ソフトテニス部 (全道大会進出 H26 H27 H28 H29)
  • 硬式テニス部 (全道大会進出 H26 H27 H29)
  • 男子バレーボール部 (全道大会進出 H25 H26 H27 H29)
  • 女子バレーボール部 (全道大会進出 H27 H28)
  • 男子バスケットボール部 (全道大会進出 H26 H28 H29)
  • 女子バスケットボール部
  • バドミントン部 (全道大会進出 H25 H26 H27 H28 H29)
  • 卓球部 (全道大会進出 H25 H26 H27 H29)
  • 馬術部 (全国大会進出 H25 H26 H27 H28 H29 ※H27は個人全国優勝)
  • 弓道部 (全道大会進出 H26 H27 H28 H29)
  • 柔道同好会 (全道大会進出 H25 H26 H27 H28 H29)

文化系[編集]

  • 茶道部
  • 書道部 (全道大会進出 H25 H26 H27 H28 H29)
  • 合唱部 (全道大会進出 H25 H27)
  • 美術部 (全道大会進出 H26 H27 H28 H29)
  • 写真部 (全国大会進出 H28  全道大会進出 H27 H28 H29)
  • 簿記同好会 (全道大会進出 H26 H27 H28 H29)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]